今日も霊団がインスピレーションを降らせてきません、いよいよ危機感が募ってきました(祈)†

さぁ霊団への反逆をほぼ完全に心に決めてありとあらゆる方向性から調べまくっています、今日もずっと調べ物をしていましたが、実は全然反逆できていません。もう完全に霊団の策略にハメられた後で「今さら何をやっても手遅れ」という事が相当に分かりました。全く身動きがとれません。ワナにハマって深い落とし穴に落ちてしまってから狭く暗い穴の中でジタバタしている状態です。今さらジタバタしても遅いという事です。

ひとりの人間の人生をよくもここまで破壊したもんだよ、よくのうのうとしてられるもんだよと、霊団に対する怒りがとめどなく湧き上がってきますが、とにかくずっと可能性を模索し続けていますが完全に閉じ込められている状態です。恐ろしいほどに何もできません。

実は「画家作品を再び描き始めようか」という選択肢さえ僕の中で浮上したのですが、その時の霊団の反応はすさまじいものがありました。昨日「霊団が脅してきた」と書きましたが、それです。皆さまお考え頂きたいのですが、これは「僕の人生」です。僕が決めるものです。

しかし霊団が「霊聴を剥奪する」とまで言って脅してきました。これは人権蹂躙ですよね。2012年6月に霊性発現を果たして以降の僕の人生は、完全に別の人格に書き換えられてしまっているという事をご理解頂きたいですが、どうお話しても分かっては頂けないかも知れません。やるべき仕事があるのは理解していて、それを全力で遂行する気持ちには揺らぎがないのですが「ある1点」だけはどうしても改善しなければならなくて、そこを徹底的に調べまくっているのですが、霊団にすっかりハメられたその「ワナ」の穴の深さが想像以上で、全くどうする事もできません。

現状できる新たなアクションは書籍制作だけのようです。PHPのお勉強も本当にやりたいのですが全く時間がありません。もうどうしようもない状態ですので3冊目の準備をやります。「反逆本」とも書きましたが、これは本当に書くかも知れません。AffinityPhotoの本も書くかも知れません。もう本を書くより他にどうしようもない状態です、ヒドイ、ヒドすぎる(祈)†

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)