「間違いなく殺されるから」とにかく僕は何が何でも100%殺されるのだそうです(祈)†

211215間違いなく殺されるから

211215間違いなく殺されるから

「脅迫」を絶対に許してはなりません(祈)†※(黒三角)またはテキストをクリックすると折りたたまれた説明が展開します。
※僕はセブンイレブン時代(2015年5~6月頃)「3千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ、大量強姦殺人魔、秋篠宮文仁」の部下の人間(宮内庁職員と思われますが)に店内で「コロス」と脅されました。それを受けてポリーチェ(POLICE)に「脅迫罪」の刑事事件の訴えを起こしましたが、その僕の訴えは「反故(ほご)」にされ、未だに僕の訴えは無視され続けています。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁およびポリーチェ(POLICE)は完全にすっとぼけ続けるつもりという事です。そのすっとぼけ続ける行為が僕のブログの真実性を証明している事になるのです(祈)†
近々で「ある脅迫」を受けました。ブログにて詳細を書き残しています下記参照。参考資料はコチラのURLから↓
パワハラ防止法
脅迫パワハラ詳細解説■2021年11月3日UP■
「脅迫パワハラ詳細解説」この件についてしっかり書き残すべきと判断しました(祈)†
僕を含めた数人のレギュラーメンバーは全く人員のサポートがない最少人数の状況で大変な重労働を日々やらされています「この人数でこの仕事量はどう考えてもおかしい」と誰でも思うヒドイ状況で、そんな状況ですから人も寄り付きません、ますますレギュラーメンバーの苦悩は加速度的に増す事になります。そしていよいよ「脅し」が表面化してきます。その職場でもっとも役職が高い人間が、あたりかまわず従業員を脅すようになっていきました。仕事中に遠くからその役職の一番高い人間の金切り声が聞こえてきます。新入社員をどう喝しているのです…続きを読む→
「脅迫パワハラ詳細解説」今日このブログが真実である事が証明されました(祈)†■2021年11月5日UP■
「脅迫パワハラ詳細解説」今日このブログが真実である事が証明されました(祈)†
シルバーバーチ霊の言い回しをマネさせて頂くならば「正しい行い」と「脅迫、イヤガラセ」とは1本の棒の両端であり、一方があれば必ずもう一方がやってくる、正しい行いをすれば必ず脅迫、イヤガラセがやってくる、いわば「ワンセット」という事です。これは完全に「パターン化」されており、2012年以降の僕の人生経験で言うならば「正しい行い」をした後に「脅迫、イヤガラセ」を受ける確率は100%です。僕は明けても暮れてもこういうイヤな思いをさせられてここまで生きて来ましたので絶対的自信をもって断言できます…続きを読む→

ハイ今日は長文ブログは書けないものと思っていたのですが寸前になって霊団がかろうじてインスピレーションを降らせてきましたので、それについて解説をさせて頂きたいと思います。今回はそれほど長文にはならないでしょう。まずはインスピレーションの羅列コチラ↓

今回はインスピレーション削除量はすごく少ないです。つまり全然降ってきていないという事です。もう霊団にだいぶ呆れられていてさじを投げられている状況という事になります。とにかく説明に入りましょう。

直して下さいよ、確かに早いな

これは僕のブログをご覧の方々の「たきざわさん、何とか日本を正しいレールに乗せ直して下さいよ」という思念かも知れません。そして僕の使命遂行のスピードが(テキスト撃ちとかアナログ絵描画とか、要するに情報拡散のスピードという事かも知れませんが)確かに早いな、と思っておられる方の思念のようです。

僕も霊団に「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体を教えて頂いて以降、このバカヤロウどもをこれ以上のさばらせる訳にはいかないという想いでずっと使命遂行を続けてきましたので、僕自身ももちろん何とかしたいと思っているのですが、何しろ僕という人間単体では全く何の物的な力も持ち合わせていませんので、霊団の導きなくしては全く何もできない人間という事になります。

