「いよいよ存在価値がなくなっていく」お分かりですね、明仁、文仁、徳仁、悠仁の事ですよ(祈)†

近々で「脅迫」を受けています。「〇ワ〇ラ防止法」に関連する物的内容を連続で書き残しています(祈)†※(黒三角)またはテキストをクリックすると折りたたまれた説明が展開します。
※まず物的ご報告を。僕はセブン時代(2015年5~6月頃)「3千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ、大量強姦殺人魔、秋篠宮文仁」の部下の人間(宮内庁職員と思われますが)に店内で「コロス」と脅されました。それを受けてポリーチェ(POLICE)に「脅迫罪」の刑事事件の訴えを起こしましたが、その僕の訴えは「反故」にされ、未だに僕の訴えは無視され続けています。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁およびポリーチェ(POLICE)は完全にすっとぼけ続けるつもりという事です、絶対に許してはなりません。
で、現在も「ある脅迫」を受けています。諸事情により詳細説明ができませんが参考資料はコチラ↓
パワハラ防止法

今週は霊団から「何をどうやっても皆さまに説明できないインスピレーション」が怒涛に降り、それらをどう処理すべきか葛藤した1週間となりましたが、まぁそれらインスピレーションは僕の心の中にしまっておいてブログとしては削除する以外にありませんので、削除済みのリストをまずはご覧下さいこういう感じに↓

  • ここまで悪化するとは思わなかった
  • いよいよ存在価値がなくなっていく
  • 失敗はしない
  • いっせーのー、水門と思って下さい、止め置かれているそうです
  • イエス様を最大の信奉とせず(ブログ執筆済)
  • 絶対侮辱しないで下さい
  • 子供だまし、もういい
  • ガンダムに合わせてたんだよ
  • 奥さんを喜ばせる絵を描きなさい、最初のうちはつらいよ
  • 畏敬の念、オッケー
  • 信じらんねーよ
  • うるせんだよ、ちがうの
  • ブーケ英国旗、もう少々お待ち下さい、マル
  • 11、イイよーイイよー
  • 効果は絶大という事が分かっていますので、効果は絶大ピィィィィン
  • 憎まれた
  • みんな死人
  • たのんだぞー
  • 年賀状香世子さん
  • バカだ
今週のインスピレーション削除量も記録的なものとなりました。それら削除したインスピレーションはたいていが僕の未来に関する霊団からの言葉で、どうやっても皆さまにお伝えできない性質のものですのでリストからは削除させて頂いています、その点はどうかご了承下さい。ではインスピレーションの個別説明に入りましょう↓

ここまで悪化するとは思わなかった

これは「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁はもちろんの事、このバカヤロウどもを全力で擁護し賛美し続ける宮内庁、皇宮警察、政治上層部等の「強姦殺人ほう助」の人間たちの思念と思われます。

つまり「霊覚者などと名乗るこのバカ男がまさかここまでやるとは思わなかった、これほど情報が拡散されてしまって、しかも多くの国民が洗脳を撃ち破って真実に目覚めてしまってはもうゴマかしようがない」こういう感じではないでしょうか。
過去ブログでも何度も書いていますが、とにかく明仁が僕、たきざわ彰人を最高にバカにして「こんなバカ放っておけばそのうちやめる、無視しろ」と命令した事が原因でこれほど情報拡散が進んだのです。完全に明仁の自業自得なのです(※もっと言いましょう、霊団の術中に完全にハマったという意味ですね)

この件に関して実は別にブログを書く用意があるのですが、霊団の意向を無視して書く訳にはいきませんので止めている状態です。そのうち書く事になると思いますが、アナログ絵50の内容が大きく関係しています。んー書きたい、説明したい、が、モチョト待ちましょう。

いよいよ存在価値がなくなっていく

今回のブログのタイトルに冠しましたインスピレーション、説明後述。

失敗はしない

これは霊団から僕に向けられた言葉で「アキトくん、キミはまだ我々の導きの威力を軽んじているようだが甘く見てもらっては困る。この使命遂行がどれだけの組織的計画によって運営されているか、キミはその全体像を把握できない。全体を見通せる視力を得れば、失敗は有り得ない事がキミにも得心できる事だろう」だいたいこんな感じの意味だと思われます。

