【12/6】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

アナログ絵287

「インペレーターの霊訓」より→「我々は今二つの敵対勢力の真っ只中におります。片や光明より暗黒を好む悪霊集団であり、片や進歩的なものをすべて毛嫌いする地上の退嬰的人間です」

「インペレーターの霊訓」より→「人間界の日常の出来事がどのようにして霊によって支配されているかについての知識を世間一般に得心させる事に、我々はほぼ絶望的となっております。その作用が五感に感応せず、また霊の動きが目に映じないためにそうした概念を捉える事ができないのです」

「インペレーターの霊訓」より→「地上各地に霊的影響力の中枢が形成されつつあります。他方、人間の霊性の衰退と邪霊集団のばっこが我々にとっての悩みのタネを次々ともたらしております。人間界において善なるものが進歩する事に反抗的態度をつのらせている霊たちです」

「インペレーターの霊訓」より→「元来、地上をあとにした人間の多くは格別に進歩性もなければさりとて格別に未熟とも言えない。肉体から離れていく人間の大半は霊性において特に悪でもなければ善でもないものです」

「インペレーターの霊訓」より→「そして、地上に近い界層を一気に突き抜けていくほど進化せる霊は、特別の使命でもない限り地上へは戻ってこないものです」

「インペレーターの霊訓」より→「霊そのものは、この地上世界を基盤として、これを取り巻くように存在し支配している霊的階層に前もって存在しております。いかなる霊も肉体を身につけるまでは空間を宿として存在しています」

「インペレーターの霊訓」より→「物質の特質のひとつは不活性です。自らは何も出来ません。霊によって支配され活性を与えられ、一方霊の方は人体をまとった段階で個別性を持つ事になります」

「インペレーターの霊訓」より→「地球を包み込むように霊的界層があって、全ての霊はそこから来てそこへ帰って行く訳です。それと別に仕事の界層(動の世界)と瞑想の界層(静の世界)が地球を取り巻き、個霊は全てその一つ一つを通過しながら向上してまいります」

「インペレーターの霊訓」より→「地球全体を霊の大気が包み込んでおり、それが霊界です。みなさんはその存在に気づいていなくてもその中で生きている訳です。地球とよく似た(主観と客観の)世界です。ただ、はるかに美しく、そして純化されているというだけの違いです」