そして現在の僕は僕という人間の限界、未熟が災いして霊団からだいぶ見放されている状態ですので、そのご要望にはお答えできそうにありません。とはいえDreamwork(画家)時代に築き上げられた僕の性格として「怠惰を憎む」というものがありますので、たとえ無理でも物質界に残された最後の1秒まで「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体の情報拡散を続けるという決意、覚悟には1ミリたりとも揺らぎはありません。

↑目次へ↑

多少ちょっと悪くなる

これは僕の帰幽後の霊界生活の事で、物質界生活時の善行、悪行が霊的身体の波長を高くしたり低くしたりして、その波長に見合った境涯に自動的にひかれていくという【神の因果律】の基本中の基本の事を霊団が言ってきたという事になります。

つまり「アキトくんの反逆の思念が災いして、我々の計画通りに仕事を推進していれば辿り着いたであろう境涯よりは若干落ちているがそんなにヒドイ落ち方ではない」と、こんな感じでしょう。

僕は霊団の導きがあまりにもキビシすぎてヒドすぎてとても従いきれなくて怒り憎しみを爆発させていますので、その分霊格が落ちているという事を霊団が警告している訳ですね。

ただ僕の場合はたとえ心で反逆していても行為としては使命遂行をやめるつもりが全くありませんので(霊界では言葉より行為が重視されますので)帰幽後に僕が赴く境涯が、当初予定されていた境涯よりは若干落ちるが大した落ち方ではないという意味でしょう。

まぁこんな僕の未来に関するお話は皆さまは興味ありませんよね。これは霊団から僕に向けられたパーソナルメッセージとなります。

↑目次へ↑

援助が切れてます、果たし切る、それはできないと思う

えーこれは霊団から具体的説明があった訳ではありませんが僕の理解の範囲内で説明してみますと、いつも僕の霊聴にああでもないこうでもない言ってくる霊団は言わば「中継霊団」とも呼ぶべきグループで、この霊団が直接僕にインスピレーションを降らせる事もありますが、上層界の仮名「リーダー霊団」のご意志を僕の霊聴に届ける中継役をするのが主な仕事です。

で「援助が切れてます」というのは要するにリーダー霊団が僕の反逆を受けて引き上げている状態で、現在は中継霊団のみが残されて僕にインスピレーションを降らせている状態という理解でいいと思います。

で、さらに「果たし切る、それはできないと思う」というのは中継霊団の言葉で「このままリーダー霊団が引き上げた状態が続いて導きを受けられないのであればアキトくん、キミは使命遂行をやり切る事はできないと思うよ」という意味でいいでしょう。

霊の導きの威力なしにはこの使命遂行は達成できないよ、という霊団の警告という事になります、そしてこの警告に僕は激しく了解するのですが(僕単体では何のチカラもありません、それはこれまで徹底的に思い知らされていますので)何しろ僕の心と正反対の事を10年言われ続けていますのでムカついてムカついてどうしようもないんですよ困りました。

↑目次へ↑

ブログを書いて下さい、当分絵を描く事になる

これも中継霊団の言葉と思われます。僕は霊団への反逆でインスピレーションを無視してクロッキーにメモしないという事をやりました。これが相当に宜しくなかったようで、リーダー霊団が完全に引き上げてしまってインスピレーションが降らなくなれば僕はブログを書けなくなりますので絵ばかりを描く事になるという意味です。

僕は使命遂行をやめるつもりは毛頭ない事を書きました、ですのでインスピレーションが降らなくなっても画像による情報拡散は続ける事になります、霊団がその事を言っている訳ですが残念ながらブログよりは威力(拡散力)が落ちるという事を言いたいのでしょう。

↑目次へ↑

まぁ反逆しようがしまいがどのみち閉じ込められる事になる

これは霊団からのインスピレーションではなく僕の思念なのですが、あえて紹介させて頂きます。これがどういう意味なのか図を描いて説明するつもりだったのですが今日の霊団のインスピレーションを受けて図を描く気が失せてしまいましたのでテキストのみで説明させて頂きます。(制作途中の画像をUP、これに色を塗ってテキストを付加して完成させるつもりでした)

