【12/24】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

「シルバーバーチの霊訓」より→「残念ながら真理に気づいている人は少数でありまだ多数とは言えません。大多数の人間は物量、権力、支配、隷属(させる事)こそ力であると思い込んでおります。しかし神の子は全て身体と精神と霊において自由であるべく生まれているのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊的知識が世界各地に浸透していくにつれて次第に地上の神の子もより大きな自由の中で生活ようになり、その日常生活により大きな光輝が見られるようになる事でしょう。進化へ向けての神の力がこれからゆっくり少しずつその威力を見せはじめます」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊は物質に優ります。神の霊、大霊こそが宇宙の絶対的支配力なのです。そこで私は申し上げるのです―心を強く持ち、背筋を真っすぐに伸ばして歩みなさい。この世にそして霊の世界にも恐れるものは何一つありません―と。最後はきっとうまくいきます」

「シルバーバーチの霊訓」より→「動物を虐待する事は霊的観点から見て間違った事なのです。民族差別や有色人種蔑視は霊的観点から見て間違っているのです。魂には色はありません。黄色・赤銅・黒色・白色でもありません。この霊的真実を前面に押し出して説く事がもっとも大切な貢献です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「地上生活の究極の目的は“死”と呼ばれている現象の後に待ち構えている次のステージ(生活舞台)に備えて内部の霊性を開発する事にあります。開発するほど洞察力が深まります。霊性が開発され進歩するにつれ、他人へ対して寛大になり憐れみを覚える様になります」

「シルバーバーチの霊訓」より→「これは悪や残忍さや不正に対して寛大であれという意味ではありません。相手は自分より知らないのだという認識から生まれる一種の我慢です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私の言う愛とは慈悲の心、奉仕の精神、犠牲的精神、要するに自分より恵まれない者のために自分の能力の範囲内で精一杯援助しようとする心を言います。自分の事をかえりみず助けを必要とする人のために出来る限りの事をしてあげようとする心、それが愛なのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「中絶は殺人と同じです。妊娠の瞬間から霊はその女性の子宮に宿っております。中絶されればその霊は、たとえ未熟でも霊的身体に宿って生長せねばなりません。中絶によって物的表現の媒体を無きものにできても、それに宿っていた霊は滅んでいないのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊的胎児のせっかくの自然な生長を阻止した事になるのです。もっともこれも動機次第で事情が違ってきます。常に動機というものが考慮されるのです。私の住む世界の高級霊で人工中絶を支持している霊を私は一人も知りません」

「シルバーバーチの祈り」→「ああ、真白き大霊よ。あなたは全生命を包摂する摂理にあらせられます。なぜならあなたは全生命を創造し、全生命を扶養し、全大宇宙はあなたとあなたの摂理があればこそ存在を得ているからでございます」

「シルバーバーチの祈り」→「あなたは森羅万象となって顕現なさっておられます。昇っては沈む太陽にも、満ちては引く海の潮にも、夜空に輝く星にも、小鳥のさえずりの中にも、稲妻と雷鳴の中にも顕現なさっておられます」

「シルバーバーチの祈り」→「大霊よ。あなたはいつの時代にもあらゆる民族によりて崇拝され、幸いにしてあなたを垣間見る事を得た者の理解力に応じて表現されるに任せてまいられました」

「シルバーバーチの祈り」→「しかし真実のあなたは物質の子等の中のいかなる聖賢の理解力をも超えた偉大さと巨大さと愛と叡智と公正と慈悲とをそなえた存在にあらせられます」

「シルバーバーチの祈り」→「あなたの僕として霊の世界より仕える私達は永きに亘って埋もれてきたあなたの摂理、首尾よく物質の霧を突き抜ける霊的な識別力と理解力を持つ者によって極めて稀にしか掘り起こされる事のなかった霊的真理を、地上の子等に啓示せんと努力している所でございます」

「シルバーバーチの祈り」→「私達は子等がこの宇宙の孤児ではなく大霊にあらせられるあなたの分霊を受け内部に無限の力と光を宿すが故に、いかなる邪悪も不正も克服し、その霊性によってあなたの存在と摂理の絶対性とを認識する事によって地上に王国を実現していく援助をしている所でございます」

「シルバーバーチの祈り」→「弱き者を高揚し、人生に疲れた人に慰めを与え、暗闇にいる者に光明をもたらさんと望む地上の同志達、あなたの愛の地上への顕現を妨げんとする勢力の全てに抵抗する気概に満ちた同士との一致協力を願っております」

「シルバーバーチの祈り」→「それが私どもに課せられた仕事であり、あなたのため、あなたの王国のため、あなたの光明と愛のために献身せんとする者すべてと力を合わせたく存じております。ここに、あなたの子等に仕える事によってあなたに仕えんとするあなたの僕インディアンの祈りを捧げます」