「インペレーターの霊訓」より→「霊界においても自己を表現するための媒体が必要であり形体が必要です。ただし霊質のものです。霊界にも地上と同じように植物、鉱物、動物といった種別があります。ですからそちらからこちらの世界に来る事は“環境条件”が変わるに過ぎません」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「正しい思念と善意また神を思う心、これのもつ価値は計り知れません。もしこの傾向が人類に広まれば人類の未来を預かる高級霊達に多大の援助を与える事になります。既に影の一部が光によって破られ、ものを理解する力が一段と増しています」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「心に銘記されよ、社会の、産業の、国家の、国際上の諸問題は愛によってのみ解決されるという事を。その愛とは忍耐と寛容と奉仕の実践です。言葉をかえて申せば人が他者と友となり兄弟となって生きる、この一言につきます」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「人間の生活は思想の連続です。その考えた通りに自分自身がやがてなるのです。今日世界が考えた事、明日は確実にそれが世界の現実となります。物質界の事は何事によらず初め誰かの心に生まれたものの結果です」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「私共が人間の悩みの中に入っていけぬなどと考えて下さるな。私共が人間の肉体の疲れが分からぬとか、心のもつ患いには無理解などと考えて下さるな。また人の精神の、物の苦悩に関わりがないなどと思って下さるな」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「天国は遠い、天界は手が届かぬ、そう思う時人は道を踏み違えます。天国は人の内部にあります。地上生活中に天国を発見する道を学ばねばなりません。その者は死の時、間違いなく天界のような境域に入る者となりましょう」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「どんな魂も一人に捨て置かれる事はありません。ただ新しい門をくぐる時は一人です。魂はすべて生命の段階を次々と通過せねばなりません。その時前進の決断の力を与えるものは前方を隠している霧、つまりこの孤独です」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「他界に入った魂は初めのうちは子供のように自己満足しています。何事も出来ないものはない、今後の人生も物の数ではないと。孤独を味わい、初めて力の本当の源泉がどこにあるかが分かります。すると今度は魂の方から進んで孤独を要求します」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「永い間の目隠しが取れて魂が生き生きと目覚める時、決まって孤独にあるからです。この事はみなさんにも当てはまります。今、肉で目が塞がれ一人きりで置かれているのはみなさんの内なる力と神への信を開かんがため、このもくろみのためです」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「物質に取り囲まれているみなさんはすっかり目が狂っています。恰も目にシャッターが下りて傍の霊的生命を見えないようにしている、そんな具合です。それは物質の事を心よりずっと大切に思っている、そのせいです」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「人の内面の奥所には信じがたいほど完全な世界があります。人が恐怖、感情、心痛などに対し自己統制が出来るようになれば、即ち平和の聖処に踏み入るようになれば、その世界の栄光を目にする事になります」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「こちら霊界からみなさんに語りかけていますと愛と同情を禁じえないのです。みなさんの方では縁を切りたいのに切れないで物質に沈りんし枷をはめられているからです。その枷はあなたが選んだものです。あなたの魂の進歩のために欠かせない牢屋なのです」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「地上で試練をうけているこの間、目が塞がれているのはむしろ良い事なのです。と申すのは困難や制約にどんな態度を示すか、それ次第で試練にパスするか、枷から解放されるかが決まるのですから」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「人類世界の構図を示しますと、人間の魂は高きも低きも全て一本の人類同胞の糸で結ばれています。その上に人類の守護指導を使命とする一大神界組織があります。人間はそこから通信を受ける事が出来ます。その通信は歩一歩到来しつつあります」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「人の背後にはすべて個有の守護霊がついています。ですから人は想像を絶した助力が得られます。もし人が謙虚で我を捨てて、人類の奉仕のために生きようと心を砕くならです」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「貴方と共にある責務に目をとめなされ、何と栄光の機会が貴方にあることか。これを曇らす世の闇を入れてはなりませぬ。貴方には生得の権利があるのです、奉仕と神への崇敬、自由と至福の生命に入る権利が。平和と歓喜が貴方と共にありますように」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「死、地上から霊界への移行、人間の目にはそれがどうやら怖ろしいお化けのように映るようです。気にすればするほどその不安が高まるのですね。しかしみなさんの中には既に、平静に死はもはや恐怖ではないと言い切れる人達がいます」

「ホワイトイーグル霊言集」より→「実際に死の時には歎きどころか喜びで一杯になり、境界のドアを開けて入ってくる愛の母、死の女神を迎える事ができるでしょう。死を真に喜びと思える時、貴方は一歩前進したのです」

【過去コメ】人間には自由意志があります。しかし僕の経験からあえて言うと、その自由意志とは向上を望まない者が行使するものであって、向上を望む者には道は一本しかなく、いやが上にも導きに従わざるを得ないのです。小我を働かせて導きを拒絶する限り向上は望めず、地上圏をうろつく事になるのです