本当に何度も何度も紹介してしまって申し訳ありませんがアナログ絵123の内容に帰着するインスピレーションとなりますね。

いっせーのー、水門と思って下さい、止め置かれているそうです

これは今週削除した多くのインスピレーションと意味がつながっている言葉で、これについてもやはり詳細説明はできないのですが、要するに「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁および強姦殺人ほう助の人間がピーチピチ(佳子)を脅して動かないように止めているが、その脅しを振り切ってピーチピチ(佳子)が動けば「水門が開く」ように一気に事態が進展する、だいたいそういう意味だという説明にとどめさせて頂きます。

イエス様を最大の信奉とせず(ブログ執筆済)

コチラはショートブログとして既に撃ち終えたインスピレーションとなります↓

■2021年9月11日UP■
「イエス様を最大の信奉とせず」これはスピリチュアリズム底流の大原則です(祈)†
これまで人類はイエス様はじめ世界中の宗教の創始者等を超人的ポジションに祭り上げおかしなラベル、呼び名を付けてその人物やラベルばかりを崇めて肝心の霊的知識つまり中身をなおざりにしてきました「キリスト教の2000年の長きに亘る人類の呪い」がまさにその典型であり、その失敗を2度と繰り返さないために霊界側は「スピリチュアリズム」を勃興させ、人々の関心の対象を「人物やラベル」から「霊的知識そのもの」へとシフトさせたという事。もし霊団側が僕という霊の道具を使用して霊的知識普及の仕事をする事があるのであれば、僕という霊媒から降る霊言は今回のインスピレーション「イエス様を最大の信奉とせず」にありますようにイエス様に注目を集めさせるのではなく霊的知識そのものに関心を集めさせるという意味…続きを読む→

絶対侮辱しないで下さい

このインスピレーションは霊団から僕に向けられた警告で、ふたつの意味が考えられますが↓

アキトくん、「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を侮辱する発言は気を付けた方がいい
アキトくん、我々霊団を憎むのは了解だが我々の上で指揮命令を下している高級霊の方々を侮辱するのはやめておいた方がいい

まずこの、ひとつ目の意味は違うでしょう。もしこのひとつ目の意味であるなら、僕はこれまで果てしなく徹底的に明仁、文仁、徳仁、悠仁の事を「大量強姦殺人魔」「宇宙一のバカ」「人類の恥」と公言しまくっているのを止めてきていたはずです。しかし霊団は僕のこの手の発言に対してストップをかけてくるようなインスピレーションはこれまで1度たりとも降らせてきていません。

ですのでふたつ目の意味という事になりますが、それは僕的に複雑な思いがあるものの意図は理解していますので了解できますし、これもやはり守護霊様の導きの威力のおかげで得る事のできた霊的知識に基づいて思考できるようになったからこそ了解もできるのであって、とにかく「守護霊様がスゴイ」という結論に到達するのです。

普通これだけ自分の人生を破壊されて最低最悪の生活をやらされれば、誰だって激しく怒り憎しみの念を抱くはずです。そういう意味で僕は人間として当たり前の事を公言しているだけなのですが、そのヒドイ人生をやらされている背後に重大な計画があって、それを完了させるためのプロセスなのだという事を知識として理解しているからかろうじて首の皮1枚ガマンして使命遂行を続ける事ができているのです。

ブログ「彼らも悪しざまに言われました」の中でも「大言壮語(たいげんそうご)」という事を書いていますが、無知な人間、何も知らない人間ほど大口をたたき、知識を得ている人間は自分よりスゴイ人たちの事を知っているからおのずと発言が謙虚になる、という事になります。

ですので霊団の言葉「絶対侮辱しないで下さい」は知識としては了解です。感情としては霊団を到底許す気にはなれません。とはいえ遠大な計画遂行という事も十分理解していますので、霊団の上部に鎮座しておられる霊格高き方々に対して侮辱的思念を抱くという事はしません、僕もさすがにそこまで愚かではありませんので。

■2021年8月4日UP■
「彼らも悪しざまに言われました」シルバーバーチ霊の言葉をタイトルに冠させて頂きました(祈)†
彼らは地上世界にいずれ実現される神のプランを読取り、その日のために物質界の子等の魂を高揚させるべく一身を擲(なげう)ったのでした。彼らも悪しざまに言われました。援助の手を差しのべんとしたその相手から反駁され嘲笑されました。しかしその仕事は生き続けました。それはちょうど、今日世界各地の小さな部屋で行われている、このサークルのような交霊会の仕事が、そのメンバーの名が忘れ去られたのちも末永く生き続けるのと同じです。強大な霊の力が再び地上世界へ注ぎ込まれはじめたのです。いかなる地上の勢力をもってしてもその潮流をせき止める事はできません…続きを読む→

