【12/20】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

アナログ絵287

「レッドマンのこころ」より→「法的制度、雄弁さ、堅固さ、戦術においてイロコワ族の右に出る人種はいない。彼らの社会制度のもとでは犯罪とか違反とかいうものが極端に少ないので、これまで“刑法”などというものを持つに至らなかったと言われる」

「レッドマンのこころ」より→「いかなる場合でも、またいかなる犠牲を払ってでも、イロコワ族は恐れる事なく、そして躊躇する事なく本当の事をしゃべる」

「レッドマンのこころ」より→「インディアンほどケチ臭さを見せない人種を私は知りません。宗教的儀式、戦闘的儀式、祝宴、祭り、葬儀において、貧しい者や困っている者、未亡人や孤児の事を優先的に考慮するのみならず、その貧しさや困窮の状態をいくらかでも軽減してあげようとします」

「レッドマンのこころ」より→「のびのびと自由闊達に飛ぶワシのごとく生まれついている北米インディアンは抑圧というものが我慢ならず、不正を黙って見過ごす事ができない。彼らはウソつきを軽蔑する。あれほど太っ腹な人種を私は知らない。ダンス、祭りの際にも必ず未亡人と孤児を最優先させる」

「レッドマンのこころ」より→「私は何度も遠征隊を率いてインディアンと闘ったが、そのたびにわが身を恥じ、わが政府を恥じ、わが軍の旗に恥ずかしい思いをしたものです。正しいのはいつも彼らインディアンであり、間違っているのはいつも我々アメリカ軍だったからです」

「レッドマンのこころ」より→「彼ら(インディアン)が協約を破った事は一度もありません。我々(アメリカ軍)が協約をきちんと履行した事も一度もなかったのです」

「レッドマンのこころ」より→「レッドマンが我々の文明よりも高度なものを生み出していた事に疑いの余地はない。唯一の弱点をあげるとすれば金属を活用する技術をもたなかった事である。美的感覚、倫理、道徳、社会文化においてインディアンはその征服者たちを凌駕していた」

「レッドマンのこころ」より→「ヨーロッパとはまったく異なる、しかもより効率のよい政治形体を発達させていた事は、アメリカ・インディアンの誇りとすべき事である。その政治は民衆の福祉の向上を至上目的としていた」

「シルバーバーチの霊訓」より→「肉眼そのものに“見る”能力はなく、光線を感知する媒体にすぎないのです。カメラのレンズと同じで、自分ではどういう役目をしているのか知らないまま自動的に機能しているのです。“見えた”という認識は精神がその印象を脳から受け取った時に生じるのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「全ての物体に霊的複製品があります。地上で書かれたものが複製されて納めてある図書館があります。必要が生じるとそこへ行って調べものをして知識を得ます。音楽も絵画もあります地上にあるものは全てこちらにもあります」

「シルバーバーチの霊訓」より→「地上と霊界の違いは、地上では様々な発達段階の人が一緒に生活できる事です。こちらでは同じレベルまで発達した者としか会えません。霊的身体は霊格が高くなるほど成熟していきます。霊界での成長は(老化に向かう事ではなく)成熟するという事です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私が地上を離れて上層界へ帰ると“神庁”に所属する存在と出会う事がある話をした事がありますが、そうした霊もみな個性を具えた存在です。個体性を失ってはいません。不完全の要素が減り完全無欠の要素の占める部分が多くなった段階にまで進化しているのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊はその個性に応じて自我を発揮するための何らかの形体が必要です。霊それ自体には個的形体はありません。霊とは生命ですがその生命が顕現するには人間なり動物なりの形体をとる必要があります。霊は何らかの形体をとらない事には存在が認識されません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊界には地上のいかなる楽器にも出せない音色があり、絵画でもあなた方には想像もつかない色彩と美があります。それが感識、描写できる人は地上にはいません。地上の人にとって大インスピレーションと思えるものでも実際はごくごく小さなかけらにすぎません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「睡眠中は肉体を離れて一時的に“死ぬ”訳です。そうする事によって徐々に霊界生活に慣れていきます。そうしないといよいよ本当の死が訪れた時に何の事か理解できず、新しい生活環境に順応するのに長い時間を要する事になります」

「シルバーバーチの霊訓」より→「思念は見る事も聞く事も重さや大きさを計る事もできない。物理的な計量方法がないわけです。なのにあなたの行為の全てに思念が責任を負っています。思念の方が行為に先行しているからです。思念なくして行為は生まれません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私たちの世界では考えた事が霊的実在として具現化し、それにはあなた方にとって物質の世界が実感があるように私たちにとって実感があります。要は相対上の問題で、あなた方にとって物質に実感があるように私たちにとっては思念に実感があるという事です」

「これが心霊の世界だ」より→「死後の進化とは人間的な煩悩を少しずつ洗い落とし魂の内部に宿る神性を開発していく過程だという。またその過程は完成へ向けての永遠の営みであるという。一つの目標まで到達すると次の目標が見えてくる。そこに知性的にも霊性的にも終局というものがない」

「これが心霊の世界だ」より→「人間は以前より一層未来に不安を抱いている。物質的には裕福になったが霊的には破産に瀕している。地球についての知識は大変なものだが自分自身については怖ろしいほど無知である。古い言葉に「汝自らを知れ」とあるが人間はまだ自分自身を知るに至っていない」

「これが心霊の世界だ」より→「原子力の発見で人間は史上最大の“?”を背負う事になった。一方で素晴らしい恩恵をもたらしてくれる事を望みながら、他方では反対に何百万もの人間が一度に滅びる大悲劇を生むかも知れないという恐怖におののいている。断崖絶壁をヨタヨタ歩いている感じがする」

