【1/24】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「ベールの彼方の生活②」

Pocket

—–一章1
『ベールの彼方の生活②』
守護霊ザブディエル 1913年11月3日 月曜日―守護霊のザブディエルと申す者です。語りたい事があって参りました【ご厚意有難く思います】ご母堂とその霊団によって綴られてきた通信(第1巻)にようやく私が参加する段取りとなりました。

『ベールの彼方の生活②』
これまでに授けられた教訓をさらに発展させるべき時期が到来したという事です。貴殿にその意志があれば是非ともその為の協力を得たいと思います【恐縮に存じます。私に如何なる協力をお望みでしょうか】ここ数週間に亘ってご母堂とその霊団の為に行って来られた如くに→

『ベールの彼方の生活②』
→私のメッセージを今この時点より綴って欲しく思います【という事は母の通信が終り、あなたがそれを引継ぐという事でしょうか】その通りです。ご母堂もそうお望みである。最も時にはその後の消息をお伝えする事もあろうし直接メッセージを届けさせようとは思っています。

『ベールの彼方の生活②』
【で、あなたが意図されている教訓は如何なる内容のものとなりましょうか】善と悪の問題、並びにキリスト教界及び人類全体の現在並びに将来に関わる神のご計画について述べたいと思う。最もそれを貴殿が引受けるか、これにて終りとするかは貴殿の望む通りにすればよい。

『ベールの彼方の生活②』
と申すのも、もとより私は急激な啓示によって悪戯に動揺を来す事は避け徐々に啓発して行くようにとの基本方針に沿うつもりではあるが、その内容の多くは貴殿がそれを理解し私の解かんとする教訓の論理的帰結を得心するに至れば貴殿にとってはいささか不愉快な内容の→

『ベールの彼方の生活②』
→ものとなる事が予想されるからです【私の母とその霊団からの通信はどうなるのでしょうか。あのままで終りとなるのでしょうか。あれでは不完全です。つまり結末らしい結末がありません】さよう終りである。あれはあれなりに結構である。

『ベールの彼方の生活②』
元々一つのまとまった物語、或いは小説の如きものを意図したものでなかった事を承知されたい。断片的かも知れないが正しい眼識をもって読む者には決して無益ではあるまいと思う【正直言って私はあの終り方に失望しております】→

『ベールの彼方の生活②』
→【あまりに呆気なさすぎます。また最近になってあの通信を(新聞に)公表する話が述べられておりますが、そちらのご希望は有りのままを公表するという事でしょうか】それは貴殿の判断にお任せしよう。

『ベールの彼方の生活②』
個人的に言わせてもらえば、そのまま公表して何ら不都合はないと思うが…ただ一言申し添えるが、これまで貴殿が受取ってきた通信と同様に今回新たに開始された通信も、これより届けられる一段と高度な通信の為の下準備である。それをこの私が行いたく思います。

『ベールの彼方の生活②』
【いつからお始めになられますか】今ただちにである。これまで通り、その日その日、可能な限り進めればよい。貴殿には貴殿の仕事があり職務がある事は承知している。私を相手とする仕事はそれに準じて行う事にしよう【承知しました。出来る限りやってみます】

『ベールの彼方の生活②』
【しかし正直に申上げて私はこの仕事に怖れを感じております。その意味は、それに耐えて行くだけの力量が私には不足しているのではないかという事です。と言いますのも今のあなたの言い分から察するに、これから授かるメッセージには、】→

『ベールの彼方の生活②』
→【かなり厳しい精神的試練を要求されそうに思えるからです】これまで同様に吾らが主イエス・キリストのご加護を得て私が貴殿の足らざる所を補うであろう【ではどうぞ、まずあなたご自身の紹介から始めて頂けますか】私自身の事に貴殿の意を向けさせる事は本位ではない。

『ベールの彼方の生活②』
それよりも私を通じて貴殿へ、そして貴殿を通じて今なお論争と疑念の渦中にあり或いは誤れる熱意をもって“あたら”無益な奮闘を続けているキリスト教徒へ向けた啓示に着目して貰いたい。彼らに、そして貴殿に正しい真理を授けたい。

