「コイツらだけは絶対許さない」強姦殺人魔、天皇一族に対する皆さまの思念です(祈)†

マイスターバックスタンブラー & インスピレーション「コイツらだけは絶対許さない」

マイスターバックスタンブラー & インスピレーション「コイツらだけは絶対許さない」

マイスターバックスタンブラー & インスピレーション「コイツらだけは絶対許さない」

「脅迫」を絶対に許してはなりません(祈)†※(黒三角)またはテキストをクリックすると折りたたまれた説明が展開します。
※僕はセブンイレブン時代(2015年5~6月頃)「3千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ、大量強姦殺人魔、秋篠宮文仁」の部下の人間(宮内庁職員と思われますが)に店内で「コロス」と脅されました。それを受けてポリーチェ(POLICE)に「脅迫罪」の刑事事件の訴えを起こしましたが、その僕の訴えは「反故(ほご)」にされ、未だに僕の訴えは無視され続けています。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁およびポリーチェ(POLICE)は完全にすっとぼけ続けるつもりという事です。そのすっとぼける行いそのものが、僕のブログの真実性を証明している事になるのです(祈)†
近々で「ある脅迫」を受けました。霊団は相当に快く思っていない様子ですが、僕的に何をどう頭をひっくり返しても許せないものがありましたので、この脅迫の一件について、そして長い年月にわたってどれだけヒドイ扱いを受けているかについてしっかりブログに書き残しました。参考資料としてはこのようなものがあります。
パワハラ防止法
脅迫パワハラ詳細解説■2021年11月3日UP■
「脅迫パワハラ詳細解説」この件についてしっかり書き残すべきと判断しました(祈)†
僕を含めた数人のレギュラーメンバーは全く人員のサポートがない最少人数の状況で大変な重労働を日々やらされています「この人数でこの仕事量はどう考えてもおかしい」と誰でも思うヒドイ状況で、そんな状況ですから人も寄り付きません、ますますレギュラーメンバーの苦悩は加速度的に増す事になります。そしていよいよ「脅し」が表面化してきます。その職場でもっとも役職が高い人間が、あたりかまわず従業員を脅すようになっていきました。仕事中に遠くからその役職の一番高い人間の金切り声が聞こえてきます。新入社員をどう喝しているのです…続きを読む→
「脅迫パワハラ詳細解説」今日このブログが真実である事が証明されました(祈)†■2021年11月5日UP■
「脅迫パワハラ詳細解説」今日このブログが真実である事が証明されました(祈)†
シルバーバーチ霊の言い回しをマネさせて頂くならば「正しい行い」と「脅迫、イヤガラセ」とは1本の棒の両端であり、一方があれば必ずもう一方がやってくる、正しい行いをすれば必ず脅迫、イヤガラセがやってくる、いわば「ワンセット」という事です。これは完全に「パターン化」されており、2012年以降の僕の人生経験で言うならば「正しい行い」をした後に「脅迫、イヤガラセ」を受ける確率は100%です。僕は明けても暮れてもこういうイヤな思いをさせられてここまで生きて来ましたので絶対的自信をもって断言できます…続きを読む→

さぁインスピレーションを2週間分ため込んでしまうというやってはいけない事をやってしまった訳ですが(ちゃんと意味があるのです、何をどうやってもインスピレーションの意味の説明ができなかったんですよ、コチラのブログでグチってますけども↓)

大目に見てやるんですよ神庁■2021年11月3日UP■
「大目に見てやるんですよ神庁」このインスピレーションの意味を説明したくありません(祈)†
「総殺害数487」信じられない人数の幼い奴隷の女の子を「処刑遊び」と称してケタケタ笑いながら四肢切断、強姦殺人して死肉を食べて遊んでいる「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の事を「大目に見てやるんですよ神庁」とは一体、どこをどう頭をひっくり返したらこういう言葉が出てくるのかと、そう思いませんか皆さま…続きを読む→

2週連続で「インスピレーションすっ飛ばし」をやる訳にはいきませんので(※イヤ毎週相当量のインスピレーションを削除している時点で十分すっ飛ばしているとも言えるのですが…)今週は何とか踏ん張ってテキストを撃っていきます。ただしインスピレーション削除量は尋常ではないボリュームになっています。そうでもしなければとても撃ち切れませんのでどうかご容赦下さい。では2週間分のインスピレーションの中の削除せずに残したものをリスト羅列してみますコチラ↓

【目次】10月26日~11月9日に霊団が降らせたインスピレーション(2週間分)(祈)†

マイスターバックスタンブラー関連の作業が発生した関係で作業が遅れ気味ですが何とか撃っていきましょう、早速インスピレーションの個別説明に入ります↓

毎年記念ブログ書きますので

毎年記念ブログ書きますので

このインスピレーションなんですが、ブログという言葉が出てきますので一見すると僕、たきざわ彰人が「毎年記念ブログ書きます」と意味を受け取ってしまいそうになるのですが「イヤそれはどうもおかしい」と感じます。というのも僕は記念ブログどころか1日の休みもなくブログをずっとずっと書き続けているじゃないですか。

この「毎年記念ブログ書きますので」の言い回しはまるで「普段ブログを書かない人が僕に気を使って年1回だけブログを書きますから」と言っているようなニュアンスに聞こえるのです。それともうひとつ霊団が降らせるインスピレーションの意味を解釈する時に大切となる概念があります。それは↓
僕(たきざわ彰人)の思念をわざわざ僕にインスピレーションで降らせる事がそもそも意味のない行為である

