2017年10月18日にUPしたブログ「人間として許せない」ピィィィンと霊団が波長でこのインスピレーションを強調してきました(祈)†

2020年7月10日

【「人間として許せない」ピィィィンと霊団が波長でこのインスピレーションを強調してきました(祈)†】こちらのインスピレーション「人間として許せない」ですが、これは奴隷の女の子のアナログ絵を皆さまがご覧になって【処刑遊び】の→

→悪の実態をさらに正しく深く理解して下さり、このように思念を抱いて下さった、それを霊団が僕の霊聴に響かせてきたという事なのですが、クロッキーにメモしたこの「人間として許せない」の部分を僕が凝視していた時に、霊団がいつもの「ピィィィン」という高い波長を霊聴に響かせてきたのです。

波長は「肯定」の意味です。つまり霊団が「みんな強姦殺人魔、天皇一族を許せないと思ってるわよ♪」と強調してきたいう事です。強姦殺人魔を許せない…何て正常な思念でしょう。本当に皆さまの仰る通りですね。

はい、ご覧の皆さま。何度もブログにて公言させて頂いています通り、強姦殺人魔、天皇一族の【滅亡】は既に決定しています。あとはその滅亡の到来を1日でも早めるために全力を尽くす状況という事なのですが、霊団からはさらにインスピレーションが追加で降っています。

僕、たきざわ彰人は1歩も退く気はありません。霊団からの情報をブログにて公言し、皆さまと共有する事によって強姦殺人魔、天皇一族の滅亡を1分1秒でも早く実現させるために、今回のブログでも皆さまに天皇一族の悪の正体に関するインスピレーションをご紹介したいと思います。

まずコチラ「引退かも、かなりこっぴどく」えー、引退の意味がいまいちよく分からないものの、要するに強姦殺人魔、天皇一族が「辞めさせられる」という意味でしょう。辞めさせられるなどという生ぬるい対応ではなく「逮捕」にして下さい霊団。そして「かなりこっぴどく」これは天皇一族の悪の正体を→

→理解した国民に、かなりこっぴどく叩かれるという意味でしょう。それは素晴らしい。総殺害数487、こいつらは信じられない人数の女の子を遊びで四肢切断、強姦殺人して死肉を喜んで食べている「人間のクズ」です。この悪魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を絶対にこれ以上許し続けてはなりません。

次のメセ「ギブアップ、逮捕されます」これは天皇一族がイエス様ハンドリングにギブアップ、逮捕されるという意味ですが、霊団はいつもこのように仰いますが物的には一向にそのようになっていません。この強姦殺人魔、天皇一族は何度となく僕を暗殺しようとしてきました。

しかし天皇一族が僕を暗殺する計画に関する思念を抱くたびに、僕にその暗殺計画の内容のメセを降らせて僕にその旨ブログを書かせて、そのつど暗殺を回避してきました。とにかく天皇一族は自分たちの悪の正体が国民の間に広まる事を避けようと裏から手を回してきたのです。

しかし物的手段で霊のインスピレーションを止める事はできませんし、何より僕が「帰幽カモン」死の恐怖を完璧に克服していますので、暗殺の危機に身を晒しながらも徹底的に公言を続けて、多くの国民の皆さまに天皇一族が強姦殺人魔である事をご理解頂く状況にまでなった、という事なのです。

続いてコチラ「交代します、やんなきゃよかった」えー、この交代とは要するに強姦殺人魔、天皇一族と僕が交代…という事なのですが、これは詳細説明はよしましょう汗。「やんなきゃよかった」これは文仁の思念でしょう。「誰が原因だ?」とも霊団は仰っていますように、今回、霊の道具である僕に→

→自分たちの邪悪の正体をこれほどのレベルで完全にバラされてしまった、その根本原因は、文仁が赤ちゃんのピーチピチ(佳子)を盗んだ事にあるという事です。奴隷の女の子を盗み続けてレイプするに飽き足らず、文仁はついに実の娘でも「赤ちゃん泥棒」をやってしまったのです。

