■アナログ絵326「タワー展望ブリッジ」のストーリーUP。キツイ絵のオンパレードでした(祈)†

326-1
宇宙船クレスには「ふたつのブリッジ」が存在します。
通常、ブリッジと言えば、艦長の守護霊様が指揮を執る、船の運行全般を司る「シップのブリッジ」の事を指しますが、
もうひとつ、クレスで生活する人たちの生活全般の管理を仕事とした「タワーの展望ブリッジ」というものが存在します。
展望ブリッジ全景
今日は、ももちゃん、シルキーが展望ブリッジの見学にやってきました。これも霊的お勉強の一環です。

326-2
シルキー「何コレ、タワー内の状況が全部1発で分かるようになってる」
ももちゃん「人数がスゴイ、ホント、クレスって大きな船だよね」
トライブ崎柿崎「たとえば今、この小学校で催し物のための新たなコンサートホールを思念で作っているところよ」
シルキー「こ、こんな大きいのを作ってるんですか?」
ももちゃん「でも何か、うまくいってないみたい」
トライブ崎柿崎「小学校の子供たちが思念でモノを作るお勉強をしてるけど、子供たちだけではうまく作れないのよ」
トライブ崎柿崎「そういう時に、ホラ」

326-3
ももちゃん、シルキー「あっ!フラーが来た!」
フラー12「……」
建物を補強
喜ぶ子供たち
シルキー「フラーってこんな事にも使われてるの?」
ももちゃん「あれ?なんか子供たちと同じくらいフラーも喜んでるよ♪」

326-4
トライブ崎柿崎「何しろクレスは大きな船だから、いろんな事態が発生するわ。展望ブリッジはその生活全体を見て回りながら困っている人たちをドンドン助けるのが仕事なのよ」
シルキー「住んでる人数が多いから大変そう…」
ももちゃん「でもおもしろそうな仕事ね♪」

はい、バーバネル氏を登場させる6ページストーリーを描くのがどうしてもイヤで急きょ「タワー展望ブリッジ」のストーリーを描きました。イヤー引きの絵が多くて描くのが辛かったです。そして描いた僕もビックリ「トライブ崎柿崎」がサブキャラからレギュラーに昇格しました。このキャラは幽体離脱時に霊団が見せてきた女性を描いたキャラです。説明はコチラ↓

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

■2018年9月26日UP■
■アナログ絵241UP「トライブ崎柿崎」という良く分からないおめでたい感じの女性キャラと「キム〇ク氏」です。詳細説明はのちほど(祈)†
wp.me/pa9cvW-V8

 

そして一応「クレス」について解説した過去ブログのURLも記載しておきます。ここで説明した内容は現在は少し変更になっている部分があるかも知れませんが大筋こんな感じです↓

■2018年6月23日UP■
■アナログ絵230UP。画家時代27作に登場させた宇宙船「クレス」についての設定資料も書き残しておきましょう(祈)†
宜しくない目的のためにフラーは使えないという事です。霊界は霊格による厳格な上下関係の世界です。クレスの世界観もその霊的知識を参考にしています。この辺も今後アナログ絵で描く事になるかも知れません。ちなみにひとつだけ、タワーの最上階には「カフェブラン」があります笑。特別な人と特別な時に利用したくなる、とても雰囲気のいいカフェです…続きを読む→

そして今回の展望ブリッジのストーリーでひとつ霊的解説を追加する必要があると思います。皆さまはこのストーリーをご覧になって単純に↓

「え?これってつまりタワーに住んでいる人間は自分の生活の様子を展望ブリッジの人間に全部見られながら生活するって事?それヤダなぁ」

って思いませんでしたか。当然そうなると思うのですが、ここで霊関連書籍「ベールの彼方の生活」の中で(確か1巻だったと思うのですが)「思念フィルタリングの塔」みたいな感じのストーリーが紹介されていまして、それによると物質界で生活する全ての人間の思念が一旦その塔に集められ、そこでフィルタにかけられて、低俗な思念は上層界に届けられずブロックされ、高尚な思念は上層界に届けられる、という事なのだそうです。

細かい説明はハショリますが要するに全宇宙の中でほぼ最低ランクの生活の場である物質界とは比べ物にならない完ぺきな統制が行き渡っている霊界のストーリーとして描いていますので、こんな感じに考えて頂ければいいと思うのです↓