という事です。これは当たり前の事ですよね、僕の考えている事は僕がちゃんと分っています(分かっていない深層部分もある事と思いますが今のお話は分かっている表層の部分という事です)その僕の思念をわざわざ重複させて霊団が僕にインスピレーションとして降らせる事自体がムダであり無意味であり霊力のムダ使いです。

ですので霊団が僕に向かって僕の思念として「僕が毎週記念ブログ書きますから」とインスピレーションを降らせてくるのは「やはりおかしい」という事になります。記念も何も、あんたたちに言われるまでもなく僕は毎日書いてるでしょ、何言ってるの、という事になりますので。

そう考えた時、この「毎年記念ブログ書きますので」のインスピレーションは僕、たきざわ彰人を暗殺するにあたってのピーチピチ(佳子)の僕に対する言い訳、ご機嫌取りのような思念ではないかと感じたのです。つまりこうです↓

アキトさん、毎年あなたを褒め称えるブログを書きますから、使命遂行をやめて下さい(殺されて)消えてなくなって下さい(今霊団がピィィィンと波長を降らせてきました、どうやら真実のようです)

ピーチピチ(佳子)

当初はこのインスピレーションに対してそれほど意味を深読みしなかったのですが、よくよく考えるとこういう意味なのではないかという気がすごくしてきました。

要するにとにかくピーチピチ(佳子)が「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を何が何でも守り通そうとしている、奴隷の女の子たちが強姦殺人され続けるのを手伝い続けるつもり、結局真実をひとつも語らずウソ笑いで国民をダマしゴマかしながら最後の最後まですっとぼけ続けて物質界の生活を送るつもり、という意味のような気がすごくしてきました。

で、そうなった時に(絶対そうはさせませんが)ピーチピチ(佳子)が僕を褒め称えるウソブログを毎年発表し続けたとして、それを読む皆さまがそのウソをしっかり見破る事ができるのか、それともそのウソ洗脳「たきざわ彰人絶賛称賛ブログ」にアッサリコロッとやられてしまって「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体および、強姦殺人され続けている奴隷の女の子たちの存在を「視点外し」ですっかり忘れさせられてしまって以前の洗脳状態に戻るという愚行を繰り返すのか、そこが重要なポイントとなります。

皆さまがそのような目の閉じた愚行を犯さないように、僕は暗殺1秒前まで徹底的に皆さまに真実を公言し続けていく覚悟に1ミリたりとも揺らぎはありませんが、僕の決意がいかに固くても「想いというのは得てして他人には伝わらないモノ※」ですので、僕の命がけの「イエス様ハンドリング」霊的使命遂行がすっかり捻じ曲げられてしまって皆さまが真実の理解を妨げられてしまう可能性は、考えたくはありませんが残念ながら濃厚なのでしょう。

※僕は、僕の人生をここまで徹底的に破壊しまくった霊団の事を心の底から激しく憎んでいますが、霊団からしてみれば「キミの未来に良かれと思ってやっている事なのだが、その我々の善意はアキトくんには伝わらないようだ」と言った感じですね。

※これはいつの時代にも共通する「善意に発する行為が必ずしも相手に好意を持って受け入れられるとは限らない、イヤむしろ大いに誤解され曲解される事の方が(こと物質界においては)多い」と言った感じではないでしょうか。

それは僕のこれまでの苦難の使命遂行人生を振り返るとつくづくそう思えるのですが、物質界特有の過酷な環境が霊的視野からの理解をことごとく捻じ曲げ、頭の中、心の中を毎日物的次元(つまり低次元の思念)に引き戻されて霊的真実の理解の障壁となり続ける、という物質界生活者の宿命と言える現象があります。

霊性発現した2012年6月以降の僕の人生はずっとこの「霊的、物的」上へ下へのシーソーゲームの繰り返しだったと言っていいでしょう今もそうです。こう言うと皆さまは「たきざわ彰人は進歩がない」と思われるかも知れません。はい確かにそうですね。

実際、物質界に身を置いて毎日のように自分が全く望んでいないイヤでイヤで仕方ないものに囲まれながら生活していますと、どうしても霊的視野のみ俯瞰の視点で超然として判断する事が不可能となり、低次元の物的価値観が正しい理解のジャマをしてきます。

…えーチョトお待ち下さい。まだ説明しなければならないインスピレーションが鬼のように地獄のように残っていますので、このお話は一旦切りましょう無限ループになってしまいますので。ただシルバーバーチ霊も書籍の中で同じ趣旨のお話をしておられますよね。

物的生活であくせくして霊的実相を忘れがちになってしまうサークルメンバーに霊的なモノこそ最も大切である事を思い出させる事にこの交霊会は役立っている、こんな事を仰っていました。失礼このインスピレーションはここまで、先に進みましょう。

↑目次へ↑

彼らは勘違いしてる

この「彼ら」とは(※複数形ですから僕、たきざわ彰人ではない事は明らかですね)もちろん「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の事で↓

コイツらは自分たちが何か特別に選ばれた存在か何かであると本気で勘違いしており、奴隷の女の子を何百人強姦殺人しようと自分たちは全く罪に問われないと本気で信じ込んでいるキ〇〇イ共だ
こういう感じで間違いないでしょう。ずっとブログで書き続けてきましたが僕たち人間は【神】から「神性の火花」を賜って個的存在を獲得した、神を共通の父とした霊的同胞、霊的兄弟、霊的大家族であり、神の特別の寵愛を受ける人間などひとりたりとも存在せず、僕たち人間は神の御前において絶対的に平等です。