全てはS〇Xのため、幼い女の子をレイプし続けるために、ついに実の娘でも奴隷の女の子と同じ事をやってしまったのです。そのピーチピチ(佳子)の存在が自らの破滅を招いたのです。この文仁こそ、3千余年の人類の歴史上、最大級の究極の【バカ】という事です。

「やんなきゃよかった」実の娘で奴隷の女の子と同じ事をやんなきゃよかった、という文仁の思念ですが、要するに文仁は「調子ぶっこいてた」訳ですね。自分たちは何をやっても許される、脅せば何でも思い通りにできる、そう思っていたからこそ、自分とも紀子とも全然似ていないピーチピチ(佳子)を→

→盗んで娘にした訳です。脅せば国民をごまかし通せる、俺に逆らえる奴なんてこの世界にいる訳がない、そういう甘い考えだったのでしょう。文仁、残念だったな。僕という霊の道具には脅しは1ミリたりとも通用しないんだよ。「人類の恥」は地獄へ落ちろ。

次のインスピレーション「完璧に機能しました、行ってみよっか」これは霊団から僕への言葉ですね。僕という道具が完璧に機能して(つまり霊団の導きに苦しみながらも従い続けた事によって)霊団側が意図した通りの結果を招来する事ができた、という意味です。それはつまり、→

→強姦殺人魔、天皇一族の滅亡を「前座」として、僕を霊媒とした交霊会を行い「人類未踏の宇宙」等々の新時代の霊言を降らせる、さぁアキトくん行ってみよっか、という意味ですね。えー、ブログで散々書いてます、僕は霊団に対しては激しい怒りの念を持っていますが、→

→地上に残された意味は完全に果たさせて頂きますので、僕からの回答は「霊団、了解です!」という事になります。霊団、交霊会、とにかく早くやりましょう。これ以上待たされるのは本当にもうウンザリですので。

さらにコチラ「やっと言ったか、コレ実話です」これは天皇一族が自分たちの邪悪の正体をようやく認める発言をする、そしてそれが全て実話であるという意味です。僕はブログを2回消去させられています。ツイッターアカウントも1回消去、1回永久凍結させられ、ブログ、ツイッター共に現在3回目→

→という事になります。しかしその過去2回のブログで書いた内容は全てテキストとして完全に保持していますし、過去アカウントでのツイートの内容も全て、ひとつ残さずテキストとして保持しています。つまりいつでも再UPできるという事ですが、そのブログを書いた時の状況と現在の状況が→

→だいぶ違いますので、ブログの再UPは必要な時のみに限定して行っています。えー、つまり何が言いたいのかと言いますと、僕は1歩も退く気がないという事です。強姦殺人魔、天皇一族がどれだけ僕を脅してきても、ブログ、ツイッターを消去させられても【フェニックス】何度でもよみがえって→

→イエス様との約束を果たすべく使命遂行をするのです。つまり強姦殺人魔、天皇一族は、自身の悪業を認めて逮捕されるという未来以外にない、逃げ道はない、イエス様ハンドリングから逃れる方法はこの物質界に存在しない、という事です。

そしてコチラ「神への冒涜、これまでの経緯はコチラ」神への冒涜は天皇一族の悪業の事です。何度も公言していますように、僕たち人間は【神】から【神性の火花】を賜って個的存在を獲得した、神を共通の父とした霊的同胞、霊的大家族であり、僕たち人間は神の御前において絶対的に平等です。

誰かが誰かを殺しても許される、という事は絶対に有り得ないという事です。奴隷の女の子たちも【神の子】です。その神の子を遊びで強姦殺人しまくっている天皇一族の蛮行が「神への冒涜」という事なのです。まぁこれは何も霊関連書籍に精通して霊的知識を深く理解していなかったとしても、→

→誰でも同じ結論に辿り着く事ができますよね。強姦殺人魔を許さない、究極に当たり前の事です。えー、そして「これまでの経緯はコチラ」ですが、先ほども過去ブログのお話をしましたが、基本的に消去させられた過去ブログは再UPしません。現在のブログを読み下っていくだけでも→