子供だまし、もういい

これは「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体に十分に目が開き、洗脳を首尾よく撃ち破り、コイツらの「視点外し」の手法についても十分な理解に到達された賢明なる日本国民の方々の思念という事になります。

理解してみればこれほど簡単な事はないのです。明仁、文仁、徳仁、悠仁、コイツらのやっている事は「すっとぼけ」であり、1から100まで全てがウソ、ゴマかしであり「ガキの素行」であるとの理解に到達するのが常識的一般人の回答なのです。
「私は善人で知性があり全国民に親しまれていて尊敬されている」明仁、文仁、徳仁、悠仁が自分で自分の事をこのように言っている時点で「コイツは頭がおかしい」と思える常識的感性をいい加減に持って頂かねばなりません。皆さま宜しいですか、これは謙虚のかけらもない人間が言い放つ「原始人的発言」です。

皆さまが心に抱いておられると思われる「子供だまし、もういい」の思念、これこそ正解であり人間としての常識であり、そろそろ僕たちは邪悪の洗脳を撃ち破って次のステージに進出しなければならないのです。原始人の相手はもうたくさん。正しく死刑にして滅ぼしましょう。

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

ガンダムに合わせてたんだよ

これは「フラー」の事を言っているようなのですが、ピーチピチ(佳子)の思念でしょうか。フラーの事をガンダムのように考えていたという意味かも知れませんね。しかしだいぶ初期の頃のブログで(どのブログだったかはもう覚えてないのですが)確か僕はこういう事を書きました。

僕は守護霊様の導きの威力のおかげで霊的知識をまぁまぁ深いレベルで理解する事ができました。その知識に基づいて子供の頃に好きでよく見ていたロボットアニメのストーリーについて思い返してみると、ほぼ全て「戦争」をモチーフとしたストーリーで、とにかくムチャクチャなこじつけの敵が登場して主人公ロボットが毎週必殺技で何が何でも敵を殺す、どのロボットアニメもそういうストーリーだと感じました。
しかし【神】という共通の父から「神性の火花」を賜って個的存在を獲得し、それ以後は永遠の存在となって死ぬ事が無くなる僕たち人間は「神を共通の親とした霊的同胞、霊的兄弟、霊的大家族」であるという霊的知識を僕は獲得しました。
さらに兄弟同士、家族同士で殺し合いを行う「戦争」という愚劣なものはそう遠からず物質界から消滅するという事も知識として理解した僕は、既存のロボットアニメのような「戦争美化ストーリーを絶対に描きたくない」と、自然にそう思うようになっていきました。

ですので、僕はもうマンガ家をやめて久しいですからストーリーを描く事はないと思っていたのですが、何の因果か「イエス様ハンドリング」霊的使命遂行でアナログ絵を描き始める事となり、多くのストーリーも描く事になり「フラー」という想像だにしないデザインが誕生した事によって自動的に上記のような考えを「フラーのストーリー」の中に盛り込んでいくようになったのです。

フラーの世界観は「戦争などという愚劣なものが存在しない霊界上層界のストーリー」であり、フラーにはそもそも武装がない事、戦うためのロボットではない事、そもそも敵が存在しない事、ももちゃんやシルキーといった戦いと何の関係もない女の子が搭乗している事、などをストーリーとしてドンドン表現していきました。

で、ピーチピチ(佳子)は最初「フラー」を見た時に「あ、ガンダムのマネだ」と思ったのではないでしょうか。それはムリもない事だと思いますが、フラーの機体数がどんどん増えていき、フラーのストーリーもいろんな展開を見せていく中で、ひょっとしたらピーチピチ(佳子)が「アリ?何かガンダムと違う…」と思ってくれたのかも知れません、それがインスピレーション「ガンダムに合わせてたんだよ」の意味かも知れませんがどうでしょう。