まず中央のピクトグラムが僕、たきざわ彰人(アキト)で、僕が進むべき人生のルートを図で表現しています。まず上、右、左に半透明の壁がありますが、これが「人生の別ルート、別の可能性の方向」で、その別ルートが壁で遮断されていて通れないようにさせられているという意味です。

僕は霊性発現してからのこの10年間、何度もDreamworkに戻ろうとしたり、人生の別ルートを模索して実際に行動を起こしたりしましたが、そのたびに霊団に警告を受けて(脅しと言ってもいいかも知れません)ことごとくやめさせられています。つまり「使命遂行以外の人生のルートの芽を摘まれ続けてここまで来ている」という事です。

ありとあらゆる別ルートの可能性の芽を摘まれ続けて現在はほとんど可能性が残されておらず、結果的に霊団の策略の通りに現在の状況に閉じ込められています。それが僕の霊団に対する怒り憎しみの源泉となっています。

そしてピクト後方に分厚いコンクリートの壁がありますが、これが「回れ右をしてすっかり霊的な事から背を向けて霊性発現以前の物的状態に戻る人生のルート」という意味です。

皆さまには理解が難しいかも知れませんが、霊的知識を理解、獲得し、霊力に感応できるようになった人間が全く回れ右をして物的生活に戻るというのは「愚かの極みの選択」という事になり、通常はこのルートを選択する事は有り得ません。退行、退化そのものだからです。

僕も霊団に反逆こそしていますがまさかこの回れ右のルート選択をするほど愚かではありませんので「このルートは有り得ないよ」という意味で突き抜けられない分厚いコンクリートという描写をしています。後ろに道はない、過去に戻るなど無意味の極致、ではこれまで一体何のために努力を重ねてきたのか、という事になりますので。

で、ピクト前方に二重矢印が示す視野が開けたルートが伸びていますが、これが「使命遂行一本道」で、ピクトの僕の眼には、そのルート上に待ち受けるあんなヒドイ事、こんな最悪な事が見えます。この一本道を進むとああいうモノと直面させられるという事が分かっていますのでピクトの僕はなかなか前進の1歩を踏み出せず躊躇しているという図になります。

確かシルバーバーチ霊も仰っていました、イヤ、インペレーター霊だったかな「霊的進歩向上を目指す者には進むべき道は1本しかなく、過去の聖者、聖賢と同じ苦難の道を進む以外に向上は有り得ない」この言葉が真実である事を僕はこの10年の霊的生活で徹底的に思い知らされている、という図になります。

霊関連書籍を紐解くとだいたい「自由意思」という文言が登場しますが、実は霊的進歩向上を目指す者にとっては自由意思はあってないようなもので、霊の導きに従う以外に向上は有り得ない、それ以外の方法はないのです。確か霊性発現初期、相当昔にそういうツイートをしています。んーチョト探しましたが見つけられません。

↑目次へ↑

どーしょーもなく身軽になります

211215どーしょーもなく身軽になります

これが霊団から僕に向けられた「残念でした」というインスピレーションで帰幽後の僕の人生の事を言っているのです、こういう感じに→「導きに反逆したキミはもう重要な仕事を任される事はないよ、責任の全然発生しない軽くてどうでもいい仕事だけをやって気楽に生きる事になるよ」という意味でいいでしょう。

お読みの皆さまの中には「気楽でいいじゃないか、何が残念なんだ?」という方もいらっしゃるかも知れませんが、霊界生活とはやる気に燃えて能動的に忙しく立ち働く「動の世界」です。怠惰は退化、後退を意味します。霊的向上を目指す者はやる気に燃えて忙しく活動するものなのです。

僕も怠惰を憎む性格ですので帰幽後に「できる事は何でもやってやる」と思って意気込んでいるのですが、僕の意思に反してもうそういう機会は与えられない、キミは当分残念な人生を送る事になるよ、という意味となります。反逆の代償という事でしょう、これは自己責任ですから仕方ありません。

↑目次へ↑

達成、完全に帰幽です

211215完全に帰幽です

これが意味が分からないインスピレーションとなります。以前でしたら「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁、死刑、滅亡つまり帰幽決定、使命遂行完全達成、このように書くところなのですが、このインスピレーションは現在の僕の反逆にまつわる内容と思われますので「僕が帰幽」という意味なのでしょう。