『ベールの彼方の生活②』
それを更に他の者へと授けて貰いたいと思う。その仕事を引受けるか否か貴殿にはまだ選択の余地が残されております【私は既にお受けしています。そう申上げたはずです。これは私の方の選択よりそちらの選択の問題です。私は最善を尽します】

『ベールの彼方の生活②』
【誓って言えるのはそれだけです。ではあなたご自身について何か…】重要なのは私の使命であり私自身の事ではない。それはこれより伝えていく思想の中に正直に表れる事であろう。

『ベールの彼方の生活②』
世間というものは自分に理解できない事を口にする者を疑いの目をもって見るものである。仮に私が「大天使ガブリエルの顕現せる者なり」と言えば皆信ずるであろう。聖書にそう述べられているからである。

『ベールの彼方の生活②』
が、もし「“天界”にて“光と愛の聖霊”と呼ばれる高き神霊からのメッセージを携えて参ったザブディエルと申す者なり」と申せば彼らは果して何と言うであろうか。故に、ともかく私にそのメッセージを述べさせてもらいたい。

『ベールの彼方の生活②』
私及び私の率いる霊団についてはそのメッセージの中身、つまりは真実か否か、高尚か否かによって判断して貰いたい。貴殿にとっても私にとってもそれで十分であろう。そのうち貴殿も私のあるがままの姿を見る日が来よう。

『ベールの彼方の生活②』
その時は私についてより多くを知り、そしてきっと喜んでくれるものと信じる【結構です。お任せ致します。私の限界はあなたもご存知と思います。霊視力もなければ霊聴力もなく如何なる種類の霊能も持合わせていないと自分では思っております】

『ベールの彼方の生活②』
【しかし少なくともこれまで綴られたものについては、それが私自身とは別個のものである事は認めます。そこまでは確信しております。ですからあなたにその意思がおありであれば私は従います。それ以上は何も言えません。私の方から提供するものは何も無いように思います】

『ベールの彼方の生活②』
それでよい。貴殿の足らざる所はこちらで補うべく努力するであろう。今回はこれ以上は述べない事にしよう。そろそろ行かねばなるまい。用事があるであろう。主イエス・キリストのご加護のあらん事を。アーメン†

■2021年1月23日UP■
「僕は死ぬ」文仁が僕を暗殺する気満々という思念を霊団が降らせてきています。簡単にやられるかよ(祈)†
三千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ、文仁は僕を殺したくて殺したくて仕方がないのです。コイツは2014~2015年、僕がセブンにいた時から僕の事を「コロス」と脅し続けています。その脅しを受けて僕は2015年5月、ポリーチェPOLICEに「脅迫罪」いわゆる刑事事件の訴えを起こしてそれを反故(ほご)※つまり無きモノにされています。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁、コイツらのコミュニケーションスキルは「脅す」「殺す」「すっとぼける」これだけだと僕はずっと公言し続けていますが、それを証明するインスピレーションとも言えます…続きを読む→
■2020年4月1日UP■
「たぶんもう2度と会う事はないでしょう」これも明仁、文仁、徳仁、悠仁の逃亡のメセと思われます(祈)†
これはピーチピチ(佳子)と僕が2度と会う事はないという意味ではないかと皆さまは想像なさるかも知れませんが、霊団が降らせるメセを見ればそうではないと思います。やはり「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が逃亡してもう2度と国民の前に姿を現す事はない、つまり死刑を回避するために完全に逃げ隠れるつもりと、そう意味を捉えるのが最もスマートでしょう…続きを読む→
■2020年5月9日UP■
「良いイメージを持ってもらうのがピーチピチ(佳子)には重要ですから」について説明してみます(祈)†
1億回でも強調し正しい理解に到達してもらわなければならない大切な事ですので「タッキーしっつこいよ」と思われるとしても何度でも言わせて頂きますが、霊団が仰るようにピーチピチ(佳子)が「国民に良いイメージを持ってもらう」ためには「奴隷の女の子たちの救出」が最低必要条件であるという事です…続きを読む→

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | 暗殺 | 放火 | Dreamwork | Profile | アナログ絵 | フラー | コメントファイヤー | | 山駆けるヒカリ | 葛飾北斎の墓 | 主なブログ | 全ブログURL | 動画 | 霊関連書籍 |

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す