奥さんを喜ばせる絵を描きなさい、最初のうちはつらいよ

このインスピレーションは意味の説明ができません。

畏敬の念、オッケー

これは僕の使命遂行をご覧の方の思念のようにも思われるのですが、もしそうであれば僕から最大級の感謝の念を捧げますが、このインスピレーションも深堀りはしない事にしましょう宜しくありませんので。

信じらんねーよ

これも僕の使命遂行WordPressブログをご覧の方々の思念のように思われるのですが、意味はだいたいお分かり頂けますよね。

うるせんだよ、ちがうの

これはピーチピチ(佳子)と「3千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ、大量強姦殺人魔、文仁Fumihito」との「口ゲンカ」の内容を霊団が降らせてきたものではないでしょうか。ピーチピチ(佳子)が文仁はじめ強姦殺人魔どもを「ある状況」にしようとしていて文仁が激しく拒絶している、そういう風にも見えますが実際はどうでしょう。

ブーケ英国旗、もう少々お待ち下さい、マル

これはトランス時に霊団が見せてきたイメージなのですが、花のブーケにたくさんの英国旗がリボンのようにあしらわれている、そういうイメージを霊団が見せてきました。これは英国紳士、ミスター・スピリチュアリズム、僕の支配霊モーリス・バーバネル氏に関連するメセなのですが、ブーケはもちろんフラーを表しており、英国旗がバーバネル氏という意味でしょう。

「もう少々お待ち下さい」はバーバネル氏が僕を霊媒として使用するのにもう少し時間がかかるという意味ですが、僕は過去ブログで何度も書いていますが、未だにバーバネル氏の事を信用していませんので、このインスピレーションについても冷めて受け取るようにしています。

現在描いていますアナログ絵327、328の6ページストーリーはバーバネル氏に関する内容なのですが、それを描くのがどうしてもイヤで326で別のストーリーをわざと描いた、それくらいバーバネル氏に対して不信感を抱いているという事なのです。この下のインスピレーションでさらに続きを書きますが↓

■2021年7月14日UP■
「うまくできなかった」支配霊バーバネル氏の言葉ですが、正直僕はもう信用してません(祈)†
全く何も起きなかった「大失敗」だった訳ですが、皆さまには信じて頂けないかも知れませんが、実は僕の「両腕」はすんごい状態だったのです。あれは何と表現したらいいのでしょう。トランスを維持している時の僕の両腕は、これまで生きてきて1度も味わった事のない感覚、まるで両腕が別の生き物になったみたいな、両腕に自分とは別の心臓があるような、両腕だけ別の次元に存在するような、両腕だけ別の空間にプカプカ浮いているような、そんな感じだったのです。痛いとか苦しいとかそういう事は一切ありませんでした。つまり支配霊バーバネル氏は、一応僕の腕を操作するつもりでいたが、結局「うまくできなかった」という事を言いたいのだろうと思います。うまくいかなかった原因は主にこのふたつ…続きを読む→
■2021年7月7日UP■
「これから起こる事の大変さに比べれば」現在の僕の苦しみなど取るに足らないという意味です(祈)†
実はバーバネル氏が1回だけ僕の肉の口を使って言葉を発した事があるのです。なぜ過去ブログでその事を書いていないのか、それは書きたくなかったからです。なぜならその時、僕は事情があって大泣きしていたのです。2014年1月だったかな。僕はあふれる涙を抑える事ができず号泣していました。その時です。僕の口から、思ってもいない、考えてもいない一言が飛び出したのです。最初はなぜ自分がそんな事を言ったのか理解できませんでしたが「あ!バーバネル氏が僕の肉の口を使って言わせたんだな!誰がそんな事言いたいって言った!チクショー!」と気付いて、それがショックでさらに号泣した、という事が1度だけあったのです。つまりバーバネル氏はたった1回ではあるものの僕の肉の口を使って日本語を発声する練習はしているという事になるのです…続きを読む→

11、イイよーイイよー

これは「フラー11(プティットフラー)」の事で、このフラー11は大変特殊でフラー全ラインナップの中でも「主人公機」に匹敵するくらいの特別な機体で、何とかストーリーに登場させたいとずっと以前から考えているのですがどうにも登場させる機会がなく、そして搭乗者が未だに決まらない機体で、霊体の僕が乗ろうかとか、いっそシルキーに搭乗させようとかいろいろ考えていたのですが、間もなく「フラー11ver2.0」を新規デザインする事になりそうですので、そのタイミングに合わせる形で「フラー11はバーバネル氏の搭乗機にするのが自然な流れだな」という考えが僕の中で固まりつつありました。