で、僕の帰幽ですが「暗殺」とは違うのではないかと考えます。イエス様が僕を帰幽させるという意味のようにも思えます。その説明は次のインスピレーションにてさせて頂き、もうひとつ「達成」ですが、これが全く意味が分かりません。んーチョトだけ思い当たる節もあるのですが説明は控えます。

↑目次へ↑

子供に用はない

211215子供に用はない

これが(先ほどリーダー霊団の援助が切れているとお話しましたが)一応イエス様の思念として中継霊団が届けたインスピレーションなのではないかと思っています。これはつまり導きに反逆している僕に対してイエス様が「使えない道具はもういらない」とさじを投げたという意味で間違いないでしょう。

僕が子供なのは全くその通りであり一切否定しません、僕がそもそもこのような責任重大な仕事を賜るような器の人間ではなかったというのはイエス様その他の方に言われなくても自分でそのように思っていますので了解です。僕の人間的成長度の限界という事になります。

ただブログにはどうしてもこのように書き残す事とします。キビシすぎるんですよ。厳しすぎるんですよ。メチャクチャすぎるんですよ。人生を破壊しすぎなんですよ。人の心を無視しすぎなんですよ。とてもついていけません。

ただし僕は霊的知識をまぁまぁ獲得、理解しています。「己を捨てる者ほど己を見出す」という言葉の意味が今の僕なら骨身に沁みて理解できます。しかし自己犠牲、滅私の程度が甚大すぎる。ここまでやらなきゃいけないのか、この導きに従える人間なんて果たしているのか。

僕はパウロも口に出さなかっただけで心の中は怒りでいっぱいだったと予測します。ただパウロは大量殺人者ですからその罪の意識が逆説的原動力となってイエス様のご意志を果たし切る事ができたのだと思いますが、僕は何も悪い事はしていませんのでそこまでの心の境地には到達していないという事かも知れません。

ただシルバーバーチ霊は「あなたに背負えないほどの重荷は決して背負わされません、あなたの能力で遂行できる分量の荷物が与えられるようになっています」確かこんな感じの事を仰っていました。つまりイエス様がここまで厳しくするのは「僕にはそれが耐えられる」と思ったからなのかも知れません。イヤーやりすぎだと思います。

んー言い訳はここまでにしましょう、僕が未熟者という事です。それが全てです。帰幽後の僕は残念な人生が待っています。ただし物質界に残されている間は僕にできる限りの事をやります。使命遂行を投げ出すという選択肢だけは絶対にありません。それから先の事は全てお任せ致します。

↑目次へ↑

※失敗して生き続けるというものはありません、残されてゴールします

211208失敗して生き続けるというものはありません

コレは実は先週のインスピレーションでして、先週は別の作業をやってしまったのでこのインスピレーションの説明をしなかったのですが、今週のインスピレーションと見比べてみると「意味が正反対」である事がお分かり頂けると思うのです。

つまり暗殺はないよ、物質界に残されてゴールに到達、つまり「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を間違いなく死刑、滅亡に追い込む事ができ、奴隷の女の子たちを無事に救出完了させられる、そのように意味を受け取れるのですが、イヤおかしい、霊団は奴隷の女の子を助けるつもりが全くないという意味のインスピレーションを数えきれないほど受け取ってここまで来ています。意味が矛盾します。

先週は僕の帰幽はないと言っている、今週は僕が帰幽すると言っている、さぁどういう事なんだ、コイツぁーおかしいぞ、となる訳です。

↑目次へ↑

間違いなく殺されるから

211215間違いなく殺されるから

はい、では最後に今回のブログのタイトルに冠しましたコチラのインスピレーション「間違いなく殺されるからについて説明をして終わりとさせて頂きますが、これも以前でしたら「僕が暗殺される」という風に意味を受け取っていた事と思いますが、今回はもう少し深読みした説明をしてみましょう。