この霊的知識の基本中の基本を理解していないバカヤロウどもが自分の事を天皇だの王だのとほざいて人々をダマしながら「処刑遊び」と称して女の子を強姦殺人し続けて遊んでいるのです。

僕たち地上人はあまりにも長い年月にわたって自分の事を王だの教祖だのと自称する人間たちの洗脳にやられ続けてきてしまいました。そろそろこの類の邪悪な人間に対して「罪に対する罰を正しく浴びせる」事をやらないといけません。強姦殺人魔にこれ以上ダマされ続けるのを「恥」だと思わなければなりません。

アナログ絵287

↑目次へ↑

大目に見てやるんですよ神庁

スターバックス ティバーナ アールグレイ

これが先週ブログを書けなかった大原因となったインスピレーションで、申し訳ありませんがやはり今回もこの詳細説明はしたくありません。どうしてもできません。理由は究極に頭にくるからです。

ただひとつだけ追記させて頂きますが、facebook内で先週UPしたブログに対してコメントを頂いているのですが、まず単純にお読み頂いている事に感謝の念を捧げると共に、そのコメントに対する回答を書かせて頂きます。

その方は「神庁」という言葉をある意味と関連付けて物的情報を提供して下さいました。僕は何しろ物的情報に弱いですので本当に感謝なのですが、霊団が降らせるインスピレーションの「降らせ方」について、もう覚えていない相当昔(初期の頃)のブログで確かこのように書いた事がありました↓

霊団が降らせるインスピレーションは、僕の物的脳髄の中の情報および、僕の前日の思念、行為と関連させた降らせ方をしてくる

これは2012年6月に霊性発現を果たし、霊団の霊力に感応できるようになって以降、終始一貫しており一切ブレる事なく、常にこの法則に基いてインスピレーションは降り続けています。

まず僕の物的脳髄内にfacebookコメント送信者提供情報は一切入っていませんでした。つまり僕はその件について知らなかったという事で、僕が知らない情報を霊団がインスピレーションとして降らせてもそもそも僕にそれを理解する素地がありませんのでインスピレーションの意味が分からないという事になります。ですので霊団は僕が理解できる形にて常にインスピレーションを降らせてきます。

えーつまりfacebookの方の見解は間違っているという事になるのですが、イエイエそういう事ではなく、インスピレーションの解釈の方法が少し違っていたというにすぎません、物的情報提供には感謝致します。

そしてもうひとつ、僕の前日の行為、思念という事ですが、僕は山に向かう車の運転中に「シルバーバーチの霊訓のMP3」を聞き続けていますが、そのMP3の中でシルバーバーチ霊がたびたび「神庁」という言葉を連呼していました。霊団はその僕の前日の行動を受けて「大目に見てやるんですよ神庁★」というインスピレーションを降らせてきたという事になるのです。

つまり先週僕が「ムカつくからこのインスピレーションの意味を説明できない」とブログに書いた、その内容が正解であり、霊団が物的情報を僕に降らせてきたのではなく「神庁としてのご意思」を降らせてきたという事になるのです。そしてその神庁の言葉は、僕には到底受け入れられない内容で、ムカついて書けなかった、今週もやっぱり書けなかった、という事になります。

↑目次へ↑

境涯の問題はいろいろ失敗がある、橋はすっかりなくなる事でしょう、神仏(かみほとけ)もう絶対そういう人物は現れないでしょう

えーっとですねぇ、これは削除してもよかったインスピレーションとなります。スピリチュアリズム(霊的知識)普及と大いに関係のあるインスピレーションでその意味するところは重大であり、削除すべきではないという事でリストには羅列したのですが、このインスピレーションの説明をするとなると相当の長文を撃つ事になりそうですので、今回は説明を控えます時間とパワーが足りませんので。

別の機会でチャンスがあったら詳細説明をしてみましょう、そのチャンスはやってこないものと思われますが、今までもずっとそういう感じですからね。

↑目次へ↑

お手伝い

これは僕の「イエス様ハンドリング」霊的使命遂行に協力したいという願望を抱いて下さっている方がこの物質界に存在するという意味のようで、それはハッキシ言って究極感謝なのですが、例えば現状こういう部分を協力して頂けるとスゴク助かる、という内容としましては↓

まずは大前提として「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体の情報拡散に何としてもご協力願いたい(SNS等を使用)
もうひとつは、僕は「コンテンツの制作」に集中したいのです。ですのでそれ以外の(例えば物的雑務的な事とかWordPressの運営更新の作業とか電子書籍化にまつわる諸々の作業とかの)部分を外注的にやってくれたりすると相当に助かります

と、このように書きましたが現実にはムリでしょう。結局何もかもひとりでやる事になるでしょう。そして霊団はひたすら僕を苦しい状態に閉じ込めようとしてくるはずです。このような協力的思念を抱いて下さる方には最大級の感謝の念を捧げますが、霊団に対しては激しい怒り憎しみの念をもはや隠す事ができません。

↑目次へ↑

出版は甘いモノではないナメてかかると、絶対的謙虚を要請します、絶対損しない、キミには入れないから ※クロッキーにメモしなくて忘れたインスピレーション多数あり

えーコレは僕の支配霊バーバネル氏の思念と思われるのですが、これもスピリチュアリズム関連のインスピレーションであり大変重要な意味が込められているため、しっかり意味を説明する必要があると思うのですが、こちらもいざ説明しようとすると膨大なテキスト量になってしまう事と、もうひとつ僕がバーバネル氏を未だに信用していない等の理由がありまして、このインスピレーションについても説明は後日機会があればその時に改めてさせて頂く事と致します。

