【3/6】2012~2013年ごろに撃った霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

Pocket

—–四章
『シルバーバーチの霊訓④』
【自分自身についての単純・素朴な真理―これを本当に理解している人が何と少ない事であろう。ところがその自分みずからを知らない人間がとかく他人の事については、あたかも深い洞察力をもっている人間であるかのような口を利くものである。―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【曰く―“あいつも、もうそろそろ気づいてもよさそうなものだが…”“いつになったら目が覚めるのだろう”“あの人がもし側から見られるように自分で自分を見つめる事ができたら、さぞかし…”等々。―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【他人についての単純な真理を表現したこうした言葉はよく耳にするが、それを口にする本人も自分自身についてはとかく何も知らないものである。こうした中にあって古来、その霊性の高さと説教の崇高さにおいて際立ったものを見せる存在がいる。―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【人間それ自身についての彼らの説くところには永遠の真実味がある。ソクラテスがそれであり、イエスがそれであり、そしてシルバーバーチがそれである。―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【ロンドンの霊媒(バーバネル)の言語機能を借りて語る、三千年前に地上を去ったという古代霊シルバーバーチは、交霊現象にまつわるあらゆる障壁を乗りこえて、しかも稀にみる言語感覚の冴えをさりげなく発揮しながら、こう語る。―】

『シルバーバーチの霊訓④』
私にできる事は永遠・不変の原理・原則を指摘する事だけです。地上世界の事が全て探求し尽され、説明し尽され、理解され尽した後に、なおかつ誰一人として完全に究める事も説明する事も出来ない永遠の摂理があります。それは構想においても適用性においても無限です。

『シルバーバーチの霊訓④』
人間の全てが日々決断を迫られる問題に直面した時に自分が霊的存在である事、大切なのは物的なもの―それなりに存在意義はあっても―でなくて、それがあなたの本性、永遠の霊的本性に与える霊的な意義である事を自覚できるようになればどれだけ素晴らしい事でしょう。

シルバーバーチ以外で僕が好きな書籍の紹介です。「母と子の心霊教室」です☆この本は子供達に向けて書かれた書籍で非常に分りやすく、霊的知識に初めて触れる方にぴったり☆僕はこの本は小学校の教科書にすべきだと本気で思ってます。早く霊的知識が当り前になる時代が来るといいですね(祈)
—–

『シルバーバーチの霊訓④』
物的なものはいずれ朽ち果て元のチリに帰ります。野心、欲望、富の蓄積、こうしたものは何の役にも立ちません。所詮はあなた方も霊的存在なのです。真の富はその本性に宿されているものだけであって、それ以上では有得ませんし、それ以下でも有得ません。

『シルバーバーチの霊訓④』
その事を生涯を通じて悟っていかなくてはいけません。それを悟った時、あなたは真の自分を見出した事になり、自分を見出したという事は神を見出したという事になり、そうなった時のあなたこそ真の意味での賢者と言えるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
私の目には、あれこれと“大事な事”があって毎日あっちへ走りこっちへ走りして、忙しく暮しながらその実“一番大切な事”を見落し、なおざりにしているために心が絶望的でヤケになっている大勢の人々の姿が見えます。

『シルバーバーチの霊訓④』
この辺りに私どもが説く教えの核心があるのです。その人たちが日々の生活の中に生きる喜び―神の子として当然味わうべき充足感を見出してくれるようにと願って霊界から舞い戻ってくるそもそもの目的がそこにある事が判って頂けるでしょうか。

