【6/13】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「スピリチュアルストーリーズ」

Pocket

—–第8話
『スピリチュアルストーリーズ』【第8話 フクロウの知恵】これも遠い遠い昔のこと、まだ、わたしたちの地球ができて、まもないころのお話です。その日はとても風の強い日でした。空は真っ黒にくもり、おおつぶの雨が強く降りつづけておりました。

『スピリチュアルストーリーズ』地球ができてから嵐が来たのはこのときがはじめてだったので、小鳥たちは「これは何ごとだろう?」とこわがって、ガタガタふるえておりました。小さな木は、あっちにゆれ、こっちにゆれて、小鳥たちはいっときも枝にとまっていることができません。

『スピリチュアルストーリーズ』どこへ行けばいいのか、どうすればいいのか、ただただ心配するばかりでした。そうやって小鳥たちが大さわぎをしているとき、1羽のフクロウだけが、少しもあわてず、静かに枝にとまっておりました。

『スピリチュアルストーリーズ』そうして、ほかの鳥たちが大さわぎをしているのを見ながら、なんと知恵のないことだろうと思うのでした。「きみたちはなぜ、そんなにさわぐのだね?」フクロウはそう言ってから、小鳥たちに次のように語って聞かせました。

『スピリチュアルストーリーズ』「わたしをごらんよ。こうしていれば、ちっともこわくなんかないじゃないか。かくれ場所なら、さがせばどこにだってあるさ。早くさがして、こういうぐあいにじっとがまんしていれば、嵐なんか平気だよ。そのうち過ぎ去っていくよ」

『スピリチュアルストーリーズ』これを聞いた小鳥たちは、いっせいにフクロウのいる場所を見ました。すると、どうでしょう。フクロウは大きな木の幹を背にして、平気な顔でとまっているのです。幹も枝もとても大きいので、雨も風もあたりません。

『スピリチュアルストーリーズ』小鳥たちは「なるほどなあ」と思って、さっそく自分たちのかくれ場所をさがし、おかげでおそろしい嵐から、のがれることができたのでした。フクロウが今でも「知恵のおじさん」と呼ばれているのは、きっと、こんな話があるからでしょう。

『スピリチュアルストーリーズ』この話は、とてもたいせつなことを教えています。わたしたちは、何か困ったことがあると、すぐにあわてたりさわいだりしますが、ほんとうは、ものごとは、あわてればあわてるほど、ますますむずかしくなるものなのです。

『スピリチュアルストーリーズ』そんなときは心をおちつけて、静かに考えるのです。どんなときでも、あわてず、じっとがまんする子には、きっと神さまがよい知恵をさずけてくださることでしょう。

■2021年1月21日UP■
「強姦殺人魔を『さま』をつけて呼ぶ」この洗脳を完全に撃ち破らねばならないのです(祈)†
「私はその映像が見たい、その情報を知りたい」などとは一言たりとも言っていないのに反射動作でテレビのスイッチを入れると半強制的に洗脳映像が流されてきてそれを見させられ、自分の人生と何の関係もないニュースの事で頭の中をイッパイにさせられてしまって、肝心な「問題の核心部分」に注意、関心が向かないようにさせられ、あさっての方向を見させられながら日々の生活を送らされている。これが「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁がメディアを牛耳って自分たちの邪悪の正体を隠し通すために徹底的に国民の洗脳を行っている、その具体的手法となります。僕がブログで散々書きまくっています【視点外し】という事になります。(※僕は霊性発現3ヶ月前、2012年3月頃から一切テレビを見ない生活に突入し、部屋にそもそもテレビがない状態で8年以上経過していますが何ひとつ困った事態になった事がないという経験に基づいて「視点外し」のお話をしています。テレビを見なくなった今、つくづく心から「テレビを見ていた時代は何て関係ない情報に翻弄されて頭の中を別の方向にもっていかされて生活していたんだろう」と思うからです)…続きを読む→
■2021年1月20日UP■
「パニックです」僕の想像以上に情報拡散が進んでいるという意味にとらえたいところですが(祈)†
霊団がアナログ絵316の内容に対して「この絵に描いた通りなのだ、アキトくん自信を持ちなさい」という意味のようですが、それは了解ですが20年以上前に幼少時のピーチピチ(佳子)が文仁、紀子と全く似てないという事で大騒ぎになったそうですね、僕はその騒ぎを全く知らないのですが、僕がこうして公言の限りを尽くす前から正義に燃える方々によって文仁のバカっぷりが暴露されていたという事。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁、コイツらの頭の中は「人生イコールS〇X」S〇Xのために赤ちゃんのピーチピチ(佳子)を盗み、母親の吉井園さんを強姦殺人して国民にウソをつき通そうとしているのです。このキ〇〇イどもは1億回殺しても殺し足りないという怒りを感じるのはまさか僕だけではないはず、多くの方が僕と同じ怒りに包まれているはずです。なら僕たちの取るべき行動はただひとつ「明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑にする」コレです。間違いなく実現させねばなりません…続きを読む→
■2021年1月17日UP■
■アナログ絵316UP、ピーチピチ(佳子)の真実の母親「吉井園(よしいその)さん」です(祈)†
皆さまお分かりの事と思いますがピーチピチ(佳子)は文仁、紀子の娘ではありません「吉井園さんの娘」です。吉井園さんとピーチピチがあまりにもそっくりだったため(母娘なんだから似てて当然なのに)文仁が自分の赤ちゃんドロボーが国民に露呈するのを恐れて吉井園さんを強姦殺人したのです。文仁がピーチピチ(佳子)を盗んだ理由は「S〇X」です。この文仁こそ三千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカであり、天皇一族の滅亡の直接原因は他でもないコイツなのです。正真正銘のS〇Xバカなのです。はい、まずは絵の中に説明テキストを掲載しましたように、吉井園(よしいその)さんはピーチピチ(佳子)の真実の母親です。現在の「イエス様ハンドリング」霊的使命遂行ごく初期の頃に吉井園さんについて触れた事がありますが…続きを読む→
カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す