その僕の考えに対してバーバネル氏が「イイよーイイよー」と言ってきたという事なのですが、これはフラーがイイよと言っているのではなく(そんな事は使命遂行と何の関係もありませんからね)バーバネル氏が僕という霊媒を使用して支配霊としての仕事をするにあたって「それでイイよ」と言っているのであって、その部分の意味を間違えてはいけません。その意味については次のインスピレーションで説明しますが↓

効果は絶大という事が分かっていますので、効果は絶大ピィィィィン

これは大変重大な意味が込められているのですが事情があってなかなか深いレイヤーまで説明を施す事ができません。とはいえ少しお話してみますと、ピーチピチ(佳子)が正しい人生のルートを選択してくれて、ピーチピチの助力を得て僕が「ある状態」に突入し、その状態でバーバネル氏が僕という霊媒を使用して霊言を降らせたとしたら、その霊言、霊的知識の物質界への波及、拡散効果は甚大、絶大、という事を言っている訳ですね。

霊界側が19世紀にスピリチュアリズムを勃興させたそもそもの目的は「物質界に霊的知識を普及させる」(※こんな一言では片づけられないもっと深遠な意味が込められているのですが今は割愛)ですが、もし上記のような状況に僕が突入して霊媒発動したら、スピリチュアリズム勃興の目的をMAXで成就する事になるという事。

それでバーバネル氏は「アキトくん、キミという霊媒を正しく発動させられた暁に達成される仕事の重大性を考えたら、フラー11くらい全然イイよー、キミが私に不信感を抱いていても全然イイよー、とにかくこの重大な仕事はちゃんとやり切りましょうねーたのむわよ☆」とまぁ、だいたいこんな感じなのではないでしょうか。

このインスピレーションが降った後、さらにもう1回霊聴に「効果は絶大」と言ってきてピィィィンといつもの高い波長を降らせてきたのです。スゴイクリアで高い波長でした。霊団側の強調という意味です。

僕もその意味の重大性は重々承知していますので責任はキッチリ果たすつもりです。ただこれまで長い年月にわたってやらされてきた人生があまりにもヒドすぎたので、とにかくこの不信感は簡単には拭えないという事なのです。バーバネル氏の思念は了解ですが、とにかく仕事を早く始めてくれ、待たせすぎだ、いい加減にしてくれ、これが僕の揺るがざる本心となります。

憎まれた

これは「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁がいよいよ国民に「正しく憎まれる」という意味で間違いないでしょう。洗脳がかなりのレベルで破られているという事でいいでしょう。こんなものは破られて当然なのです。

コイツらが国民に向けて発信している情報は、どれもこれもよくよく考えてみれば「ハァ?」と首を傾げてしまう不自然、不可解なモノばかりです。それを「これはおかしいぞ」という国民の声が上がってこないように暗殺をチラつかせて脅して黙らせているだけであって、コイツらのやっている事は「ガキの脅し」「原始人の素行」だという事に気付き目覚めるのが当然の流れなのです。脅して黙らせてゴマかしているだけなのです。

みんな死人

これは「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁はもちろんの事、このバカヤロウどもを擁護し賛美し続ける強姦殺人ほう助の人間たちも含めて「みんな死人みたいな状態になる」という事を霊団は言っているのではないでしょうか。

これは僕の予測ですが要するに「死人のように一言も発しなくなる、黙りこくって弁解も何もしなくなる、全く何も言えなくなる」という意味ではないでしょうか。僕は霊団の導きに従って使命遂行していますが、皆さまはこれら強姦殺人ほう助の人間たちに対してどのような意思表示をするのでしょう。

コイツらは言わば「洗脳報道官」とも言える奴らであり、国民にウソ洗脳ニュースを流し続けて国民の認識を徹底的に捻じ曲げる仕事をする事で給料をもらって生活していた奴らです。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を許さないのは当然として、皆さまはこれらの人間に対してどのような姿勢を取るのでしょう。

※この件についても以前からずっと「あるブログ」を書くつもりで準備しているのですが未だに書く事ができません。が、霊団の意向を無視する訳にはいきませんのでまだ「待ち」の状態が続きます。

