【1/3】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「シルバーバーチの霊訓⑨」

Pocket

『シルバーバーチの霊訓⑨』
【異なった信仰に対する態度はどうあるべきでしょうか。我々に信仰を押付けようとする者に対して寛大であるべきでしょうか。それとも我が道を行くの態度で相手にしない方がよろしいのでしょうか。―】

『シルバーバーチの霊訓⑨』
【私の考えではスピリチュアリズムはキリスト教に対してその活動については寛大でありつつも、スピリチュアリズムの霊的真理そのものは浸透させていくべきだと思うのです。真実の信仰に欠ける者にスピリチュアリストが正しい宗教性を植えつけていくべきだと考えます。―】

『シルバーバーチの霊訓⑨』
スピリチュアリズム、スピリチュアリズムとおっしゃっても、それはただの用語にすぎません。私たちは用語には関心はありません。用語とは概念や実在をくるむための道具にすぎません。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
私たちの関心は霊力、神の力―私はそれを大霊と呼んでいるのですが―それが地上に根づく事です。どこでもよいのです。それが私たちの努力の背後の目的です。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
なぜ霊力を根づかせようとするのか。それは霊力には魂に感動をもたらし、真の生命に目覚ませる力があるからです。どこであってもよいのです。教会の中であっても、外であっても、家庭内でもいいのです。目的とするのは一人一人の魂です。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
物的惰眠から目覚める段階まできた魂は、あなたの行動範囲に自らやってくるか、あるいはあなたの方から訪れて、霊のタネが蒔かれる事になります。そのように導かれるのです。それでもし失敗したら、ひそかに涙を流してあげなさい。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
自分のためにでなくその人のためにです。その人は絶好のチャンスを目の前にしながら、それをとらえ損ねたのです。しかしそうこうしているうちに、そこかしこにタネの根づきやすい魂がいる事が分ります。やがて芽を出し花を咲かせ、急速に美しさと優雅さを増していきます。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
そのタネに神性が宿されているからです。かくしてその魂は真の自我を発揮しはじめた事になります。地上生活のそもそもの目的は人間が身体的・精神的・霊的の全側面を活用して生活する事であり、その三つの側面が機能するに至るまでは本当の意味で生きているとは言えません

『シルバーバーチの霊訓⑨』
身体と精神のみで生きている間は影と幻を追い求め、実在に気づかずにおります。霊的自我が目覚めて初めて驚異的な霊的可能性と冒険への扉が開かれます。地上という物質の世界へ生まれてきたのは、その霊的自我を開発するためです。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
ですから、その目覚めがどこで生じるかは重要ではありません。重要なのは魂が目を覚ますという事、その事です。地上生活に悩みと苦しみが絶えないのはそのためです。悩み苦しみ抜いた末に、もはや物的なものでは救いにならないと観念した時に、―

『シルバーバーチの霊訓⑨』
―霊的なものへ目を向ける用意ができた事になります。“風は気ままに吹く”(ヨハネ)と言います。真理の風をどこにでも気ままに吹かせればよいのです。受入れる用意のある魂に当った時に存分に力になってあげる事です。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
【霊媒現象とスピリチュアリズムの活動のあり方をこれからどう改めて行くべきかについて何かアドバイスを頂けますか―】常に新しい側面が台頭しています。物理的心霊現象が徐に後退し、心霊治療と霊的教訓という高等な側面が取って代りつつあります。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
地上の人間の進化のサイクルが変りつつあるからです。あなた方は霊的に導かれるままに進まれるがよろしい。霊的進歩には型にはまった様式はありません。今日まで導いてきてくれた力を信じて一身を預ける事です。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
その力こそ地上のあらゆる物的財産に勝る珠玉の知識をもたらしてくれた力です。ひたすらに前向きに歩まれる事です。どこにいても最善のものを施す事です。必ずや導かれ、援助を受けます。

■2019年6月6日UP■
「どーしても許せないんだよコイツらが」皆さまの本音の思念を霊団が届けて下さっています(祈)†
強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の事を許せないという皆さまの思念を霊団がインスピレーションで降らせています。長年にわたる「大偽善」の洗脳がだいぶ解けてきている事が伺えるメセであり、その皆さまの正しい理解を受けて僕としても何としても明仁、文仁、徳仁、悠仁の死刑、滅亡を1分1秒でも早く実現させたい気持ちでいっぱいです…続きを読む→
■2019年6月5日UP■
「全ページウソです」徳仁が僕のブログについてこのようにコメントするかも知れないと霊団は仰っています(祈)†
もし本当に徳仁が僕をウソ呼ばわりし、メディアがこぞって僕を叩きまくったとしましょう。最初は皆さまはその通りに思って(つまり洗脳にやられて)僕、たきざわ彰人の事を変人扱いする事でしょうが、皆さまにも僕にも【神】は【理性、良心】を与えて下さっています。その理性が必ず反駁を覚えさせ「これはおかしい」と皆さまが思い始める時が来ます。そしてそう遠からぬうちに「やっぱりたきざわ彰人の言ってる事が真実なんだ、おかしいのは皇族とか名乗ってるこいつら(明仁、文仁、徳仁、悠仁)の方なんだ」と皆さまが理解する日が必ずやってきます…続きを読む→
■2019年6月5日UP■
「言いたくて」ピーチピチ(佳子)の思念です。自分が文仁、紀子と1ミリも血がつながってないと言いなさい本当に(祈)†
この「言いたくて」の思念を受けて僕からピーチピチ(佳子)に言いたい事としては、これもずっと以前から何度も言い続けている事ですが「キミの人生はキミが決めなさい」という事です。なぜ強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に脅されてキミが自分の望まない人生を歩まされなければならないの。なぜ人類史上最大級のキ〇〇イの言う事を聞いてキミが口を閉ざさねばならないの。なぜキミはこれだけ周知の事実になっているのに未だに強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁をかばおうとしているの。僕には全く理解できません…続きを読む→

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | 暗殺 | 放火 | Dreamwork | Profile | アナログ絵 | フラー | コメントファイヤー | | 山駆けるヒカリ | 葛飾北斎の墓 | 主なブログ | 全ブログURL | 動画 | 霊関連書籍 |

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す