【11/15】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

アナログ絵286

「シルバーバーチの霊訓」より→「これまでも私は可能な限りの力を駆使して克服不可能と思われた障害を克服して、あなた方の世界に近づいてまいりました。私一人の力ではありません。私は地上へ戻るべく選ばれた霊団の一人です。なぜその必要があるのか。」→

→「シルバーバーチの霊訓」より→「それは今、地上人類に降りかからんとしている苦難があまりに恐ろしいものであるために、霊界の力を結集して地上のあらゆる地点に橋頭堡を築かなければ、人類自らが人類を、そして地球そのものを破滅に陥れる事になるからです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「人類は物質文明を自負しますが、霊的には極めてお粗末です。願わくはその物質文明の進歩に見合っただけの霊性が発達する事を祈ります。つまりこれまで“物”に向けられてきた人間的努力の進歩に匹敵するだけの進歩が精神と霊性の分野にも向けられればと思います」

「シルバーバーチの霊訓」より→「進歩に霊性が伴わない今の状態では、使用する資格のないエネルギーによって自ら爆破してしまう危険があります。そこで私どもは、地上生活全体の根幹であるべき霊的真理に従って各自が生活を営めるように、という事を唯一の目的として努力しているのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊の宝は楽々と手に入るものではありません。もしそうであったら価値は無い事になります。何の努力もせずに勝利を得たとしたら、その勝利は本当の勝利と言えるでしょうか。何の苦労もせずに頂上を征服したとしたら、それが征服と言えるでしょうか」

「シルバーバーチの霊訓」より→「大勢の人が真の実在であり全ての根源であるところの霊性に全く気づかぬまま生きております。こうして生きているのは霊的存在だからこそである事、それが肉体を道具として生きているのだという事が理解できないのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「人間には霊や魂があると信じている人でも、実在は肉体であって霊はその付属物であるかのように理解している人がいます。本当は霊が主体であり肉体が従属物なのです。つまり真のあなたは霊なのです。生命そのものであり、神性を有し、永遠なる存在なのです」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「今私たちが携わっている仕事の途方もない重大な意義を忘れてはなりません。地上の無数の人間の魂を束縛し抑圧してきた誤まった教義の歴史を一から書き直そうとしているのです」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「私たちも、この地上圏と連絡が取れるようになるまでには大変な困難に遭遇してきたのです。それを一つ一つ克服してまいりました。今や地上全土に霊の光が行きわたっております。霊の光の届かない国は一つもありません」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「困難というものを霊の真価を発揮させるための挑戦課題として歓迎する事です。人間も潜在的には地上で最強のパワーを秘めているのです。その力で克服できないほどの悪条件、障害、難題は地上には発生しません」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「人間は肉体と精神と霊とから構成されております。これを本当の意味での“三位一体”といいます。三者が一体となっており、一つが三者によって成り立っている訳です。この三者の間に調和が取れていなければならない事は言うまでもありません」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「霊は主で、物質は従です。が、その霊が地上で顕現しようとすると、精神と肉体を通さねばならないという点で、まず制約を受けます。そして霊と精神と肉体の二者の間の相互関係から様々な問題が生じます」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「霊というのは、精神と肉体から切り離して“これが霊です”といってお見せできる性質のものではありません。同じ事が精神についても肉体についても言えます。三者は切り離す事ができないのです」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「霊が正常であれば精神も肉体も正常になります。同じように肉体と精神が最大限に機能していればおのずと霊性が最大限に発揮されます。が、残念ながらそういうケースは地上では滅多にお目にかかれません。それで病気、不調、痛みが生じます」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「所詮、地上では完全は望めません。完全は永遠の時を要するプロセスだからです。でも、少しでも不完全を少なくし、発展を求めていく努力を怠ってはなりません。日常生活でも心の持ち方を正す事です。そうすれば生活形態が正されます」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→問「人生は短いのに、しなければならない事がたくさんあって…」シルバーバーチ霊「私の方から言わせて頂きますが、あなた方が霊的真理に目覚めるまで、私たちはどれほど待たねばならなかった事でしょう」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「社会を一度に変える事はできません。同じように人の生き方を変える事は容易ではありません。変えるのはあなたではなくて、当人自身である事を忘れてはいけません。あなたは真理を知った者としての責務を果たしていればそれでよろしい」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「あなたが授かったものを他人に分けてあげるのです。喜んで受け取ってくれれば喜びなさい。受け取ってくれなければ、その人の思う道を歩ませてあげなさい」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「私たち霊界の者は肌の色に全く関心がありません。肌の色は肉体だけのもので、魂には色はありません。黄色の魂、赤色の魂、黒色の魂などというものは存在しません。魂はその始源においては全てが同等です」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「霊的観点からすれば、地上のいかなる民族の間にも障壁はありません。障壁があるとすればそれは地理的なもの、物質的なもの、人間が勝手にこしらえたものばかりです。皮膚の色とか国家の違いは如何なる意味での優越性も生み出しません」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「私たち霊界の者は地上人類を一つの霊的大家族と見ております。全体を一つにつなぎとめる霊的な絆がある事を実感しております。その事、すなわち全人類は霊性において一つであるという事を知らねばなりません」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「心の底からの正直で真摯な叫びが無視されるという事は決してありません。こちらの世界には地上界の為に役立つ事をしたいと願う霊たちの感知装置が張りめぐらされております。善行にうんざりなさってはいけません」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「背後霊には背後霊なりの手段と手順がある事を忘れないでください。人間の勝手な都合に合わせる訳にはいかないのです。しかし、決して見捨てる事だけは致しません。あなたなりの最善を尽くしていれば、それでよろしい」