たのんだぞー

これは霊団、もっと言えばバーバネル氏が僕に対して「アキトくん仕事をやり切るぞー、重大極まる仕事だぞー、たのんだぞー」と言っているものと思われるのですが、それは究極了解です。これもやはり守護霊様のおかげで僕はこういう精神状態になる事ができている訳で、本当に守護霊様が1番スゴイというのが僕の揺るがざる本心となります。

もしくは国民の皆さまからの僕、たきざわ彰人に向けられた「たのんだぞー」という思念かも知れません、何がどう「たのんだぞー」なのかの説明は今はしないでおきましょう。が、そこは霊団主導で良きように事態が進行しますからご心配なく、今はここで止めましょう。

年賀状香世子さん

これは幽体離脱時映像だったのですが、霊体の僕のところに縁(ゆかり)ある方々からたくさんの年賀状が届けられるのです。その年賀状の束の中でもっとも目立つ1枚が「香世子さん」からの年賀状だった、という映像でした。

香世子さんについてはこれまで数えきれないほどブログで書き続けてきました、アナログ絵にも何度も描いていますよね。何しろ僕の霊性発現(2012年6月)ごく初期の時から香世子さんの顕現はありましたので関係は長いのです。これまでも本当に香世子さんにはいろいろとして頂きました。

霊関連書籍に精通すれば分かる事ですが、霊界の方々は本当に物質界の人間に様々な影響力を行使しているのだそうですが、それに物質界の人間がほとんど感応しない(気付いていない)のだそうです。僕は霊力に感応しない多くの方々に比べればだいぶ霊的事象を認識している方ですが、それでも僕が認識していない霊界からの影響力が多数あるものと思われます。

香世子さんからの多数の助力を受けているが、僕が認識しているのはその中のごく一部に過ぎない、今回の幽体離脱時映像の中にはそういう意味合いも込められているのかも知れませんね。香世子さん、またストーリーで描くわぁぁぁ♪いいわ♪いいわ♪
■2019年11月20日UP■
「ボスと最後の闘い」僕が最終決戦地に突入する幽体離脱時の映像…この通りになってもらわねば困ります(祈)†
世話役の女性として「香世子さん」がいて、女装した僕は小声で「香世子さん、僕ですよ僕」と話しかけるのですが香世子さんは怪訝(けげん)な表情で見つめ返してきて僕の女装に気付いていない様子でした。(気付かない訳はありませんよ、香世子さんは霊団の依頼を受けて出演しているのですから、僕の女装が高度だったという事を演技しているのですよ…続きを読む→
■2019年9月6日UP■
「白い宗教」中身ゼロのカラッポ宗教の映像を霊団が再び降らせてきましたが何とイエス様が登場です(祈)†
宗教とは名ばかりで教義や神についてや死後の存続についてなど、およそ宗教らしい説明が恐ろしいほどに皆無で、ただ香世子さんの美しさのみを前面に押し出して目を引かせているだけの中身カラッポの宗教だったのです。「バカ宗教」にも書きましたが、そのカラッポぶりが徳仁の頭の中とそっくりなのです。ただ今回の幽体離脱時の映像はここから違う展開を見せました…続きを読む→

バカだ

これも「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の洗脳を撃ち破って真実の理解に到達した聡明なる国民の皆さまの思念で間違いないでしょう。

「コイツら、ホントに全部ウソだったんだ、テレビで言ってる事も全部ウソなんだ、ずっとウソをつき通すつもりだったんだ、ずっとゴマかし続けるつもりだったんだ、ずっと国民を欺き通せると本気で思ってたんだ。本気でコイツらバカだ」こーゆー感じではないでしょうか。まさに正論ですね。

はい、では最後に今回のブログのタイトルに冠しましたコチラのインスピレーション↓

いよいよ存在価値がなくなっていく

についてお話をして終わりとさせて頂きますが、これはもちろん皆さまも意味はお分かりの通り↓

「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が、いよいよ「存在価値を失う」
もう国民の大多数から「コイツら必要ない」と思われている、つまり国民が正しい認識に到達しているという事
コイツらがメディアに流してくる「皇族は必要だと思う〇〇%」といった世論調査的数字も全て自演乙(じえんおつ)であり、もう誰もこんな数字を信用していない

