【6/26】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「スピリチュアルストーリーズ」【第17話 天国のお花づくり】

Pocket

—–第17話
『スピリチュアルストーリーズ』【第17話 天国のお花づくり】ある日、ジョンとローズマリーは、お花畑の近くを歩いておりました。そのお花畑は、地上にいたときから花が大好きだった人が育てているものです。

『スピリチュアルストーリーズ』2人は、咲きほこっているきれいな花を見ながら歩いているうちに、ふと、中でもいちばん背が高く、そしていちばんきれいな花に気がつきました。その美しさといったら、それはそれはすばらしく、ちょうど朝日に輝きながら流れる川のせせらぎのように→

『スピリチュアルストーリーズ』→次から次へと美しさがわき出てくるようでした。2人はすっかりその花に見とれてしまいました。そしてローズマリーは「こんな花が、わたしのお花畑にもあったらなあ」と思いました。

『スピリチュアルストーリーズ』ちょうどローズマリーがそう思ったとき、ジョンのほうでは「こんなきれいな花をローズマリーちゃんにプレゼントできたらなあ」と思っていました。そこでジョンは、さっそくお花畑の持ち主のところへ行って、すなおにおねがいしてみました。

『スピリチュアルストーリーズ』その人は、とても親切な人でした。「ああ、いいですとも、いいですとも」そう言いながら、その花と同じ苗を紙に包んでくれました。ジョンからこの苗をもらったローズマリーは、大よろこびで保育園へ持って帰り、すぐに自分のお花畑に植えました。

『スピリチュアルストーリーズ』ジョンも手伝いました。何日かたち、その苗は芽を出してすくすくと大きくなっていきました。2人は、おじさんのお花畑で見たあのきれいな花を心にうかべながら、早く大きくなれ、もっと大きくなれ、と心の中で思うのでした。

『スピリチュアルストーリーズ』ところが、どうしたことでしょう。その苗は、ふつうの花と同じくらいの高さまで成長すると、それ以上は大きくならないのです。そのうえ、花も咲きません。ジョンとローズマリーは、だんだんおもしろくなくなってきました。

『スピリチュアルストーリーズ』どんなに手入れをしてあげても、だめなのです。そこで2人は、いつものように先生のところへ行って、そのわけを教えてもらうことにしました。教わってみると、そのわけは、ほんとうにかんたんなことでした。先生はこんなお話をされたのです。

『スピリチュアルストーリーズ』「この天国でする仕事は、それが、ものをつくることでも、音楽を作曲することでも、あるいはそのおじさんのようにお花を育てることであっても、ほんとうにこの仕事が好きだという気持ちが心の奥からわいてくるようでなければ、」→

『スピリチュアルストーリーズ』→「けっしてうまくいかないのです。そして、できあがったものは、自分の心でつくったものですから、それはその人の性格の一部と同じものになるのです。2人がお花畑で見た美しい花は、それを育てている人の美しい心によって育てられたものであり」→

『スピリチュアルストーリーズ』→「その人の心の一部がその美しい花となってあらわれたことになるのです。その美しさには、その人が神さまに感謝している気持ちが、そのままあらわれているのですよ」2人は「なるほど」と思いました。先生のお話がよくわかりました。

『スピリチュアルストーリーズ』2人はさっそく保育園を出てそのお花畑へ行き、今までのことを、その持ち主のおじさんに話しました。するとおじさんは、苗が大きくならないということを聞いて、たいへんかわいそうに思い、こう約束してくれました。

『スピリチュアルストーリーズ』「では、これからはわたしも、お2人の心と1つになって、あの苗を大きくしてあげましょう」不思議なことに、そう約束してくれてからは、苗はみるみる大きくなり、やがてつぼみが出て、きれいな花を咲かせました。2人はうれしくてたまりませんでした。

『スピリチュアルストーリーズ』ところが、そのうちまた不思議なことに気がつきました。それは、その花だけが、ほかの花から仲間はずれにされているように見えてきたことです。その花をじっと見つめていると、なんとなく「ここでは、おちつきません」と言っているみたいな→

『スピリチュアルストーリーズ』→感じをうけるのです。2人には、そのわけがすぐにわかりました。その花は、もともと、あのお花畑のおじさんがつくったものです。だから、やっぱり最初に育ててくれた人のお花畑に帰りたがっているのです。

『スピリチュアルストーリーズ』2人は、きっとそうにちがいないと思いました。こうして2人は、とてもたいせつなことを学ぶことができました。みなさんにもわかりますね?そうです。わたしたちは、ほかの人が心をこめてつくりあげたものを、→

『スピリチュアルストーリーズ』→自分のものにすることはできないということです。それはもう、その人の心の一部となっているからです。

■2020年2月20日UP■
「徳仁、お前(僕)が死刑になれ」イイヤ死刑になるのは宇宙一のバカ、徳仁お前の方だ覚悟しろ(祈)†
人間のクズ徳仁は今まで生きてきて1度も本気の命がけの闘いというモノをやった事のない男であり(僕は毎週山で命をかけてアタックしています、コイツとは精神力が違うのです)何でもかんでも宮内庁職員にお世話してもらって(奴隷の女の子も用意してもらって、という意味ですよ)何ひとつ苦労を味わう事なく試練に身を晒す事もなくふんぞり返って暮らしてきた人類史上最悪の大バカヤロウです…続きを読む→
■2019年11月6日UP■
「ウソつき人生終わるんだよ」「キレイにしてくれる」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が終わるという意味です(祈)†
皇室典範も国民を脅して命令を聞かせるために開発された「脅しの法」です。日航ジャンボ機墜落は美智子、明仁首謀の爆破テロ、水俣病は雅子の祖父が社長を務めていた会社が原因の人災。そして城の中に隠れて国民の手の届かない場所であらゆる儀式を行っていますが(つい先日も「即位礼」などという茶番の儀式がありましたね。あれを洗脳と言わずして一体何というのでしょうか…続きを読む→
■2019年11月11日UP■
多くの方々が僕を祝福しているようで実は嫉妬の嫌がらせ…そういう幽体離脱時の映像を拝しています(祈)†
これまでずっと嫉妬男子の攻撃を浴びながら生活してきましたので今さら驚く事はないのですが、離脱中の霊体の僕はとにかくため息なんですよ。「はいはい、僕を嫉妬するんならあんたが強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑にしなさいよ。自分を犠牲にせずコソコソ影に隠れて何ひとつ行動も起こさないくせに、よくもまぁいけしゃあしゃあと…」僕はただただ呆れ返るばかりでした…続きを読む→
■2019年11月7日UP■
「何とかリライトしてみます」「質問攻めにします」強姦殺人ほう助の人間たちの企みについて説明してみます(祈)†
「この宇宙一のバカどもを何が何でも物的法律に基いて死刑にしなければならない」僕は霊団の導きに基いてずっとこのように主張し続けていますが、もし強姦殺人ほう助の人間たちが僕のブログの内容を書き替えてきたとしたら、この内容と正反対の内容に書き換わる訳ですから、読んでいて「これはおかしい」となるはずですし…続きを読む→
カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す