「シルバーバーチ最後の啓示」より→「地上の人類を物的に差別しているものが何であろうと、不滅の霊的連鎖に比べれば物の数ではありません。霊の絆は、国家の別、民族の別、宗教の違い、政治理念の違い、その他いかなる種類の違いをも凌駕します」

■2020年9月28日UP■
■アナログ絵306UP。【フラーの指輪】山で霊団が推してきたストーリーとなります(祈)†
おねえちゃん(センナちゃん)へのプレゼントを惑星の草原でなくしてしまい泣いているももちゃんとシルキーに、フラー13とフラー06ver2.0が反応する、という内容なのですが、正確にはアナログ絵259の1ページの解説にありますように、フラーそのものにはそこまでの感情表現はありませんので、今回のストーリーも2機のフラーを介して「ももちゃんの守護霊」「シルキーの守護霊」が影響力を行使した、という事になります…続きを読む→
■2020年10月1日UP■
「富士消滅」自分の事を象徴などとほざく明仁、文仁、徳仁、悠仁が消滅するという意味です(祈)†
9月27日の幽体離脱時映像で、霊団が「富士消滅」つまり富士山「日本の象徴」が消滅するという意味の映像を降らせてきました。えー映像の詳細説明は割愛させて頂きますが、富士山は消滅しませんよ、消えてなくなるのは明治維新前、黒船来航の時に英国の支援を受けて天皇を暗殺して自分が天皇にすげ変わった「ニセモノ」明治天皇から始まって現在の明仁、文仁、徳仁、悠仁へとつながる「ニセモノ一族」が消滅という意味です…続きを読む→
■2020年12月7日UP■
■アナログ絵312、10~12ページUP、この3ページはきつかったですホント…(祈)†
はい、今回は霊団に「絵を止めてブログ書け」と言われて急きょ長文ブログを書いたりして描くのに苦戦させられましたが、僕の個人的所感としては「先週の山のアタック帰還直後に書いた【憎しみの大根源、ファーストインプレッション】について」https://wp.me/pa9cvW-4GY これの続きを僕が書く気でいる事を受けて霊団が「それ書くな」みたいな感じで慌ててブログネタを降らせてきたと、僕はそう思っているのです…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)