バーバネル氏に関するストーリーも描き、バーバネル氏搭乗機としてフラー11ver2.0のデザインまでやっている訳ですから、このバーバネル氏に関するインスピレーションの説明をしないままお蔵入り、という訳にはいかないでしょう。書かねばならないと思いますが、なぜ今回書かないのかの理由はすでに何度も書いています通り「ムカつくから」となります。
■2021年7月7日UP■
「これから起こる事の大変さに比べれば」現在の僕の苦しみなど取るに足らないという意味です(祈)†
実はバーバネル氏が1回だけ僕の肉の口を使って言葉を発した事があるのです。なぜ過去ブログでその事を書いていないのか、それは書きたくなかったからです。なぜならその時、僕は事情があって大泣きしていたのです。2014年1月だったかな。僕はあふれる涙を抑える事ができず号泣していました。その時です。僕の口から、思ってもいない、考えてもいない一言が飛び出したのです。最初はなぜ自分がそんな事を言ったのか理解できませんでしたが「あ!バーバネル氏が僕の肉の口を使って言わせたんだな!誰がそんな事言いたいって言った!チクショー!」と気付いて、それがショックでさらに号泣した、という事が1度だけあったのです。つまりバーバネル氏はたった1回ではあるものの僕の肉の口を使って日本語を発声する練習はしているという事になるのです…続きを読む→

↑目次へ↑

〇ン〇から車買うのホント気を付けた方がいい

このインスピレーションを霊団が降らせてきた事には正直ビックリしていますが(削除しても差し支えなかったインスピレーションとなります)これも僕の脳内の「ある感情」に対して霊団が降らせてきた内容となります。

皆さまご存じの事と思いますが「地球ワースト1」この物質界で最も邪悪な男、身体全部がウソでできている明仁 Akihito がずっと「カッコ・インテグラ(車)」に乗っていたじゃないですか。

カッコ・インテグラ

僕は明仁 Akihito がカッコ・インテグラに乗り続けていた理由は「コンプレックス」だと思っているのですが、霊団がこのインスピレーションを降らせてきたという事は、僕の考えが正解という意味もあるのかも知れません。んーまぁどのみちこのインスピレーションは詳細説明できません、状況が進展したら説明できると思うのですが。

↑目次へ↑

10万、金配れ

これは以前も確か同じ内容のブログを書いたような記憶があるのですが(ちょっと検索かけたのですが見つけられませんでした、アリ?)意味はもちろん皆さまお分かりの通り「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が、国民の皆さまに金をバラ撒いてご機嫌を取って自身の邪悪の正体を忘れさせようとしているという意味になります。

この「10万、金配れ」は本当に明仁、文仁、徳仁、悠仁が実行してくる可能性があると思います。これまでの日本の歴史でこの手のバラマキは何度となく繰り返されてきましたからね。

僕、たきざわ彰人から皆さまに強く強く警告を投げさせて頂く事としましては「国から全国民に無条件で10万円支給」とかニュースが流れたら、大抵の方々は喜んでしまうのでしょう。しかし僕はずっとブログで↓

行動には動機がある

行動には動機がある

と公言し続けていますよね。金をバラまく事に単純にはしゃぐのではなく「なぜ金をバラまくのか、その真の動機」に想像力を働かせて頂きたいのです。隠し通したい事、ダマしゴマかし通したい事があるからバラまく、国民のご機嫌取り、視点外し、洗脳等々の理由による金のバラマキだという事をしっかりと理解し「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の真実をアッサリ許したり忘れたりする事の決してないようにして頂きたいと思います。

※あえてこういう風に書かせて頂きますよ「金バラまいとけばダマし通せるバ〇国民なんだからドンドンバラまけ、何が何でもゴマかし通せ」僕たちはそういう風に思われているのだという事に気づきましょう。

そのバラまいた10万はそもそも僕たちから盗んだお金です。盗んだうちのホンのちょっとを返しただけの事です、それを喜ぶ事がいかに愚かであるかをよく考えましょう。

↑目次へ↑

佳子ちゃんあきらめるな香世子さん

これはブログで何度となく書いています、アナログ絵にもたびたび登場させています僕の小学校時代のお友達「香世子さん(既に帰幽)」からピーチピチ(佳子)に向けられた「励まし、背中押し」のメッセージという事になります。

まず霊界の香世子さんに「ありがとおぉぉぉぉ♪」と感謝の念を送ると共に、ぜひ香世子さんの祈りがピーチピチ(佳子)の心に届いて、奴隷の女の子たちを救出完了させるための具体的アクションを起こさせる起爆剤となって欲しいと願わずにはいられません。
■2019年11月20日UP■
「ボスと最後の闘い」僕が最終決戦地に突入する幽体離脱時の映像…この通りになってもらわねば困ります(祈)†
世話役の女性として「香世子さん」がいて、女装した僕は小声で「香世子さん、僕ですよ僕」と話しかけるのですが香世子さんは怪訝(けげん)な表情で見つめ返してきて僕の女装に気付いていない様子でした。(気付かない訳はありませんよ、香世子さんは霊団の依頼を受けて出演しているのですから、僕の女装が高度だったという事を演技しているのですよ…続きを読む→

↑目次へ↑

倒れちゃったんだよ

これは「3千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ、大量強姦殺人魔、秋篠宮文仁」が病気のフリをして国民の同情を誘う作戦に出るという意味かも知れません。