『シルバーバーチの霊訓④』
それはいわゆる宗教、信条、教義といったものより大切です。人類を分裂させ戦争と混沌と騒乱の原因となってきた、その類のもののいずれにもまして大切です。が、それは自分という存在についての(霊的存在であるという)至って単純な事実にすぎないのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
なのにそれを悟っているのはごく僅かな人たちだけで大多数の人は知らずにおります。【こうした霊的啓示を我々は“たまたま”良い霊媒がいたから得られた、気紛れで無計画なものと受止めがちである。―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【がシルバーバーチがこれから明かすように、その背後では幾重にも組織された霊団によって遠大な計画の下に推進されている※訳者注―シルバーバーチに限って言えば霊媒のバーバネルが誕生する以前から計画を立て英語の習得や心霊現象の研究と準備を重ねてきたというが―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【同じ事が各国・各民族において太古よりそれ独自の形で推進されて来ており、これから先には本格的なものが計画されている事であろう。地上人類は言わばケンカ遊びから学ぶ幼児期を終えて、やっと本格的な霊的真理を学ぶ時代に入りつつある―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【そんな程度の段階にあるのではなかろうか。シルバーバーチはこう語っている―】私たち霊団の使命はれっきとした目的ないし意義をもつ証拠を提供し、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―それによって心霊的法則というものが存在する事を立証する一方、生きる喜びと霊的教訓を授けるという事です。物理的法則を超えた別の次元の存在を証明するだけでなく、霊についての真理を啓示するという事です。

『シルバーバーチの霊訓④』
そうした使命をもつ私たちには真っ向から立向かわねばならない巨大な虚偽の組織が存在します。過去幾世紀にも亘って積み重ねられてきた誤りを改めなければなりません。人間が勝手に拵えた教義を基盤として築き上げられてきた虚飾の大機構を解体しなくてはなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
私たちの努力は常に、物質界の神の子等にいかにして魂の自由を見出し、いかにして霊的真理の陽光を浴び、いかにして教義の奴隷となっている状態から抜け出せるかをお教えする事に向けられております。これは容易な仕事ではありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
なぜなら一たん宗教という名の足枷をはめられたが最期、迷信という名の厚い壁を突き破って霊的真理が浸透するには永い永い年月を要するからです。私たちは霊的真理の宗教的意義をたゆまず説き続けます。

『シルバーバーチの霊訓④』
その霊的な重要性に目覚めれば、戦争と流血による革命より遥かに強烈な革命が地上世界にもたらされるからです。それは魂の革命です。その暁には世界中の人々が受けて当り前のもの―霊的存在としての様々な自由を満喫する権利を我が物とする事でしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
私たちが忠誠を捧げるのは教義でもなく書物でもなく教会でもありません。宇宙の大霊すなわち神とその永遠不変の摂理です。いずれ地上世界に強力な霊の力が注がれます。世界各地において霊的勢力の働きかけが認識されるようになります。

『シルバーバーチの霊訓④』
これまで蔓延ってきた利己主義と無知に歯止めをかけるための大きな仕事があるからです。それはいつか必ず成就されます。がその途中の段階においては大きな産みの苦しみを味わわなくてはならないでしょう。その仕事を支援せんとして霊界から大勢の霊が馳せ参じております。

『シルバーバーチの霊訓④』
あなた方の顔見知りの人、血の繋がりのある人もいれば、愛の繋がりによって引かれて来る人もいます。背後霊というとあなた方はすぐに顔見知りの名前を思い浮かべがちですが、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―一方には全くあなた方の知らない人たちで、ただ自分の力を役立てる事にのみ喜びを覚えて援助してくれている人たちがいる事も、どうか忘れないでください。

【以前のお話です】たっぷり眠れる日だったのでアラームもセットせず寝ていたのですが、睡眠と覚醒の中間状態に突入した時、何とまたしてもイエス様が顕現して下さり、寝ている僕の目の前にお立ちになっておられました。そして手を伸ばして僕の右胸あたりをつまむようにして、次の瞬間…→

→僕の霊体をグイッと引張って僕を布団から起こしました。僕が「わ、分りました。起きてテキスト撃ちます…」と心の中でつぶやくと、イエス様は笑みを浮かべられました。ここまでするほど、イエス様はじめ高級霊の方々は僕が使命遂行する事を望んでおられるのです。最高に責任重大すぎるのです(祈)

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す