【5/30】2012~2013年ごろに撃った霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

「霊力を呼ぶ本」より→「目指しているものが成就されれば、それまでの肉体的苦痛や苦労などはどこかへ吹き飛んでしまう。死でさえも、それが偉大な冒険や美しき犠牲、あるいは神の啓示に触れた魂の喜びを伴ったものであれば、人間はにっこり笑って死ねるものだ」

「霊力を呼ぶ本」より→「私の友人で霊的な事についてよく講演をする男が“あなた方は生ける屍も同然なんですよ”と言って聴衆を驚かせた事がある。比喩として感心しないし、彼も別に度肝を抜いてやろうと計算づくで述べた訳ではないのだが、肉体そのものに関する限り、確かに生ける屍なのである」

「霊力を呼ぶ本」より→「霊的な炎が芸術家の霊覚に感応した時、芸術家はまるで狂乱の如き状態で見えざる炎に憑かれ無意識のうちに腕を揮う。自分からその力を要求したのではない。霊的エネルギーに感応する条件がうまく満たされた時、そこに一気に霊力が注ぎ込んで来るのである」

「霊力を呼ぶ本」より→「魂が高級なエネルギーに接するほど、肉体もアクが抜けてくる。心が洗われれば身も洗われる。すると、しつこいものが食べられなくなる。味覚が変わり、質素で上品なものを欲しがるようになる。多くの人が絶対欠かせないと思い込んでいる人工的刺戟物が要らなくなる」

「これが心霊の世界だ」より→「霊界では金を稼ぐ必要も、土地を買う必要も、車も、家を借りる必要もない。しかも真の個性を発揮するチャンスが無数にある。貧富の差がない。あるのは霊性の貧富の差である。霊界での生活はその霊性を磨き、少しでも人間的なアカを洗い落とす事にある」

「レッドマンのこころ」より→「恐怖心を抱いたり、やり残した事や為すべきでなかった事を後悔したり泣いたりしてはいけない。与えられた限りの才能と制約の中で最善を尽くしたという自覚、そしてその死後の世界での境遇は地上での所業によって決まるという認識を持って、腹を決める事である」

「これが心霊の世界だ」より→「死後の存続は自然法則の働きによる一種の生物学的事実である。この世への誕生も一定の自然法則の結果であり、人間の好き嫌いの範囲を超えた問題である。それなりの因果律の働きがあればこそ、こうして生まれてきたのである」

「これが心霊の世界だ」より→「一人の例外もなく死後も生き続けるように自然法則が出来あがっていて、そこに選択の余地はない。又それは地上での行いの報いでも罰でもない。法則によって死後も生き続けなければならないように出来あがっている。生き続けるよりほかに仕方がないのである」

「これが心霊の世界だ」より→「多くの人が正統派の信仰ではもはや満足できなくなっている。心ある人は人間の起源、運命、目的といった事について深刻な疑問を抱くようになったが、まだ解決を見出せずにいる。本書はその疑問のうちの幾つかに解決を与えようとするものである」

「これが心霊の世界だ」より→「実は死ぬという事は物的振動の世界から霊的振動の世界に移行する事、つまり振動の波長が変わるだけである。肉体から抜け出ると、地上生活中肉体と共に成長していた霊的身体を使って自己表現をする。容姿はほぼ肉体と似ている。違うのは病気や障害が無い事である」

「これが心霊の世界だ」より→「我々人間はいながらにして霊界にいる。飛行機で空高く上昇したからといって霊界に近づく訳でもなく、潜水艇で海底深くもぐったからといって霊界から遠ざかる訳でもない」

「これが心霊の世界だ」より→「死者―この用語自体が事実と矛盾する陰気な用語だが―は今もって我々と同じ世界にいるのである。イヤ霊界通信で彼らの言い分を聞いてみると、死者というべきはむしろ我々人間の方で、死後の世界の人間の方が真の意味で生きているという」

「これが心霊の世界だ」より→「霊能は人間の全てが例外なく所有しており、死んで霊界へ行くと普通に使用するようになる。結局地上では人によってその能力が居眠りをしたままか、目を覚ますかの違いがある訳で、目を覚ます直前の人は練習によってそれを開発できる可能性がある事になる」

「これが心霊の世界だ」より→「文明発生以前の、まだ人間が自然と一体の生活をしていた頃は、霊能が今より遥かに頻繁に使用されていたのであるが、幸か不幸か、文明の発達とともに人工的要素が生活を支配するようになり、複雑化し、それが霊能を窒息させる結果となってしまった」

「これが心霊の世界だ」より→「私の三千回を超える交霊実験会での観察結果から判断すると、心霊現象には一つのパターンがある。そのパターンを細かく検討していくと、どうしてもこの地上に存在しない別の知的存在が働いていると結論せざるを得ないのである」

「これが心霊の世界だ」より→「死ぬという事は肉体を捨てるというだけであって、死後のあなたは今のあなたそのままである。人間は死んでから霊魂になるのではなく地上生活中から立派に霊魂なのである。死というのはその霊魂が肉体という衣を捨てて霊体をまとって生活するようになる事である」

「これが心霊の世界だ」より→「人間はこの物質界こそ実在で実質があると思い込んでいる。がそれは実は大変な錯覚である。大方の人間にとっては心とか霊の世界は影のように取りとめのない存在であるが、霊の世界の人間にとっては逆に霊的、精神的なものこそ実質であって、物質が影なのである」

「これが心霊の世界だ」より→「死後、新しい環境に慣れるため休息の期間があるが、残念ながら大部分の人間は霊的な予備知識がないために自分が死後も生きている事を知って大変なショックを受ける。時には何百年も自分が死んだ事に気づかない者もいる。いわゆる“地縛霊”の類である」

「これが心霊の世界だ」より→「さて環境の変化によるショックから覚めてみると、そこがまんざら見知らぬ世界でもない事に気づく。それもそのはずで、実は地上時代から人間は毎夜のように霊体で霊界を訪れているのである。言ってみれば人間は毎晩“死んで”いるのである」

「シルバーバーチの霊訓」より→「地上生活のそもそもの目的は、居眠りをしている魂がその存在の実相に目覚める事です。あなた方の世界は毎日を夢の中で過ごしているいわば“生ける夢遊病者”で一杯です。彼らは本当に目覚めてはいないのです。霊的実相については死んだ人間も同然です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「地上へ誕生してくる時、魂そのものは地上でどのような人生を辿るかをあらかじめ承知しております。潜在的大我の発達にとって必要な資質を身につけるうえでそのコースが一番効果的である事を得心して、その大我の自由意志によって選択するのです」

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)