■2020年5月14日UP■
「ムズカシイですね病気、国民の同情を引こうとしてる」徳仁が雅子の作戦をマネしようとしているようです(祈)†
「宇宙一のバカ」「強姦殺人魔」「おっぱいを食べる」「スカポンタン」恐ろしいまでのレベルで頭がカラッポの徳仁の妻「雅子」ですが、この雅子はもう何十年になりますか、ず~っと!ず~っと!ずうぅぅぅぅぅぅ~っと!「あたしは病気、あたしは病気」と言い続けていますよね。これが「国民の同情を引く作戦」である事は…続きを読む→

↑上記のブログでも雅子がずっと「あたしは病気、あたしは病気」と言い続けて国民の同情を引き続けている事を書いていますが、それを文仁、さらには徳仁、悠仁あたりもマネしようと画策しているという事かも知れません。

皆さま基本中の基本、単純の中の単純の事に目を向けて下さい。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁、コイツらは泣いておびえて助けを求める幼い奴隷の女の子を笑いながら四肢切断、強姦殺人しまくって遊んでいる人類史上最悪のバカです。

その大量強姦殺人魔どもが「私は病気になって入院しました」と言ってきたとして、それが一体何だというのですか。霊団いわく「総殺害数487」信じられない人数の奴隷の女の子を「処刑遊び」で強姦殺人しまくっているキ〇〇イ野郎どもが入院したからと言って、女の子を殺しまくってきた大罪に1ミリも変化はありません。

僕はずっと書き続けていますよね「視点外し」と。皆さまは一体いつになったらメディアから流れてくる視点外しのウソニュースから離れて真実を見つめられるようになりますか。いつになったら明仁、文仁、徳仁、悠仁の事を大量強姦殺人魔であると理解できますか。

文仁入院というニュースがもし流れてきたとして、それを見た皆さまは「あぁコイツ完全に国民をコケにしてやがるんだな、これで俺たちをダマせると本気で思ってやがるんだな、そろそろ鉄槌を喰らわせてやらないといけないな」そういう風に怒りの感情を覚えるようでなければなりません。

↑目次へ↑

スターバックス、光栄

このインスピレーションはウソだと思っていますが、僕の「マイスターバックスタンブラー作戦」をスターバックスが光栄と思って下さるという意味で、それは絶対に有り得ないでしょう「霊団テケトーな事言うのもいい加減にしろ」という感じです。

光栄どころかこの「マイスターバックスタンブラー作戦」は霊団に言われて始めたものではなく僕の物的脳髄からひねり出したアイデアのため、今後続けていくうちに宜しくない展開になる可能性が大いにあると見ていまして、霊団が言うような状況には絶対ならないと思っています。

ただWordPressのアクセスを向上させて「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体を徹底拡散させるためのSEO施策は続けていくつもりです。マイスターバックスタンブラー作戦は途中でやめざるを得なくさせられる可能性が十分あると見ていますが、とにかくアクセス数に明らかな上昇が見られるところまでやってみるつもりです。

マイスターバックスタンブラー テスト台紙挿入

↑目次へ↑

コイツらだけは絶対許さない

今回のブログのタイトルに冠しましたインスピレーション。説明後述。

守護霊様ピィィィンタンブラー

これはマイスターバックスタンブラーの台紙で守護霊様の絵を使う事を考えていた時に霊団がいつものピィィィンという高い波長を降らせてきたもので、波長は肯定の意味ですから要するに「守護霊様のタンブラー作れ」という意味となります。

んー霊団がわざわざ波長で強調してくるくらいですから、まさか守護霊様の絵に需要があるという事なのでしょうか。ちょっと信じられませんが。まぁ波長はともかくタンブラー台紙展開は続けていくつもりですから遅かれ早かれ守護霊様の絵を使用した台紙は登場する事になるでしょう。

※この波長には別の意味が込められていると僕は感じているのですがその説明ができないのです申し訳ありません。ただひとつだけ「霊団のムカつくゴマかし作戦」とでも言っておきましょう。

■2019年12月14日UP■
■アナログ絵289UP。僕がどうしても描かずにいられない、僕が永遠の恭順を誓う「守護霊様」です(祈)†
僕はマンガ家ですのでキャラを描く時は「デフォルメ」をして描きます。特徴を誇張して描くという事ですね。僕が幽体離脱時に2度にわたり面会を果たさせて頂いた守護霊様のお姿はとても背の低いお姿でした。僕はアナログ絵08から始まってずっとその背の低い守護霊様を描き続けている訳ですが…続きを読む→

↑目次へ↑

神の敵なのです

これは今回のブログのタイトルに冠しても良かった重大な意味が込められたインスピレーションとなります。本当なら深掘りして長文で説明すべき内容なのですが、とにかく時間がありませんので簡単に説明しますと↓

既得権を死守しようとしている奴らが「神の敵」である

と霊団が言ってきているという事になります。シルバーバーチ霊が口を酸っぱくして何度も何度もこのように仰っていますよね↓

「神は全ての子供たち(つまり僕たち地上人)に必要な資源が均等かつ十分に与えられるよう配剤して下さっているのですが、既得権を死守しようとする者たちがその均等な分配を妨げ、ある者は生きるための最低限の物品さえ満足に得られず苦しい生活を余儀なくされ、逆にそういう人間たちを虐げ続けている既得権の者たちは資源を使い放題捨て放題の生活をしている、神はその不公平をお許しにはならない」