「これが心霊の世界だ」より→「何故こうした問題が出るのかと言えば、科学の進歩が人間の霊的成長を追い越したからに他ならない。人間が科学の生み出す力に対応しきれる段階まで霊的に成長しきっていないという事である」

「これが心霊の世界だ」より→「それほどのものを生み出した人間が未だに生命の神秘を捉え切れずにいる。生命あるものは顕微鏡的な極微なものすら造れない。原子爆弾を造れるとは科学者も大したものとは思うものの、その科学者はノミ一匹造れないではないか」

「これが心霊の世界だ」より→「心霊的証拠によって人間が死後も個的存在として生き続ける事が明らかとなった。死によって霊性が賦与されるのではない。肉体は分解して土と化す。言いかえればもはや目に見えない各種の元素に還元してしまう。活力を賦与していた霊が居なくなったからである」

「これが心霊の世界だ」より→「肉は霊に劣り、霊は肉に優る。肉は従者であり霊が主人である。肉体は単なる機械であり霊こそその人そのものなのだ。考えてもみるがよい。せいぜい百年の限られた存在期間しかないものが、それに生命を賦与し土と化した後もなお生き続けるものに優るはずがない」

「これが心霊の世界だ」より→「人間は自分の行いによって運命を築き、あるいは傷つけ、自分自身の天国を拵え、あるいは地獄を拵えている。霊的進化は自分が決定する。それには国家も生まれた場所も地位も財産も職業も関係ない。因果律という自然法則が働くのみである」

「これが心霊の世界だ」より→「人間は自分というものを自分の行為によって自分で拵えている。人格の向上、これは実質的には霊的成長の事なのだが、その機会は全ての人間に訪れる」

■2021年3月31日UP■
「返して頂く」2000年の冒涜から「私の名誉を返して頂く」というイエス様のご意志ではないでしょうか(祈)†
僕はキリスト教と全く無縁の人生を送ってきた、仏教だの新興宗教だのと言ったものにも全く関わりを持った事もなく、むしろ最高に胡散臭いと思っている。教会に足を運んだ事も1度もなく聖書も1度も読んだ事がない、今後も一切読むつもりはない。イエス様という人物にも何の興味も関心も持った事がなくデザインの世界で生きてきた、霊性発現を果たすまではイエス様の事など全く考えない人生でした。つまり脳内および心がキリスト教の「ドグマ」に全く侵されていない、僕という人間はイエス様にとって良い意味で「何も分かってない頭カラッポの人間」で、仕事をお願いするにあたりいろいろ都合がよかったのではないか。「シルバーバーチの霊訓」を筆頭とした、日本一のスピリチュアリスト近藤千雄先生翻訳の霊関連書籍は、宗教大キライの僕でも読み進める事ができた、現在でも「人生のバイブル」と思えるほどにスンゴイ気に入っている…続きを読む→
■2021年6月30日UP■
「とにかく終わらせましょう」悪の支配を終わらせましょうというピーチピチ(佳子)の思念だと思いたいですが(祈)†
三千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ、美人の女性「吉井園(よしいその)さん」から赤ちゃんのピーチピチ(佳子)を盗んで自分の娘として登録した人類の歴史上最大級のS〇Xバカ「文仁Fumihito」の思念と思われます。要するにアナログ絵322のこの部分を見て文仁が頭にきているという意味でいいのではないでしょうか。しかし皆さまに共感して頂けると強く信じますが、文仁に対して「頭にきてるのはコッチの方だよ寝ぼけた事言ってんじゃねーよ」こういうセリフを投げつけたくなりませんか。イヤそう思ってもらわねば困るのです。奴隷の女の子たちを「処刑遊び」で日常的に四肢切断、強姦殺人しているだけではありません。明仁、文仁、徳仁、悠仁、コイツらは「犯罪のデパート」です。コイツらは自分たちが何をやっても逮捕されない、罪に問われないと本気で信じ込んでいるために生まれてから死ぬまで自分の人生全てで大犯罪を繰り返しているのです…続きを読む→
■2021年8月4日UP■
「彼らも悪しざまに言われました」シルバーバーチ霊の言葉をタイトルに冠させて頂きました(祈)†
彼らは地上世界にいずれ実現される神のプランを読取り、その日のために物質界の子等の魂を高揚させるべく一身を擲(なげう)ったのでした。彼らも悪しざまに言われました。援助の手を差しのべんとしたその相手から反駁され嘲笑されました。しかしその仕事は生き続けました。それはちょうど、今日世界各地の小さな部屋で行われている、このサークルのような交霊会の仕事が、そのメンバーの名が忘れ去られたのちも末永く生き続けるのと同じです。強大な霊の力が再び地上世界へ注ぎ込まれはじめたのです。いかなる地上の勢力をもってしてもその潮流をせき止める事はできません…続きを読む→

↑トップへ↑

それが自然の摂理です■2021年10月27日UP■
「それが自然の摂理です」天皇一族が滅びるのは自然、必然という意味です(祈)†
他人の宝物を盗み続けて神の公平な分配を妨げて自分たちだけ資源を欲しいまま捨て放題の生活を送り、仕事もせず毎日女の子をレイプしながら遊び呆けて、国民に対しては「自分たちが善人で国民に親しまれている」とウソニュースを流し続けてふんぞり返って生活を続けています。みんなそれが「大偽善」のウソだという事などとっくに分かっています。ただ脅されて言えずにいるだけで心の中では「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に対する怒りがドンドン蓄積されていきます。どこかのブログで「ダム決壊」という事を書いたと思うのですが、その人々の怒りが蓄積して必ずダムが決壊する時がきます。これは自動的にそうなります…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)