実はこのインスピレーションは霊団から何度も聞かされていた事なのですがこれまで1度もブログに書いた事がない意味について言っているのです。えー説明がムズカシイですが何とかお話してみますと、僕は霊的使命遂行で「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑、滅亡させようと自分の人生を捨てて活動していますよね。

そしてその大目標の達成にあたって僕が「ある場所(つまりピーチピチ(佳子)のいる場所)」に赴く事がもしあるとしたら、僕は↓

とにかく何が何でも100%殺されるのだそうです

僕が赴くかも知れなかったその場所は、僕を殺したい人間(つまり「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を何が何でも守り通そうとしている人間)であふれかえっていますから、みんなで一致協力して僕を完全に殺しにかかってくるのだそうです霊団によると。これは以前からずっと言われ続けていました。

毒殺だのうしろから銃で撃って来るだの日本刀で切りつけてくるだの、これまでありとあらゆる映像を見させられてきています。何しろその敷地内の全員が僕を殺そうとしていますから霊団も到底かばいきれないという事のようなのです。

もちろんその僕を殺そうとしているメンバーの中にピーチピチ(佳子)も含まれているという事になります。僕をダマし撃ちで後ろから殺すのにピーチピチほどうってつけの人物はいませんからね。それで霊団は僕を現在の状況に閉じ込め続けようとして、僕が大キライな映像をひたすら見せてきて、それで僕にここまで憎まれるに至っているという経緯なのです。

行ったら100%殺されるからここにいなさい、我々はキミを守っているんだよ、霊団はそう言いたいのでしょうが、それはつまり奴隷の女の子たちを完全に見殺しにすると言っているのと同じ意味となります。それで僕は最大級に頭にきている訳です。

現在の霊団は、もう全然使命遂行を達成させるつもりがない、物質界の邪悪を滅ぼして積年の問題を解決させるつもりが全然ない、僕という道具を駆使して事態を進展させるつもりが全然ない、そして僕がとにかく何よりも1番許せないのが↓

霊団は奴隷の女の子たちを助けてあげるつもりが本当に本当に全くないという事が完全に分かった

という事で、僕の霊団に対する怒り憎しみは何をどうやっても払しょくできません。抵抗する術を知らない幼い女の子ひとり助けてあげる事もできない奴ら(霊団)が「我々は世界(物質界)を救う事ができる」などと豪語したとして↓

小さな女の子ひとり助けてあげられない奴が一体どの口でそのセリフを言ってやがるんだ?

どうしてもこういう風になってしまうのです。僕の反逆の真意、霊団に対して抱いている怒り憎しみの感情の意味を皆さまに理解して頂こうとは思いませんが(宜しくない思念ですからね)このような説明をする事で少なくとも↓

まぁあなたが怒るのもムリもない

そのように少しでもお感じ頂けると僕的に相当心が救われるのですがどうでしょう。まぁ霊団も何とかしようと思ってはいるんだと思います(それっぽい事も少し言ってきていますので)しかし僕が殺されてしまったら使命遂行もへったくれもなくなってしまいますので現状は僕をこの場所に閉じ込める方向に導いている(そうするより他ない)という事なのでしょう。返す返すも僕が言いたいのは↓

ココまで物質界の邪悪がはびこりまくってしまった、邪悪の洗脳が全世界に浸透しまくってしまった、今や全世界の人間が強姦殺人魔の事を善人だと勘違いさせられている。この強姦殺人魔の邪悪の正体を公言するとたちまち変人扱いされる。
ココまでヒドイ状況になる前に地球圏霊界の経綸責任者である霊界上層界のあんたたちは一体何をしてきたのか。その経綸責任を問われるべきではないかと僕はどうしてもそう考えてしまうのですが…。
もちろん霊界サイドも何もせずに手をこまねいていた訳ではなく「スピリチュアリズム勃興」という大プロジェクトを物質界に浸透させました。しかし僕の肉眼にはその活動が広がっているようにはまるで見えません。人類全体の99%の人間が霊的な事に全くの無知で真実を全く理解せずに盲目の生活をしています。