という事で、これは大変重大な意味が込められたインスピレーションですので僕の物的脳髄で適当な事が書けません。今回のブログは「次回持ち越し」が多くて申し訳ありませんが、このインスピレーションも機会を改めて十分な説明ができたらと思います。このインスピレーションはちゃんと説明すべきだと思いますので。

↑目次へ↑

イチロー生き残り決定

これは幽体離脱時映像で、皆さまご存じイチロー選手が「生き残る事が決定した」という映像だったのですが、これは「僕が暗殺を回避して生き続ける事が決定した」という意味であり、一見すると良い意味に受け取れそうなのですが、その「生き残り方」が大問題なのです。

時間がありませんので簡潔に説明しますと、使命遂行が全然進展しないでただ物質界に残され続けて苦しみだけが僕の身に降り続けて苦悶の人生だけを続けさせられる、という意味で霊団が降らせてきたインスピレーションのように思えてならないからです。(ちゃんと伏線があるのですが説明し切れません)

そこで問題なのが「僕の人生をここまで完璧に破壊しておいて一切責任を取ろうとしない霊団の無責任ぶり」という事になります。これこそ僕の霊団に対する怒り憎しみの源泉であり、この霊団のふざけた態度だけは死んでも許さない、という事になります。んーもっと説明したいのですが今回のブログは何しろ2週間分ですので全く説明し切れません困りました。

↑目次へ↑

キリスト教大大大Dai失敗、キリスト教の呪い、背信の呪いなどない

これも重大な意味が込められたインスピレーションであり、しっかり説明しなければならないのですがとにかく時間がありませんので簡潔に説明してみますと、要するに霊界側が↓

キリスト教は地球圏霊界最大の失敗だった、この失敗を2度と繰り返してはならない

こういう意味で間違いないでしょう。ちなみに「背信の呪いなどない」これは霊団から僕に向けられた「アキトくんは我々を大いに憎んでいるようだが、それによってキミの未来に宜しくない影響が出る事はないから安心していい」という意味かも知れません。イヤもっとシンプルにキリスト者に向かって降らせているのかな。どのみち説明し切れません。

↑目次へ↑

だいぶまともな存在

これは僕、たきざわ彰人のWordPressブログをご覧頂いている方の僕という人間に対する所感と思われます。何しろ僕は霊性発現以降、果てしなく軽蔑、嘲笑、誤解、嫉妬、侮蔑、罵倒を浴びせられながら人生を送ってきましたので、そういう風に思って頂けると有り難いです。

しかしあえて言わせて頂くならば、僕を「だいぶまともな存在」と思うのは別に当たり前の事であり、霊的な事を語るとたちまち変人扱いされてしまうその無知の方が大問題であり、ましてや「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の事を善人だと信じ込まされ洗脳に完全にやられてしまっている大多数の方々は、僕のブログを見た瞬間に「コイツは頭がおかしい」となってしまいますので、その洗脳を撃ち破る事が何よりも大切となります。

僕は別に「大量強姦殺人魔を死刑にする」という、人間として当たり前の事を言っているだけです。その当たり前の意見が軽蔑をもって迎えられる物質界の方がおかしいのです。とにかく皆さまには目を覚まして頂かねばなりません。

アナログ絵72

↑目次へ↑

6

アナログ絵06

これはアナログ絵06の事で「アキトくん霊関連書籍をさらに読んでお勉強しなさい」という霊団のご意志という意味かも知れません。それは霊団を激しく憎んでいる僕にしては珍しく了解であり全くその通りにするつもりですが(さらに霊関連書籍を追加購入する予定)これは僕ではなくご覧の皆さまにも霊関連書籍をお読み頂きたいという霊団の願望が込められたインスピレーションかも知れません。

↑目次へ↑

心配しなくていい、許してくれればそれでいいのだ

「心配しなくていい」これが霊団の「責任回避すっとぼけ発言」で、僕の人生をここまで徹底的に破壊しておいて「帰幽後に埋め合わせがあるから心配しなくていい」と言っている訳ですが、つまりそれは逆説的に「物質界生活中はトコトン最悪をやらされる」という意味で、これこそ僕が霊団を心の底から激しく憎む根本原因となります。

そして「許してくれればそれでいいのだ」これが極めつけで、つまり僕の人生をはじめからぶち壊すつもりだったという意味となり、僕の怒りの炎はさらに燃え上がり「許す訳ネィだろ寝ぼけてんじゃネィ」となる訳です。

このインスピレーションからさらに読み取れる事は「霊団は僕の人生を意図的に完ぺきに破壊しまくった、そしてその破壊した人生を立て直すつもりが毛頭ない」という事です。コイツら死んでも許さん、帰幽後の僕の全人生をかけて何が何でもこの蛮行の責任を取らせてやるぞ、何が何でもやってやるぞと新たに心に誓うのでした。とにかく絶対許さん、責任取れこの無能霊団。

無能霊団、恥を知れ

↑目次へ↑

暗黒に絶対的公正はない

これは固定ページ「ベールの彼方の生活」3巻8章【暗黒界の探訪】↓

コチラをぜひご覧頂きたいと思います。このインスピレーションで霊団が言いたい事は「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が落ちる暗黒界には公正は存在しない、神の子(物質界の僕たち)を搾取し続け苦しめ続けたその大罪に等しいだけの地獄が存分にお前たちに降りかかる、神の理法に照らし合わせて天秤が平衡に戻るまでは想像を絶する長い年月にわたって苦悶を味わわされる事になる、これは機械的自動的にそうなる。誰も神の因果律の働きに干渉はできない。

