【7/6】2012~2013年ごろに撃った霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

「シルバーバーチの霊訓」より→「正直言って私は地上に戻るのは気が進みませんでした。地上というのは一旦その波長の外に出てしまうと、これといって魅力のない世界です。私の定住している世界はあなた方のように物質の閉じ込められている者には理解の及ばない程、透き通り光り輝く世界です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「地上生活の意義は一体何なのか、宇宙において人類はどの程度の位置を占めているのか、その宇宙を支配する神とどのようなつながりを持っているのか、人類同士がいかに強い霊的家族関係によって結ばれているかを認識してもらいたいとひたすら願っているのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私は別に新しい事を説こうというのではありません。優れた霊覚者が何千年もの昔から説いている古い真理なのです。それを人間がなおざりにしてきたために私達が改めてもう一度説き直す必要が生じたのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「高級神霊界の神々が目にいっぱい涙を浮かべて悲しんでおられる姿を時折見かける事があります。今こそと思ったせっかくの善行のチャンスが人間の誤解と偏見によって踏みにじられ無駄に終わってしまうのを見るからです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「そうかと思うと、嬉しさに顔を思い切りほころばせているのを見かける事もあります。名もない平凡人が善行を施し、それが暗い地上に新しい希望の灯をともしてくれたからです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「物質界に降りてくるのは正直言ってあまり楽しいものではありません。光もなく活気もなく鬱陶しくて単調で生命力に欠けています。例えてみれば弾力性のなくなったヨレヨレのクッションのような感じで、何もかもだらしなく、どこもかしこも陰気です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私が定住している世界は光と色彩にあふれ、芸術の花咲く世界です。住民の心には真の生きる喜びがみなぎり、適材適所の仕事にたずさわり、奉仕の精神にあふれ、互いに己の足らざるところを補い合い、充実感と生命力と喜びと輝きに満ちた世界です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「ここにお出での方にはぜひ霊的真理を知るとこんなに幸せになれるのだという事を身をもって示して頂きたいのです。もし私の努力によって神の摂理とその働きの一端でも教えて差し上げる事が出来たらこれに過ぎる喜びはありません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「宇宙について知れば知るほどますます謙虚の念に満たされてまいります。が同時に導いてくださる霊力の存在も知っているのです。それが私のような者にも頂けるのです。私が偉いからではありません。私が志している真理普及への努力を多として下さっての事です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「この絶望と倦怠と疑念と困難とに満ち溢れた世界にあって私は、まずはこうしてみなさん方に霊的真理をお教えしてその貴重な知識をみなさんが縁ある人々に広め、ゆくゆくは全人類に幸せをもたらす事になるように努力してまいりました」

「シルバーバーチの霊訓」より→「もしみなさんの行く手に暗い影が過ぎるような事があったら、もし困難が降りかかったら、もし疑念が心を揺さぶり、不安が宿るような事があったら、そうしたものは全て実在ではない事を自分に言い聞かせるのです。翼を与えて追い出してやりなさい」

「シルバーバーチの霊訓」より→一読者の手紙から「文章の世界にシルバーバーチの言葉に匹敵するものを私は知りません。眼識ある読者ならばそのインスピレーションが間違いなく高い神霊界を始源としている事を認めます」

「シルバーバーチの霊訓」より→一読者の手紙から「一見すると単純・素朴に思える言葉が時として途方もなく深遠なものを含んでいる事があります。その内部に秘められた意味に気づいて思わず立ち止まり、感嘆と感激に浸る事があるのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「印刷された文字には絶大な影響力があります。話し言葉は忘れ去られたりします。人間の脳という小さなスクリーンにゆらめく映像は至って儚いもので、それに付随して生まれる言葉には不滅の印象を残すほどの威力はありません。が、活字には永続性があります」

「シルバーバーチの霊訓」より→「地上に肉体を携えて生まれてくる目的は魂が真の自我を見出す事、宿された神性に点火し燃え上がらせ輝かしい炎とする事です。残念ながら必ずしもそういう具合にいかないのが実情で、迷信と無知の暗闇、疑念と恐怖と困惑の泥沼の中で過ごす人が多すぎるのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「残念ながら物質中心主義から生まれる病は感染力が強く、すぐに蔓延する一種の伝染病です。しかし光が闇を駆逐する如く、心霊治療は正しい生き方を教える事によってその病弊を駆逐していく事でしょう」

「シルバーバーチの霊訓」より→「健康を維持するのは医学でも医薬でも劇薬でもありません。不自然なものを体内に注ぎ込む事によって健康は得られません。それは言わば医学的愚行です。正しい生き方さえしていれば、つまり思念に邪な所がなく霊と精神と身体とが調和していれば健康なのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「地球が一瞬でも回転を止めた事があるでしょうか。汐が満ちてこなかった日が一日でもあったでしょうか。昼の後には必ず夜が来ていないでしょうか。蒔いたタネは正直にその果実を実らせていないでしょうか。狂いません。神の計画は絶対に狂いません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「本来は人間もその定められた計画に沿って進まねばならないのです。しかし人間は愚かさと無知と利己心から誤った道へ外れる可能性もあるのです。美しい花を咲かせるべき庭園に雑草を生い茂らせる事もあり得るという事です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「正しい生き方とは何であるかを自ら学んで行かねばなりません。そうする事が人間としての神への貢献となるのです。潜在的には無限の神的属性を秘めておりますが、それを駆使できるようになるにはそれなりの努力をしなければならないという事です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「もし霊力が働かなくなったら地球は回転を止め、四季は巡って来なくなるでしょう。もし霊力が働きを中止したら太陽の炎は消滅し、月はあの幽玄な輝きを見せなくなるでしょう。もし霊力がしくじる事があったら種子は花を咲かせず実を結ばなくなる事でしょう」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私たちは霊が生命を吹き込んでくれたおかげで共通の絆を与えられているのです。それによって全世界の神の子が根源において結ばれている事になるからです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「人間が地上でも死後の世界でも生き続けるのを可能にしているのは、神を共通の親として全人類を一つの家族に結び付けているのと同じ霊力なのです。この崇高な事実こそ私達が啓示せんとしている真理です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「今の地上世界にはぜひともこの真理が必要です。その理解さえ行きわたれば戦争はなくなります。世界中ではびこり過ぎている利己主義と貪欲と既得の権利が撲滅されます」

「シルバーバーチの霊訓」より→「その理解が行きわたるにつれて無限の豊かさと輝きと崇高さと愛と指導力と治癒力とを秘めた霊の力がそれだけ多く発揮され、これまであまりに永い間支配して混沌と災禍をもたらしてきた無知と偏見と迷信を駆逐していく事でしょう」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊は物質の制約は受けません。全生命の原動力であり全存在の始源である霊は、あなたが地上生活において必要なものは全て供給してくれます。その地上生活の目的はいたって単純です。本来のあなたである霊的本性を開発して死後の生活の身支度をする事です」

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)