イヤーとにかく考えてますが…トレイルムービーは開き直るしかないのかも(祈)†

アナログ絵113

とにかくあの手この手を考えてますが決定打がなく、残された手段は心の姿勢「開き直り」しかないのかも知れません。トレイルムービーは「ただただ作るのが辛い」という状態で、本当に作り続けるのは不可能と予測するのですが、そこを何とかふんばるために頭をひねっているところです。

まずMP3ですが、ボカロ的なものを使用する事ももちろんだいぶ以前から考えているのですが、現在採用している手法「ボイスレコーダーリハ無し1発録音」とにかくこれが1番速いです。ボカロ的なものを使用したら間違いなくMP3に書き出すための時間が現在より2倍かかると予測します。

そしてやはり「字幕.srtファイル」は、やめる可能性が濃厚です。字幕の作業についてはAffinityPhotoにて全て行うという方向にたぶんなっていくと思います。これは時間短縮のアイデアとはなりませんが、字幕.srtファイルにさわり続ける苦しみを軽減する意味でたぶんそうなっていくと予測します。

今日の幽体離脱時映像も全くの意味不明、霊団が完全にやる気をなくしている状態ですが、トレイルムービーの「効用」をひとつ発見していまして、それは「過去ブログを読み返して現在の状況と比較する事ができる」というもので、先ほど過去ブログの中に霊団が降らせたインスピレーション「とにかくだからこそやる必要があるんです」というものを発見しました。

このインスピレーションを信じるならば、霊団が決してやる気が無くなっているのではなく、使命遂行を前進させるための「戦略」だと信じたいところですが、とりあえず今週は長文ブログは書けそうもありません全然ネタがありませんので。

フラー21本体デザイン、残りはおしべめしべ(頭部)のみで、そのデザインを終え次第線画に突入できます、こちらの作業も急ぎましょう。アナログ絵は全く問題ないんですよ、トレイルムービーが問題なんですよ。ただただ苦しい、本当に作り続ける自信がありませんができる限りもがいてみましょう(祈)†
■2021年8月4日UP■
「彼らも悪しざまに言われました」シルバーバーチ霊の言葉をタイトルに冠させて頂きました(祈)†
彼らは地上世界にいずれ実現される神のプランを読取り、その日のために物質界の子等の魂を高揚させるべく一身を擲(なげう)ったのでした。彼らも悪しざまに言われました。援助の手を差しのべんとしたその相手から反駁され嘲笑されました。しかしその仕事は生き続けました。それはちょうど、今日世界各地の小さな部屋で行われている、このサークルのような交霊会の仕事が、そのメンバーの名が忘れ去られたのちも末永く生き続けるのと同じです。強大な霊の力が再び地上世界へ注ぎ込まれはじめたのです。いかなる地上の勢力をもってしてもその潮流をせき止める事はできません…続きを読む→
■2021年4月23日UP■
「死刑回避逃げる片手文仁捕まえる」この幽体離脱時映像を現実のものとせねばなりません(祈)†
片手がないのです(右手左手どっちだったかは覚えませんが)その文仁を霊体の僕は難なく追いかけて捕まえるという幽体離脱時映像だったのです。えーまず文仁が死刑になりたくなくて逃げているという描写ですが、これは事実その通りなのでしょう。もう文仁が人類史上最大級のバカである事が広く国民周知の事実として認知されている状態であり、もはや国民の再洗脳は不可能、死刑以外に有り得ない状況となっていて文仁が何とかして逃げ通そうとしているという意味で間違いありません。そしてその逃げる文仁が「片手が切断された状態」だった描写ですが、これはアナログ絵59が関係しているものと思われます。相当大昔に描いた絵となりますが意味としては現在もまぁまぁ有効で、この絵の中では文仁が「おとしまえ」としてザクヤーに指を落とされていますが、今回の幽体離脱時映像ではそのおとしまえがさらにエスカレートして指1本では済まされずに腕まで切り落とされているという意味でいいでしょう…続きを読む→
■2020年10月28日UP■
TrailMovie「徳仁ムカつく」これです!これこそ国民の皆さまの本音の思念です。強姦殺人魔が国民に好かれる訳がないのですから(祈)†
この映像の意味は皆さまも想像に難くない事と思いますが、まず全員死んでいる平屋の建物は明仁、文仁、徳仁、悠仁の住居「皇居」を表していると考えて間違いないでしょう。その皇居の住人が全員既に死亡している、つまり「死刑決定」と霊団が仰っているという事です。そして大地震の元凶となったコンクリートブロック落下ですが、これは重いモノが穴の底深く落ちていく、トラックも支え切れない、つまり「自称象徴」の人間のクズ、明仁、文仁、徳仁、悠仁が奈落の底に落ちていくのを宮内庁、皇宮警察、政治上層部等、誰も止める事ができないという意味に捉えるのが最もスマートだと思います…動画を見る→
■2020年9月30日UP■
TrailMovie「すっかり幻滅しました」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に幻滅、理性的判断ができる常識的国民の皆さまの思念です(祈)†
「処刑遊び」と称して四肢切断、強姦殺人されまくっている奴隷の女の子たちを助けてあげるのに理由など必要ありません。ピーチピチ(佳子)が奴隷の女の子たちの大量強姦殺人に終止符を撃つべく立ち上がってくれる、人として当たり前の事を実行してくれる事を願わずにはいられませんが、さぁどうでしょう。そして「俗物です、許せないね」という皆さまの思念、これも常識中の常識の思念という事になります。「総殺害数487」信じられない人数の幼い女の子たちを笑いながら殺しまくって死肉を食べて遊んでいる人類史上最大級のキ〇〇イ、明仁、文仁、徳仁、悠仁の事を俗物、許せないと感じるのは真っ当の極致、正常の極致といえるでしょう。これも何度も書いています、強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が自身の大罪を許してもらえる「謝罪文」というものはこの世界に存在しません。死刑以外に有り得ないという事です…動画を見る→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)