こういう感じで間違いないでしょう。えー何度も書いていますが、僕の「イエス様ハンドリング」霊的使命遂行開始ごく初期の頃に霊団は「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の事をこのように表現してきました↓

人生イコールS〇X

さらに僕はブログでずっとこのように公言し続けています(これは霊団の言葉ではありません僕の考えです)↓

行動には動機がある
つまり「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が、自分たちが善人だと印象させるニュースを延々とメディアに流し続けるのも、自分たちが生まれた時から天才で何でもできると豪語しているのも、自分たちが「神が人間になった」と寝言をぬかしてやがるのも、Youtubeに明仁の「私はこんなにすごいんだ」という趣旨のムービーがUPされていて閲覧回数が完全にウソの数字(数百万回)になっているのも、退位、即位などという全く何の意味もない「視点外し」を実行したのも、「強姦罪」という名称を意味不明な名称に変更したのも、海外の要人が自分たちの事を天才だと褒めている記事を載せるのも、僕、たきざわ彰人を暗殺しようとして何度も裏から手を回してきたのも、僕をウソ発見器にかけて意味不明の病名を付けて強制入院とかさせようと画策していたのも、奴隷の女の子を殺しまくって遊んでいる明仁が「戦没者慰霊」をライフワークにして世界中の墓を渡り歩いてその映像を国民に見せ続けているのも、日航ジャンボ機を墜落させて自分たちの邪悪の正体を公言しようとした人間を一気に殺したのも、その他いくらでもある事と思いますが、それらの行動には全て「動機」があるという事になります。その動機こそ霊団が言ってきた「人生イコールS〇X」この言葉ひとつに集約されるのです。
コイツらの人生の目的、行動の動機は「S〇X1本」です。幼い奴隷の女の子を「処刑遊び」で四肢切断、強姦殺人し続けるために全てのウソをついているのです。抵抗する術を知らない盗んできた(パレットから買ってきた)女の子たちをレイプし続けるために生まれてから死ぬまで自分の人生の全てをウソで塗り固めるのです。コイツらは何もかも全てがウソなのです。そこまでしてウソをつき続ける理由が「S〇Xを守るため」という事なのです。
■2019年6月8日UP■
「パレットから」これは「機動警察パトレイバー」に登場する人身売買組織の事で、奴隷の女の子の入手先という意味です(祈)†
「子どもカタログ」みたいなものを作中の登場人物がPCで見ていて、子どもたちに値段が付けられている、そんなシーンがありました。まぁ「パレット」という名前は創作ですが、こうやって幼い女の子を販売している人身売買組織は実際にこの世界に存在していて、そして霊団いわく「パレット“から”」つまり強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が奴隷の女の子を手に入れる入手経路の中にパレットのような人身売買組織も含まれていると、霊団はそう言っている訳です。ってか女の子ほとんど全員パレットから買っているのかも知れません…続きを読む→
皆さま、今回霊団がインスピレーションとして降らせてきた「いよいよ存在価値がなくなっていく」こういう正しい認識に到達しましょう。そろそろいい加減に目を覚ましましょう。僕たち日本国民はあまりにも長い期間にわたってこのバカヤロウどもの洗脳にやられ続けてしまいました。それは僕を含め日本国民全体が大いに反省すべきポイントでしょう。
とにかく僕たちは洗脳にやられ続けるにもほどがありました。これは「人類の恥の歴史」だと思わなければなりません。そしてその認識に到達してしっかり反省をしたら次は「行動」に移らなければなりません。でなければ恥をかいて教訓を学んだのにそれを活かしていないという事になりますので。
さぁまずはとにかく「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁をキッチリ死刑にして滅亡させましょう。そして霊団側はその4手5手10手先を見据えて僕を導いています。その霊団の計画が達成されればもちろん皆さまにとっても喜ぶべき事態となるはずです。皆さまも霊団の導きに身を委ねてみませんか。
僕は霊的使命遂行実行者として様々なイヤな思いを味わわされていますが、皆さまは僕のような目には遭わされませんのでどうかご心配なく。さぁ実際に物的肉眼に映じる現象として明仁、文仁、徳仁、悠仁、このバカヤロウどもを滅ぼしましょう、そして日本を目に見える形で前進させましょう(祈)†