知らせたい人に知らせたい情報が届き(霊格が同程度の者同士)知らせたくない人(自分より霊格が低い者)には自分の情報が届かないようになっている

こんな感じ。クレスに霊格の低い人間はひとりも乗艦していませんが、とはいえ霊的にしっかりと配慮されていて、展望ブリッジの人間に自分の生活が丸見えでイヤだとか、そういう事ではないんですよという事を軽く説明してみました。

このストーリーには僕なりに込めた思いがいくつかあるのですがひとつだけ、物質界に残されて長い年月にわたり最低最悪の生活をやらされている事へのアンチテーゼをこのストーリーに込めたつもりです。(※親切心を侮辱され心ない言葉を浴びせられる物質界とは違って霊界上層界では親切な人同士睦み合って生活できる、という意味)

何しろ僕は使命遂行で散々ヒドイ目に遭わされてここまで生きてきましたので、本当に物質界が心の底から大キライで一刻も早く離れたくて、こういうアンチなストーリーを描いてしまうという事なんですね。

さぁまだまだ描くべきストーリーが脳内でひしめき合っていますので時間とパワーの許す限りガンガン描いていきたいのですが、霊団が降らせるインスピレーションを長文テキストに落とし込む作業がプライオリティ最上位となりますので、そこはパワーのかけどころを間違わないようにしなければなりません(祈)†

■2019年7月25日UP■
■アナログ絵270「フラー12カラーリング」苦難のUPです。フラーのデザインは過酷さを増していきます(祈)†
本当に今回のキャラ「ヘビちゃん」はフラー11のプティットフラーに負けない作業負荷でした。フラー12本体右足のヒザとスネにヘビちゃんを固定するジョイントがあり、ヘビちゃん本体に開いている穴にパチッとはめて巻きつかせるようになっています。一応この航行モード時のヘビちゃん巻きつきギミックも実際のキットで表現可能なようにデザインしているつもりです…続きを読む→
■2021年8月23日UP■
■アナログ絵325「フラー20カラーリング」UP。スカートフラーの今後のバリエーションどーなるでしょーね(祈)†
さぁカラーリングまで終えて「フラー20到達」という大目標を完了させられた事は(霊団にとっては何も思う事はないでしょうが)デザインの人間である僕にとっては大変意味のある出来事でした。これまでの「汎用モード時に背中でお花ちゃんが咲いているフラー」が「男の子フラー」で、「汎用モード時にお花ちゃんがスカートになっているフラー」が「女の子フラー」みたいなポジションになる、かも知れませんが今後のバリエーションはまだ未知数です。フラー21、22、23とキャラありスカートフラーをジャンジャン描いていきたいですがフラーの新規デザインは志(こころざし)半ばで終わってしまいそうな空気感MAXです。で、実はつい先ほど「ヒドイ人権蹂躙」と言える出来事に遭遇させられました…続きを読む→
■2021年8月9日UP■
■アナログ絵324「フラー20設定資料」渾身の新規ギミック「スカートフラー」と言います(祈)†
航行モード時の形状を「よりお花ちゃんらしく」変更し「外花びら」と「内花びら」の2重形状になっています(内花びらが格納した腕)そしてコクピットブロック(胴体)がこれまでと違って広い構造になっていて搭乗者2名が両手両足を思いきり伸ばしても立ち上がっても全然余裕の広さにしました。そしてさらに「ハンドライトソード」の形状も変更しました。フラーの世界観は「戦争などという愚劣なものが存在しない霊界上層界」ですのでフラーには武装はありません。なのにソードを装備しているのはおかしいと以前から思っていましたので、思い切ってソードらしからぬデザインにしました…続きを読む→
■2021年7月18日UP■
■アナログ絵323「フラー19カラーリング」UP。問題噴出の嵐、が収穫も多数ありました(祈)†
なぜ「速く描く速く描く」と騒いでいるのか。もちろん全ては「イエス様ハンドリング」霊的使命遂行をガンガン推し進めるためです。怒涛の連続顕現によってイエス様と交わした男と男の鉄の約束を死んでも果たし切るためです。絵を速く描き終える事ができれば、その捻出できた時間でさらに追加でブログを書く事もできますし、その他の使命遂行の作業に時間とパワーを回す事ができるようになります。つまり「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を1分1秒でも早く死刑、滅亡に追い込み、奴隷の女の子たちを救出完了させるための情報拡散に、より多くの時間とパワーを回す事ができるようになる、だから絵を描くスピードを上げる上げると言い続けているのです。明確な目標があって言っているという事です…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)