「Youtube OK」霊団の仰る事は分かります。しかし僕的には相当に考えさせられています(祈)†

アタック前から素材の準備を相当に行ってようやく今回のトレイルムービーをUPさせる事ができましたが、実は霊団が降らせるインスピレーションをブログに落とし込みきれずにすっかり溜まってしまっている状態なのです。皆さまに紹介し切れていないインスピレーションを一気に羅列してみましょうコチラです↓

  • 「精神力には敵いません」
  • 「ドクターストップ」※2度目
  • 「もうどうしようもない」
  • 「信じていいと思う」
  • 「I島氏(パナソニック時代の上司)」
  • 「ものすごい快挙達成」
  • 「冷たい風を浴びる雅子」
  • 「パニック」
  • 「だいぶキビシイ事になるでしょう」
  • 「だいぶ状況は違ってたはずよ」
  • 「僕の紀子」
  • 「なかなか当たってたりする」
  • 「棺桶ピィィィィン※波長」
  • 「何にも困ってないよ」
  • 「コイツらのしてる事は完全にレイプです」
  • 「アメリカを攻撃する」
  • 「Youtube OK」
  • 「切り落とす事」
  • 「自演乙(じえんおつ)だ」
  • 「行くしかない、忍び込む」

はい、どれも誤解のないようにしっかり説明しなければならないようなインスピレーションのオンパレードであり、今までの僕であれば速攻で長文ブログという形でこれらの意味について皆さまに説明しなければならないところなのですが、何しろムービー制作にまつわる様々な雑務が降りかかってきてすっかりブログが書けない状態にさせられてしまっているのです。しかしインスピレーションにもありますように霊団的には「Youtube OK」なのだそうです。しかし僕的にはだいぶフラストレーション蓄積といった感じです。

えー昨日、三脚破損と書きましたが、ある方法でデジカメを固定しようとして全くできず使用不能が確定してしまい、三脚自体は安いものですから先ほど仕方なく新規購入しました。さらに今回UPしたトレイルムービーは、購入わずか2ヶ月で大破したデジカメに代わって急きょ購入したチープデジカメでの撮影だった訳ですが、YoutubeにUPするにあたっては画質をメチャメチャ劣化させて軽くしてUPするのだからデジカメにそんなに性能は必要ないはずだ、との思いからチープデジカメを購入した訳ですが、今回のトレイルムービーをご覧頂ければお分かりの通り、ヘッドライト、ハンドライトの光に対しておかしなピンクの縦線の残像が出てしまい、どうにも釈然としない映像となってしまっています。

この残像を消そうとデジカメのモードをいじりまくってあらゆるテストをしたのですが、この縦線の残像は消せない事が判明、もうひとつ予備で持っている、もう山では使えないチープデジカメ(フル充電で山に持って行っても「電池残量がありません」と表示されてしまい使えないのです、部屋では使えますが…)でも同様の結果だった事から、この縦線の残像はチープデジカメ共通の特長であると理解しました。つまりYoutube用のデジカメはチープでいいと思っていた僕の考えが撃ち砕かれたという事になります。この縦線残像のチープデジカメを今後もずっと使い続けてトレイルムービーをUPし続けるのは非現実的であり僕の美意識にも反します。で、実は「最後の砦」的ポジションで画家時代に購入した「デジ一眼」をかろうじて持っているのですが、これもモニタが表示されない不具合等がありまして山で使用する事はなかったのですが、このデジ一眼で動画を撮影するとメチャキレイに撮れるのです、縦線残像も一切ありません。

で「ファインダー」がある事を思い出し、モニタが使えなくてもファインダーを直接片目で覗いて撮影時のアングル確認及び動画再生確認ができる事が分かり、もう他に手はないという事でこの画家時代のデジ一眼をトレイルムービー用に使用する事としました。先ほど購入させられた三脚とこのデジ一眼を使用して来週以降のトレイルムービーの撮影を行うつもりです。本当にトレイルムービーに翻弄されまくりでイライラが募るばかりといった状態なのです。

今までの山のアタックでは、撮影は日の出前のグラデーション写真撮影がメインでムービーを撮る事はほとんどなく、1回のアタックでの撮影はせいぜい2~3回でした。しかし今回UPしたトレイルムービー用に撮影した動画素材はなんと計10本で、つまり10回ザックを下ろして三脚をセットして撮影、10回三脚をザックにしまって再出発、という事をやってようやく作った5分のムービーなのです。それでデジカメは壊れるわ三脚は壊れるわで散々な目に遭わされている訳ですが、霊団は「Youtube OK」と言ってくるのです、つまりこの方向性でオケーと言っている訳ですが、霊団の仰る意味は理解していますが物質界に残されて犠牲的生活をやらされている僕としては「お前らホントにいい加減にしろよ」と文句を言わない訳にはいかないヒドイ状態にさせられているのです。

これは僕の個人的意見であり皆さまの賛同は得られない事と思いますので聞き流して頂きたいのですが、僕は「情報伝達手段」としてはムービーよりブログの方が上だと、これまでの経験測でそのように思っています。長文ブログの方がより多くの情報をより正確に記述し、しかも短時間で効率的にサクッと発表する事ができます。動画は作るのがすごく大変でパワーばかりが浪費させられる割には伝えられる情報量は大して多くなく、ただただ重くて時間が取られるばっかりで非効率的だとそのように感じています。しかし長文テキストは読む人を選びます、よほど「この情報を読んでみたい」という必要性、欲求に駆られない限り、長文テキストはなかなか読んでもらえないものですが、その点ムービーは再生ボタンさえクリックすれば勝手にダラダラ情報が出てきますので、やはり閲覧側のハードルは低く人々に受け入れられやすいのではないかと思います。

本当に霊団に言われてなければ使命遂行をここまでムービー方向にシフトする事はなかったのですが、何しろ霊団が推してくるものですから、僕は霊の道具として物質界に残されて機能している訳ですから、霊団にそう言われてしまったらイヤでもやるしかないのです。(※ホントにイヤな時はさすがに僕もちゃんと拒絶しますが、これまでもいくつかありましたし)んー本当なら上記に紹介しました多数のインスピレーションの意味についてちゃんとブログを書いて説明しなければいけません。それがどうしてもできないのであればムービーという形で説明するという事でも構わないので、とにかく霊団が降らせたインスピレーションの意味を説明しないままスルーする事だけは僕はやってはいけないのです。しかし実際には僕は肉体をまとっていますので何でもかんでもはできないのですパワーの限界というものがありますから。

以前に比べてブログ更新量が目に見えて減りアクセスも減少、情報量が以前より減っている事に僕はだいぶフラストレーションを感じており(その分Youtubeのアクセスは多少増えているようですが…)本当に困っているのですが、霊団は「この方向性で行け」と仰っているのです。そんな甘い事でいいのかあんたたちは。まぁ確かに霊団の仰っている事の意味は分かります、僕もムービーは作らないより作った方が絶対イイと思いますので今後もトレイルムービーは可能な限り毎週UPしていくつもりですが、何しろ作業負荷ばかりが高くて物的負荷が高まる一方、僕は首を絞められるばかりで霊団に対する怒りの念はもはや抑えようもないといったところなのです。本当に困りました。ムービーの作業のパワーの軽減簡略化、しかしクオリティは絶対に落とさないという相反するふたつのファクターを何とか消化する手法を模索しているところです。そんな甘いモノではないですが…(祈)†

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)