→十分に天皇一族の滅亡ストーリーを皆さまにご理解頂けると思いますので。ブログは「Tumblr」と「ar7ブログ(fc2)」がメインです。2015年12月から現在まで書き続けた膨大な量のブログ、これを全て皆さまにお読み頂くのは相当難しい事と思いますが(笑汗)→

→消去させられた過去ブログを再UPしなくても、現在のブログで十分に「天皇一族滅亡ストーリー」をご理解頂ける事と思います。もし興味を持って頂けましたら、アーカイブから過去のブログを読み下ってみて下さい。
たきざわ彰人Twitter
twitter.com/ar7_akito/with_replies

たきざわ彰人Tumblr
akito-takizawa.tumblr.com/
ar7ブログ
ar7.blog.fc2.com/archives.html
facebook
www.facebook.com/ar7.akito.takizawa
flickr
www.flickr.com/photos/150408293@N05/

さぁコチラ「楽しいな、たどり着いてる」この「楽しいな」は霊団のご意思です。僕は霊団の導きのあまりの厳しさに、霊団に対して激しい怒りの念を抱いていますが、霊団は僕という道具を駆使して霊界サイドが長らく頭を痛めていた積年の悲願が成就された事に対して、大変喜んでおられます。

ブログでも、イエス様から賜った光栄な喜びの言葉をいくつも紹介させて頂いていますね。神の子である奴隷の女の子を遊びで強姦殺人しまくる悪の大中心、天皇一族を滅亡させる事ができて、イエス様も霊団も大変喜んで下さっているという事なのですが、「たどり着いてる」これは→

→強姦殺人魔、天皇一族を滅亡させ、それを前座として交霊会を行う、そのステージに辿り着いているという意味です。ふぅ…霊団が僕を霊媒として使用するというメセは2013年初めから降っています。もう何年経ちましたか。いつになったら僕という霊媒を使用しますか。霊団、本当に早くして下さい。

続いてコチラ「シルバーバーチ霊、威力UP、シルバーバーチ終わります、がんばろう」えー、これは僕が毎日怒涛ツイートしている霊関連書籍の抜粋を多くの方がご覧になり、天皇一族滅亡ストーリーと絡める形で霊的知識にも興味を抱いて下さり、シルバーバーチ霊の霊言の内容が威力を増して→

→人々の心に刻まれている、そういう意味で間違いないでしょう。ただシルバーバーチ霊の言葉を抜粋するよりも、天皇一族滅亡ストーリーと連動させてツイートした方が威力が何十倍にも跳ね上がる、きっとそんな感じでしょう。うーん、これは素晴らしい。

そして「シルバーバーチ終わります、がんばろう」これは僕の怒涛ツイートが終わる、そして霊団が僕に向けて「交霊会がんばろう」と仰っているのでしょう。つまり僕という霊媒から霊団が降らせようとしている霊言は「nextシルバーバーチ」という事にもなるでしょう。シルバーバーチ霊が滅私の→

→究極形で地上にもたらして下さった珠玉の霊言より、さらに1歩進んだ内容の霊言が降ってくる、本当に楽しみです。僕個人としても早くその「新時代の霊言」を読みたくて聞きたくてたまりません。霊団、本当に強姦殺人魔、天皇一族の滅亡、早くして下さい。そして交霊会を高頻度でやりまくりましょう。

次のメセ「スイマセン、当たり前だ!」これは強姦殺人魔、天皇一族が国民に向けて全く反省の様子のない感じで謝罪して国民の怒りを買う、そういう意味でしょう。明仁、文仁、徳仁、悠仁は自分の事を何か特別に偉い存在だと勘違いしていますので、絶対に!絶対に!反省しないでしょう。

たとえ反省の言葉を述べたとしても、それは宮内庁が用意した謝罪原稿を読み上げているだけであり、当の本人は全く!まるっきり!反省していないのです。つまりどういう事かと言いますと、こいつらに情状酌量の必要は全くないという事です。