「シルバーバーチの霊訓」より→「地上生活の目的は霊が死後に迎えるより大きな生活に備える事です。自然の摂理と調和した生活を送っていればその目的は成就され、時が熟し肉体がその目的を果たし終えれば霊はその肉体から離れます。リンゴが熟すと自然に木から落ちるのと同じです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「地上のいかなる人間といえども霊は時が熟してから身体を離れるべきであるという摂理に干渉する事は霊的な意味において許されません。特殊な事情があって医師がその過程を早める事をする場合がありますが、動機さえ純粋であればその医師を咎める事はできません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊が身体を生かしめている限り両者のつながりは維持されます。霊と身体をつなぐシルバーコードが切れると霊は身体から解放されます。身体の死を迎えた人にとっては霊的生活の始まりであり、地上へ誕生してきた霊にとっては物的生活の始まりです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊が身体から離れるべき時期がくれば地上のいかなる機械をもってしても、それ以上つなぎとめる事はできません。いったんコードが切れたら地上のいかなる人物も、霊をもう一度つなぎとめる力は持ち合わせません。その時点で肉体の死が生じたのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「人間は生命を創造する事はできませんし滅ぼす事もできません。生命が機能するための機関を提供する事はできます。その機関を破壊する事もできます。しかし生命は神からの贈りものであり人間のものではありません生命は神が人間に託した責務です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「苦しみにはそれ相当の目的があります。苦しみは無くてはならない大切なものなのです。なぜならそれを通じて魂が目を開かされ隠れた力を呼び覚まされ、その結果として霊的に、時には肉体的に、一層強力になってまいります。そうなるべきものなのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「地上の格言に「生命ある限り希望がある」というのがありますがこれは真実です。霊が宿っている限り元気を回復させ再充電しある程度まで機能を回復させる事ができます。摂理が自然に働くようにしさえすれば身体は死すべき時機がくれば自然に死にます」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私は苦しみさえすれば自動的に人間性が磨かれるとは決して申しておりません。苦難は地上にいる限り耐え忍ばねばならない避けようにも避けられない貴重な体験の一つで、それが人間性を磨く事になると言っているのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「晴天の日もあれば雨天の日もあり嵐の日もあれば穏やかな日もあるというふうに、一方があれば必ずもう一方があるようになっているのです。もし地上生活が初めから終わりまで何一つ苦労のない幸せばかりであれば、それはもはや幸せとは言えません」

「コイツらだけは絶対許さない」強姦殺人魔、天皇一族に対する皆さまの思念です(祈)†■2021年11月10日UP■
「コイツらだけは絶対許さない」強姦殺人魔、天皇一族に対する皆さまの思念です(祈)†
「この強姦殺人魔どもに対してこれ以外の感情が湧くというのであれば、どういう事なのか説明してもらいたい」という事になります。人間としてこれ以上当たり前の感情はないという意味です。その当たり前の感情がなぜこれほど長い年月にわたって公の場で語られる事が無かったのか、それが「洗脳」と「脅迫」と「視点外し」という事になると思います。まず「洗脳」ですが、世界中の強姦殺人魔は総じてメディアを牛耳っています。そのメディアを駆使して徹底的に自分が善人で国民に人気があって親しまれているという趣旨のニュースを休みなく流しまくり認識を捻じ曲げ続けてきます…続きを読む→
「戦争」を正当化する理由などこの全宇宙に存在しない、という事を説明してみます(祈)†■2021年12月22日UP■
「戦争」を正当化する理由などこの全宇宙に存在しない、という事を説明してみます(祈)†
ひょっとしたら本当に「視点外し戦争」が勃発して僕たちが戦地に赴かされそうになるかも知れません。その時は皆さま「霊的知識」を絶対的よりどころとして戦争参加を全力で拒否せねばなりません。僕たちにはそんなものやる必要性がないからです。やる必要性があるのは一部のワガママな人間たちだけであり、やりたいならそいつらが勝手にやって勝手に死ねばいいのです。僕たちがその無知な人間のワガママのために死ぬ必要は1ミリたりともありません…続きを読む→
■2021年3月3日UP■
「元に戻せません」明仁、文仁、徳仁、悠仁の「もう以前の洗脳状態には戻せない」という思念です(祈)†
願わくば善良なる日本国民の皆さまにも洗脳を撃ち破り視点外しを軽快なステップですり抜けて真実に目を開いて頂きたい、そして真実を知ったら次のステップは「実際のアクション」です。そのアクションとはもちろん、僕たち国民の力で「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を間違いなく確実に死刑、滅亡に追い込み、世界の方々に向けて胸を張って「我々は真実に目覚めました」「我々は我々の力で国内の邪悪を撃ち滅ぼしました」と公言する、という事です。これはいわば「やって当たり前」の事と言えるでしょう。自分たちの(国内)問題を自分たちで解決できないで誰に何の文句が言えるのでしょうか(他の国の事とか)人の文句を言う前に自分の問題を解決しろよ、という事になります。皆さま「大量強姦殺人魔を死刑にする」という当たり前の事を実現させましょう。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑にして消滅させ「三千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ」として人類の歴史に登録し「黒歴史まとめ」を行って未来の人類に正確な情報を残し、2度とこのような愚かな歴史を繰り返さないよう警鐘を鳴らし続けねばならないのです…続きを読む→
■2021年4月14日UP■
「ホントのホントに自殺するぞ」明仁、文仁、徳仁、悠仁がとにかく逃亡するという意味です(祈)†
何度も同じ事を書くのが本当に苦しいですがそれでも書かねばならないでしょう。皆さまに重ねて重ねて警告を投げさせて頂きますが「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が本当に自殺したとして、皆さまは「あぁかわいそう」などと言って哀れんだり涙を流したりするという人類史上最も愚かな行為をしないよう僕、たきざわ彰人から強く強く警告を発します。皆さま自分に置き換えて考えるようにして下さい。あなたには目に入れても痛くないほどかわいがっている笑顔のカワイイ娘がいます。その娘が「自分は善人で天才で国民から好かれている」とのたまわるバカ男に誘拐され四肢切断、強姦殺人されてしまいます。その後、その強姦殺人犯のバカ男が逮捕、死刑を恐れて自殺したと聞かされます。あなたはどのようなリアクションをしますか…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)