ココまでひどくなる前に何か手を撃たなかったのはどう考えてもおかしいだろうと、そう言わない訳にはいきません。んーこれはちょっと意味が違うかも知れませんが、イエス様の僕に対するあまりにもキビシすぎる尋常ではない導きも、もしかしたらそういう危機的状況を打開するための必死さを表している、なんて事もあるのかも知れませんが、これはちょっと違うかな(祈)†

↑目次へ↑

■アナログ絵332「フラー21キャラ イチゴちゃん設定資料」インナーフレーム採用(祈)†■2021年12月12日UP■
■アナログ絵332「フラー21キャラ イチゴちゃん設定資料」インナーフレーム採用(祈)†
さぁ使命遂行にあたって怒涛にデザインを続けてきた「フラーのバリエーション」に新たな展開となるでしょうか。今回はフラー15の時にどうしても外見をかわいくデザインできなくて泣く泣くボツにしたキャラ「イチゴちゃん」を「インナーフレーム」とも呼ぶべき機構を採用する事によって何とか実現にこぎつけました。これはインナーフレーム内で変形を完了させる構造にする事でイチゴちゃんの外観部分にメカメカしいパーツが露出しないようにして、イチゴちゃんの外観のかわいらしさを何とか維持しようとしたギミックとなります。イチゴちゃんの外側がパカッと開いてインナーフレーム内で変形が完了して再び外側がパコッと閉じるのがお分かり頂けるでしょうか…続きを読む→
「みんな心の底ではイヤがってるんですよ」天皇一族に対する皆さまの本心です(祈)†■2021年12月1日UP■
「みんな心の底ではイヤがってるんですよ」天皇一族に対する皆さまの本心です(祈)†
コイツらは普段一体何をして生活してやがるんだ?というシンプルな疑問が湧いてくる事と思います。皆さま宜しいですか「公務」は仕事ではありません「自演乙(じえんおつ)」の偽装工作です。自分たちが何か特別に選ばれた偉い人間であるかに思わせるための洗脳工作です。断じて公務は仕事ではありません洗脳です。つまり「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は生涯で1度も仕事をした事がないという事になります「では、コイツらは仕事もせずに普段は一体何をして生活しているんですか?」その疑問に対する回答がこうです。1日中奴隷の女の子をレイプして遊んでいるんですよ…続きを読む→
「何であたしがこんな重荷を背負わなきゃいけないの?」シルキーが悪用されるという意味です(祈)†■2021年11月24日UP■
「何であたしがこんな重荷を背負わなきゃいけないの?」シルキーが悪用されるという意味です(祈)†
僕を殺して口を利けないようにしてからシルキーを盗む、という意味で間違いないものと思われます。この「家族の一員に」というのは「デ〇〇ニー」の事を言っているような気がしてなりませんが。つまりデ〇〇ニーが僕の反論がない状態でシルキーのキャラクターを完全に書き換え霊的意味を完全に抜け落ちさせ、シルキーが我々のキャラであると世界中を洗脳する作品を発表する事によって僕、たきざわ彰人の存在を世界中の人間の脳内から消させる、という意味ではないかと思われます。そしてトランス時に霊団が見せてきた映像で、シルキーが「何であたしがこんな重荷を背負わなきゃいけないの?」とすごいイヤそうにしていたのです…続きを読む→
■2021年9月22日UP■
「実際に戦争に送ろうと思ってるんだよ」明仁、文仁、徳仁、悠仁が僕を体よく殺そうとしているのです(祈)†
皆さまは「戦争」というものを「勃発してしまったら国民は戦争に赴かなければならないものなんだ、イヤでもやらなければならないものなんだ」みたいに考えておられますか。皆さま霊的知識をお勉強して下さい。その考えは1億%間違っています。僕たち人間は年齢、性別、人種等に関係なく全員が【神】から「神性の火花」を賜って個的存在を獲得した「神を共通の父(親)とした霊的同胞、霊的兄弟、霊的大家族」です。霊的知識を正しく理解すると、戦争で敵国の兵士を殺す事は「自分の家族を殺す事と同義」という事が理解できます。戦争というものは無知から生じる大変愚かな行為という事になります。そして僕は以前「コロナウソ」に関してこのような事を書いた事がありますが…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)