書籍制作、これほど全力でやってるのに全然ゴールが見えません、恐怖を感じる(祈)†

考え得る限りのパワーを出し切って作業しているのに全然作業が進みません、現在133ページ。僕は物質界に恐れるものはありませんが、この「書籍制作」には恐怖を感じます。これまでの僕の人生で最大の作業負荷は間違いなく「画家時代の作品群」です、あの絵1枚描き上げるのに2週間以上を費やしていました。が、現在の書籍制作は間違いなく画家時代以上の作業負荷で、つまり「人生最大」という事になると思います。

恐ろしいほどに時間とパワーをもっていかれます、どうりでAffinityPublisherをあそこまで拒絶した訳だ。霊団の策略に完全にハメられてしまった事は悔しいですが僕にも事情があり作業を止める訳にはいきません。守れる守れないはともかくとして「〆切」を設定しましょうこうなったら。

書籍のデータ本体は4月25日までにUPさせる。そこから今度は販売に向けた雑務があれこれ発生するはずですのでそれを29日までに終わらせてGW前に販売開始にもっていく。間違いなくこの日程はずれ込むでしょうがそういうつもりで作業をしてみます。ダラダラ時間ばかり経過するのだけは絶対に避けねばなりません。書籍制作は恐ろしい、トレイルムービーを作っていた頃がまるで子供の夢のように感じる(祈)†

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)