だいたいこのような意味ではないかと思われます、ってか当然のお話と言っていいでしょう。苦しむ人を助け、存分に物質界の試練を味わって魂が精錬され霊格が高まった者と、自己の修練を一切行わず他人を搾取し続けて邪悪と怠惰の人生を送った人間とが「神の因果律」の前で公平に扱われるなどという事がある訳がないからです。

頑張った者には褒章が、他人を苦しめた者には下層界での反省が与えられるのです。霊的知識をお勉強して「神の概念」がある程度分かってくると「実はすごくシンプル」であるという事がだんだん分かってきます。

ウソやゴマカシや言い訳で神の因果律を都合よくすり抜けて褒章だけせしめようといったインチキが全くないという事。完全完璧な公正、公平が全宇宙に行き渡っている事が分かります。

※シルバーバーチの霊訓5巻11章「青年牧師との論争」の内容が思い返されます。キリスト者は神を自分たちの都合の良い方向に捻じ曲げよう捻じ曲げようとしてひたすら理屈をこねくり回します。それをシルバーバーチ霊が怒りと共に正していく(シルバーバーチ霊は怒ってないよと仰る事でしょうが)この部分がまさに「キリスト教の呪い」の部分なのでしょう。

奴隷の女の子たちを「処刑遊び」で四肢切断、強姦殺人しまくっている「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は「神の因果律」から逃れる方法はないのです。なぜなら「宇宙は神の身体」だからです。僕たちが肉体、幽体、霊体を表現媒体としてまとっている霊的存在であるように、神は宇宙を表現媒体としてまとった大霊なのです。

つまり僕たちは今この時点で「神の中」にいるのであり「神の因果律の効果範囲外の世界」というモノは有り得ないという事になり、つまり神の因果律から逃れる方法はないという事になります。だから絶対的公正という事なんだと思います。

「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は暗黒の底の底で千年万年の苦悶と恥辱を存分に味わわされる事になるのです。インスピレーション「暗黒に絶対的公正はない」は「神の因果律」の絶対的公正を表しているのでしょう。

↑目次へ↑

摂理に従っていれば何も恐れる事はないのです

これも「神の因果律」について霊団が降らせたインスピレーションとなりますが、要するに「アキトくんの現在の苦しみも帰幽後に霊界で報われる事になるから何も心配はいらないよ」と言っている訳ですね。つまり逆説的に↓

物質界生活中はトコトン最悪をやらされる、霊団もその最悪人生を修正するつもりが毛頭ない

このように意味を解釈できるから僕はムカついてムカついてどうしようもないのです。このインスピレーションについてもいろいろ語りたくなるのですが、もう時間がありません、次回以降に譲りましょう。

アナログ絵285

↑目次へ↑

はい、では今回のブログのタイトルに冠しましたコチラのインスピレーション↓

コイツらだけは絶対許さない

マイスターバックスタンブラー & インスピレーション「コイツらだけは絶対許さない」

について説明をして終わりとさせて頂きますが、これは皆さまもちろんお分かりの通り↓

他でもない皆さまの「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に対する怒りの思念

という事でいいと思うのですが皆さまいかがでしょうか。ってか逆に「この強姦殺人魔どもに対してこれ以外の感情が湧くというのであれば、どういう事なのか説明してもらいたい」という事になります。人間としてこれ以上当たり前の感情はないという意味です。

その当たり前の感情がなぜこれほど長い年月にわたって公の場で語られる事が無かったのか、それが↓

「洗脳」と「脅迫」と「視点外し」

という事になると思います。

まず「洗脳」ですが、世界中の強姦殺人魔は総じてメディアを牛耳っています。そのメディアを駆使して徹底的に自分が善人で国民に人気があって親しまれているという趣旨のニュースを休みなく流しまくり認識を捻じ曲げ続けてきます。
続いて「脅迫」ですが、僕も実際に暗殺の危機に何度も瀕していますが、ポリーチェ(POLICE)は明仁、徳仁、文仁の命令を受けて「スナイパーチーム(暗殺実行者)」となって国民を殺す事が仕事ですが、そのスナイパーチームを使って自分たちの悪の正体を暴露する人間を殺して(つまり脅迫して)国民の口を利けないようにする。
さらに物的情報によりますと「ガンが不治の病」というのも洗脳だそうで、自分たちの邪悪の正体をバラそうとする者を「ガン」とウソの診断をして抗ガン剤という名の「マスタードガス(大戦で使用された毒ガス兵器ですよ)」を点滴して殺し、これもまた国民を脅迫して口を利けないようにする。
そして「視点外し」これは現在の世界事情に照らし合わせると「コロナ」がそれに相当すると思いますが、とにかく間髪入れず次から次へと人々の恐怖心を煽る事件を勃発させて興味関心を自分たちの邪悪の正体からひたすら遠ざけようとします。

メディアには「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体に関するニュースは1ミリたりとも流されず、休みなく徹底的に「全然関係ないニュース」が流され続けて世界中の人々があさっての方向ばかり見させられながら生活し、真実に気付けなくさせられている事にすら全く気付きません。

このようにして「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は生まれてから死ぬまで自分の人生の全てをウソで塗り固めてきます。そして僕はずっとブログで↓

行動には動機がある

行動には動機がある

このように公言し続けていますよね。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁はなぜここまで徹底的に自分の人生をウソで塗り固めなければならないのか、それにももちろん「理由、動機」があるという事になります。その動機こそ2014年7月「隔離フィールド」発動を合図としてスタートした「イエス様ハンドリング」霊的使命遂行開始ごく初期の頃に霊団が降らせてきたコチラのインスピレーション↓