■2021年9月8日UP■
「丸10年だよ」僕の人生を完全に破壊した霊団の言葉です。軽々しく言いやがって人の気も知らずに(祈)†
丸10年だよ、皆さまどうかこの言葉を簡単にサラッと流し読まないで頂きたいのですが、これは僕の人生が霊団主導で10年間破壊され続けたという意味で、僕がこの10年に味わわされてきた最低最悪の出来事の数々を霊団が一言でコロッと片付けてきた、という意味になるのです。この僕の10年にわたる積年の恨み、どうやったら皆さまに理解して頂けるでしょう。そして、奮闘を忘れていません、これも「アキトくんの10年間のガンバリは我々は忘れていない、しっかり心に刻み付けているよ」という霊団の言葉なのですが、僕は霊団の事をいつも何と言っていますか「口だけ霊団」ですね。これぞ口だけの上っ面の軽薄発言そのものであり、さも同情的な事を言っておいて実質僕に現状の苦しい状態を続けさせようという霊団のごまかしの言葉となります。ムカムカ×1億 さらに…続きを読む→
■2021年9月3日UP■
「いい加減にしてくれジャマ」これはキリスト教の2000年の呪いという意味ではないでしょうか(祈)†
インスピレーション「いい加減にしてくれジャマ」の説明に戻ってみましょう。これはつまり霊界サイドは物質界に正しい霊的知識を普及させようとして、それこそ2000年前のイエス様の犠牲の降誕の時からイヤそれ以前からずっと仕事をしている訳ですが、キリスト教という呪いが物質界に蔓延してしまった事で霊的知識普及の大事業が遅れに遅らされてしまった。それを受けての霊界高級霊の方々の「我々には成すべき仕事が山のようにあるんだよ、そろそろジャマも本気でいい加減にしてくれ」という意味が込められているのではないかと僕は思ったのです…続きを読む→
■2021年9月1日UP■
「再生よ」明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑にすると心に決めたピーチピチ(佳子)の思念と思われますが(祈)†
殺されると分かっている女の子たちを助けようとする僕の活動が、何か間違っていますか。殺され続けている女の子の存在を見て見ぬフリをする人間と、女の子たちを助けようとする僕、どちらが正しい事を言っていますか。【神】は僕たち人間全員に「理性、良心」というプレゼントをして下さっています。「あの有名人がテレビでああ言っていたからああだと思う」「この有識者がテレビでこう言っていたからこうだと思う」ではなくて、あなたの理性、良心は「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁をどうしたいと思っていますか。僕はテレビを10年見ていません、テレビの話などしていません、あなたの心に聞いているのです。皆さま「洗脳」の意味にそろそろ目覚めて下さい。洗脳を撃ち破るキーワードは【神のプレゼント】理性、良心です。皆さま、自分の心に正直になって下さい…続きを読む→
■2021年8月28日UP■
「別姓よー」ピーチピチ(佳子)の思念のインスピレーション群の羅列だけはしておきましょう(祈)†
別姓よー だいぶ本気です 名前残すつもり ケコーンすると男の一部のように、それヤダ 前進できるのなら全然オケー よく考えた さかのぼって行けばねー ごケコーン この重さズシッと来たなぁ ムズカシイ イヤだったのだろう だいぶ心を決めた様子 お父さんのモノはあたしのモノ その重要どころを承知しています 夢にも思いませんでしたので 信じたいですね 役立つと このインスピレーションひとつひとつについて詳細説明は必要ないと思われるのですがいかがでしょうか。見ればだいたい意味はお分かり頂けると思うからです。ただ僕的にはどうも霊団からのおかしなニュアンスが含まれているように感じられてなりませんが…続きを読む→
■2021年8月26日UP■
「再生」に関する僕の理解に霊団が「正解」と言ってきました。んんん説明してみましょう(祈)†
僕たち肉体をまとって物質界で生活している人間は、たかだか70~80年の尺度でしか自分の人生を考えられませんが、霊界上層界で生活する霊格の高い方々は「人生を永遠という尺度で考えます」僕たち人間に死はありません、人間とは肉体の死後も霊界で永遠に進歩向上の生活を続ける存在ですが、霊界上層界の方々は「知識」としてそれを知っているだけでなく「永遠の人生を自分の霊体で体現している方々」ですから、当然「永遠の尺度」でモノを考える状態がデフォルトの訳です…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)