どんなに口で優しく「あなたたちのした事はこうこうこうでとっても悪い事なのよ」と説明してあげても馬の耳に念仏、右の耳から聞いて左の耳にスルーしていく事でしょう。心が無いと言い換えてもいいでしょう。つまり徹底的に地獄を味わわせる以外にこいつらを反省させる方法はないという事です。

僕は霊的知識を深いレベルで理解している関係で「死刑」制度には基本的に反対しています。死刑では犯罪者を霊界送りにするだけで、何の問題の解決にもならない事を霊的見地から理解しているからですが、この天皇一族の処遇に関してだけは、それをあてはめなくてもいいのではないかと→

→個人的には思っています。まぁこの辺も霊団にお任せすれば、最適な方法で強姦殺人魔、天皇一族を罰する事をして下さる事でしょう。【神】の因果律は修正、変更がつきものの不完全な地上の法律とは違って完璧に公正、公平なのですから。

そしてコチラ「落ちる、終わりでございます」これは強姦殺人魔、天皇一族が死刑となって帰幽後に落ちて行く地獄の境涯の事を霊団が仰っているものと思われます。ブログで説明もしていますが、この天皇一族は「地球圏霊界」を追放されます。つまり完全に「人間終了」にさせられるという意味です。

次は…えーっと…「昔の手法で、ホントはアントワールのお嬢さん」これは昔のアニメ「小公女セーラ」のように、高貴な家柄のセーラが奴隷の生活をやらされていたが最後に大逆転した、そんなストーリーの事を霊団は仰ってるのでしょう。アントワールの意味が分かりませんが笑、→

→要するに奴隷の女の子たちが酷い扱いを受けていたところから大逆転して一躍脚光を浴びる、そういう事なのではないでしょうか。これは僕個人としてもぜひそうしてあげたいのです。霊団は以前「1度も外に出なかった少女たち」とインスピレーションを降らせ、同時に写真集のような書籍のイメージも→

→霊視に降らせてきた事がありました。僕は奴隷の女の子たちの様子をブログでUPしまくり、女の子たちの笑顔がいっぱいの写真集もぜひ出版してあげたいと本気で切望しています。奴隷の女の子たちは「愛情」を受けた経験がありません。そんな女の子たちに僕にできる精一杯の事をしてあげたいのです。

そしてできれば、交霊会のサークルメンバーとなって霊的知識を正しく獲得し、将来は「聖女隊†」となって霊的知識の普及活動を受け持って欲しいと…僕的には願っていますが(コチラ bit.ly/2i12wZq で少しお話しています)→

→女の子には女の子の夢がありますので、こればっかりは何とも言えませんね笑。でも霊団にお任せすれば、奴隷の女の子たちの心も霊的な方向に開いていく事は間違いない事と思いますので、僕の帰幽後、聖女隊、いわゆるスピリチュアリスト活動をきっとしてくれるのではないかと思っています。

続いてのメセ「助けてあげて、お願いします」これは僕が描き続けている奴隷の女の子の惨状のアナログ絵をご覧になった国民女子の方々が「女の子たちを助けてあげて」と思念を抱いているという事です。もちろん了解です。ブログ「黒歴史終了 bit.ly/2vr9Z9A 」→

→でも同様に女子の方々の思念を紹介させて頂いていますし、さらにこちらのMP3「奴隷の女の子たちが全てのキー bit.ly/2hvS9cp ※スマホでお聞き頂けない場合は面倒をおかけしますがPCならお聞き頂けます謝」の中でも、→

→政治の人間たちは強姦殺人魔、天皇一族と完全に「グル」であり、この問題を解決する能力が全くない事をお話させて頂いています。善良なる国民女子の方々をはじめとした、僕たち国民が、幼い奴隷の女の子たちを助けてあげなければならないのです。

政治家男子、宮内庁男子、ポリーチェ(POLICE)男子、誰一人として奴隷の女の子を助けようともしないのです。この異常事態をこれ以上続けさせてはなりません。僕という霊の道具が地上に残されているこのタイミングで何としても!必ず!奴隷の女の子たちの救出を完了させねばなりません。