人生イコールS〇X

人生イコールS〇X

この言葉に全ての動機が集約されています。つまりこういう事です。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が自分の人生の全てをウソで塗り固め、果てしなく国民を「洗脳」「脅迫」「視点外し」し続ける理由は↓

奴隷の女の子を強姦殺人し続けるため

という事になります。抵抗する術を知らない幼い女の子をレイプし続けるために全てのウソをついているのです。国民の宝物を盗み続けているのです。国民を暗殺し続けているのです。この真実を全ての日本国民が正しく理解している状態に何が何でも到達させなければなりません。

大量強姦殺人魔、人類史上最大級のバカ、明仁、文仁、徳仁、悠仁を間違いなく確実に死刑、滅亡に追い込むため、僕、たきざわ彰人から皆さまにぜひとも「情報拡散」へのご協力をお願い致します。
SNSやWebでの拡散はもちろんの事、どんな些細な方法でも構いません。皆さまにできる情報拡散をホンの少しでも実行して頂けると、それだけ日本が正しい方向に軌道修正される事を手助けする事になります。誰かがやってくれるのではありません僕たちがやらねばならないのです。日本は僕たちの国なのですから。

↑目次へ↑

※あぁぁぁぁぁぁ…今回のブログは厳しさ苦しさ最大級でした。2週間分のインスピレーションをため込んでしまうのはもう絶対NGとなります2度とやってはいけません。僕的にはとにかく霊団に文句が言いたくて仕方ありません。

先週ブログが書けなかったのはインスピレーションの内容がムカつきすぎて書けなかったからなのです。今週もそういう感じで大量のインスピレーションを削除してようやくテキストを撃った状態でした。

僕という道具をひとり物質界に残して苦しい作業は全部僕に丸投げして、自分たちは霊界上層界でふんぞり返りながら高みの見物を決め込んでいる、霊団が頭にきて頭にきてどうしようもありません。

「お前たちも肉まとって物質界に降下して仕事しろ!」そうシャウトしたくて仕方ありません(祈)†
■アナログ絵330「フラー11ver2.0設定資料」UP。新・地獄のフラーとなりました(祈)†■2021年11月7日UP■
■アナログ絵330「フラー11ver2.0設定資料」UP。新・地獄のフラーとなりました(祈)†
初代フラー11と同じく2機の「プティットフラー」をキャラとし、この2機がフラー11ver2.0汎用モード時の両腕に変形、合体します。大変描画負荷の高い、描き手泣かせのフラーとなります。このフラー11ver2.0は僕の支配霊バーバネル氏の搭乗機としてデザインしていますので、バーバネル氏の姿も当初描くつもりでいたのですが、忙しすぎる事と、僕がバーバネル氏を信用していないのと、ふたつの理由で描くのをやめました。さぁこのフラー11ver2.0は、ストーリーにもたくさん登場させたい機体なのですが、そうなるとバーバネル氏を描かないといけなくなるので僕的にビミョーな空気感なのです…続きを読む→
それが自然の摂理です■2021年10月27日UP■
「それが自然の摂理です」天皇一族が滅びるのは自然、必然という意味です(祈)†
他人の宝物を盗み続けて神の公平な分配を妨げて自分たちだけ資源を欲しいまま捨て放題の生活を送り、仕事もせず毎日女の子をレイプしながら遊び呆けて、国民に対しては「自分たちが善人で国民に親しまれている」とウソニュースを流し続けてふんぞり返って生活を続けています。みんなそれが「大偽善」のウソだという事などとっくに分かっています。ただ脅されて言えずにいるだけで心の中では「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に対する怒りがドンドン蓄積されていきます。どこかのブログで「ダム決壊」という事を書いたと思うのですが、その人々の怒りが蓄積して必ずダムが決壊する時がきます。これは自動的にそうなります…続きを読む→
どれほどバカなのか■2021年10月20日UP■
「どれほどバカなのか」天皇一族のバカさ加減に皆さまが呆れ返っているという意味です(祈)†
「どれほどバカなのか」これが国民の常識となり、もう誰も「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の事を陛下殿下などとは呼ばず頭を下げる事もしない、コイツらを「人類史上最大級のバカ」として歴史に登録し、未来永劫語り継がれる状態にする、1日も早く日本国内をそういう状態に進歩、進化させなければなりません。洗脳にやられるのはココまで。皆さま目を覚ましましょう…続きを読む→
「お父さんが死の壁を越えて」文仁が真実をゴマかし通すつもりという意味です、絶対に許してはなりません(祈)†■2021年10月13日UP■
「お父さんが死の壁を越えて」文仁が真実をゴマかし通すつもりという意味です、絶対に許してはなりません(祈)†
イケメンの彼氏はピーチピチに「俺が1番お前を愛している」と言い続けますが、行為としては「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を擁護し賛美し続け、奴隷の女の子たちを殺し続けている事になります。口だけ「愛している」と言っても行為は「強姦殺人ほう助」を続けている事になります。しかしピーチピチ(佳子)は彼氏が好きですから言う事を聞いてしまいます。そして彼氏と一緒になって国民にウソをつき続ける邪悪の人生を歩んでしまいます。その先(つまり帰幽後)に待ち受ける自分の未来がどれほどヒドイものであるか、ピーチピチはそこまで想像力が働きません。彼氏は霊的知識が全く頭に入っていませんから帰幽後の未来の事など知った事ではありません。ただ今の生活が良ければそれでいい、それでピーチピチに甘い言葉を言い続けて現状維持を図ってくる事になります…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)