■2021年5月10日UP■
「プチパレットいい」人身売買組織「パレット」を縮小継続させようとする思念と思われます(祈)†
プチパレットいい、という聞き捨てならないインスピレーションを降らせてきました。つまり「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が死刑になって消滅して以降も、コイツら以外の邪悪な人間たちがパレットから幼い女の子を購入して強姦殺人遊びを続けられるように画策しているという意味で間違いないでしょう。で、皆さまももちろん疑問に感じておられる事と思うのですが、この「パレット(仮の名前ですよ)」という「少女誘拐人身売買組織」は僕たちの想像をはるかはるか超える長い世紀にわたって女の子の誘拐と殺人を繰り返しています。しかしその組織の存在が全く明るみになりません、表沙汰になりませんよね。その少女誘拐の実行役の人間も全く逮捕されません。「パレットなんて組織は最初からありませんよ」とでも言いたいくらいに全く闇の中に隠されています。「少しは話題になってもおかしくないと思うんだけど、何で全くニュースにも出てこないの?」…続きを読む→
■2021年1月31日UP■
「圧倒的勝利」霊団の言葉ですが…だぁかぁらぁ!物的にそのようになってないだろ(祈)†
「イエス様ハンドリング」が「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に圧倒的勝利、という意味になるのですが、いつもいつも同じ事を書いて皆さまに申し訳ないのですが「霊団が僕の霊聴にそのように言ってきているだけで物質界の動きはそのようになってない」じゃないですか。そこがとにかく僕はMAXにムカついている訳です。発言に責任を持て、言ったからにはその通りに実現させろ、プライドってものはないのか、だから僕はお前らの事を【口だけ霊団】って言ってるんだよ。えーいつも霊団に対してグチをぶちまけてはご覧の皆さまに不快な思いをさせてしまっていますので今回は早めに切りましょう。まぁとにかく「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁はまだ逮捕、死刑になっていない、奴隷の女の子たちも救出できていない、ピーチピチ(佳子)も完全にすっとぼけ続けている。これのどこが「圧倒的勝利」だよ、この軽薄霊団、そう言わない訳にはいきません。もっとも霊界から霊眼で物質界を俯瞰で見下ろした時には「圧倒的勝利」のように映るのでしょう。しかし仕事の舞台は物質界なんだから物的肉眼に映じる形で仕事を達成しなきゃ意味ないだろ…続きを読む→
■2021年1月30日UP■
「ももちゃんシルキー詳細描画に入ります」ストーリーをさらに描き進める事になるのかどうか(祈)†
つまり僕が今後アナログ絵ストーリーでももちゃんとシルキーを長らく描き続けていくという意味に取れるメセとなります。となるとつまり僕が暗殺されるならももちゃんとシルキーを描き続けられなくなるはずですから、上記の「お前を殺すぞ」のインスピレーションはやはり明仁、文仁、徳仁、悠仁の「最後の悪あがきの脅しの言葉」であって僕の暗殺の可能性は低いと予測します。特にシルキーは重要です。ハイそしてこのインスピレーションが僕はずっと首を傾げている内容なのですが、霊団によると僕が描き続けている使命遂行キャラクターの中で「シルキーが1番人気」なのだそうで、今回も霊団がそれを強調してきたという事になります。まぁ人気がないよりはあった方がもちろんいい訳ですが描いている僕的には「なぜシルキー?」とだいぶ首をかしげてしまうのです。以前「スマホ待受フルカラーイラストダウンロードプレゼントをやりたい」と書いていた事がありますがAffinityPhotoにだいぶさわり慣れてきた事もありますので時間とパワーが許すならシルキーの待受を制作してみたいものです…続きを読む→
■2021年1月28日UP■
「もうウソは必要ないと思う」明仁、文仁、徳仁、悠仁が必要ないという皆さまの思念です(祈)†
もっと噛み砕いて分かりやすい表現で言ってみましょう、こうです。すっとぼけ続けている。という事です。公の場でメディアに向かって「たきざわ彰人、お前そろそろいい加減にしなさい」などと怒りの発言をしたらどうなりますか。僕のブログに一気にアクセスが集中してネット中に議論が噴出するはずです。で、ここで皆さまお考え下さい。もしコイツら、明仁、文仁、徳仁、悠仁が何も犯罪行為をしていない、心にやましい事がないのであれば議論が沸き上がって何も困る事はないはずです。かえって自分の身の潔白が証明される事になって願ったり叶ったりのはずです。しかし「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁はその議論が勃発しないように視点外しに終始していますね。行動には動機がある。つまりこうです、コイツらの邪悪の正体は実はもうとっくの昔に「周知の事実」なのです…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)