はい、ではここでさらに、幽体離脱時に拝した気になるムービーについてもご紹介させて頂こうと思います。その、離脱して霊体をまとった僕が訪れた場所は、強姦殺人魔、天皇一族の邪悪の正体がすっかり人々に知れ渡った状態の日本国内でした。しかしその中でたったひとり、→

→強情にも強姦殺人魔、天皇一族を諦め悪く「賛美」し続ける細身のスーツの女性の姿がありました。その女性は人々にすっかり取り囲まれ「まだ寝言を言ってるのか、もうみんな分かってるんだよ、お前もそろそろいい加減にしろ」みたいにたしなめられるのですが、→

→その女性は頑として天皇の賛美をやめようとしないのです。えー、その女性が誰なのかは僕にも分かりませんが「皇室ジャーナリスト」のような女性でしょう、きっと。そしてこれだけ天皇一族が強姦殺人魔だとバレまくっているのに古代臭漂う賛美を続けるその様子は、→

→天皇一族の脅しに怯えているように映りました。とにかく天皇一族のコミュニケーションスキルは「脅す」これだけですからね。この女性も天皇一族からの脅しを長年受け続けた事によってすっかり感覚がマヒしてしまったのでしょう。思考停止のような状態で、ただ脅しに怯えながら→

→呪文のような天皇賛美の言葉を機械的に繰り返しているのです。何とも物悲しいムービーを拝して僕は肉体に帰還しました。するとトランス時に「天皇かばう最後のバカ」と霊団が霊聴に響かせてきました。きっと実際にこういう女性がいるのでしょう。

まぁ僕からその女性に言いたい事としては「いつまでもやってて下さい」ですね。僕は理性的思考、判断ができない方とは一切お話しません。こういう話の通じない人間は女子と言えども完全にオールスルーです。1ミリたりとも相手にしません。

はい。強姦殺人魔、天皇一族が滅亡決定である事をさらにさらに長々と説明させて頂きましたが、今ブログのタイトル「人間として許せない」のインスピレーションを受け取った時、続けて「バッチリだ」とも霊団は降らせてきたのです。つまり霊界の方々が霊眼でもって地上を眺めた時、→

→人々の心に天皇一族の悪の正体が正しく行き亘っている事を見て取って「バッチリだ」と仰っている訳ですね。我々の悲願はアキトくんという道具を介して成就された、強姦殺人魔は世界から消える、そういう霊団のご意思という事です。

さらに今日のトランス時(眼を閉じた有意識状態)「もう終わった、喜んで、もう大丈夫だよ」と霊団がダメ押しともいえるメセを降らせてきました。霊団が僕に向けてこのように仰っているのですよ。これ以上の言葉があるでしょうか。もう強姦殺人魔、天皇一族は完全に滅亡決定という事です。

その仕事をなさったのはイエス様ならびに霊団です。僕という道具を地上に見出し、愛の試練(霊障イペルマルシェ)で僕の精神力を徹底的に鍛えながら、物質界の邪悪を消滅させるという積年の悲願を成就なさったのです。はい、霊団はいつもこのように仰いますが、霊的にはどんどん事態が進行しても→

→物的にはいつまでたっても動きがみられませんね。そこが僕はMAXにムカつく訳ですが、僕の人生の目的は、イエス様との約束を完全に果たし切って胸を張って帰幽し、6界にて霊的褒章を賜る事ですので、永遠の中の一瞬ともいえる地上生活の中の些末な事象などに心囚われる事なく、→

→自分の帰幽後の永遠の向上の人生に照らし合わせて現在の使命遂行を考えねばなりません。はい、皆さまに強姦殺人魔、天皇一族の滅亡をご納得頂けたら幸いです。人類の恥、地球のガン、人間のクズの天皇一族を僕たちの善なる力で滅亡させましょう(祈)†

2020年7月10日未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)