あとモチョトだけノートでカラーリングを進めてみましょう、重くて固まるけど(祈)†

アナログ絵323「フラー19カラーリング」の進捗ですが、汎用モード、ちょうちょちゃんの色塗りレイヤー分けは完了してます。あと航行モードの色塗りレイヤー分けを終わらせればようやくカラーリングの最後の作業「シャドウハイライト」に入ります。その導入部までノートでやっておきましょう。重いんだよなぁ。

そして先ほどトランス時に霊団がインスピレーションで「そんなもん書きたくネィ」という内容を降らせてきていますが、本当にそれに関するブログを書かせるつもりなのか、何考えてんだよお前らは。

えー要するに何が何でも「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体から国民の目を逸らさせよう、注意関心を別の方向に向けさせよう、別の議題を浮上させて国民をそれに注目させる事で問題の核心をぼやかしてあとは時間の力を使ってごまかし通そうとしている奴らが本当に信じられないくらいたくさんいる、そういうふざけた奴らの思念を霊団が降らせてきたという事になります。

視点外し、ピントぼかし、焦点ずらし

この洗脳手法を国民の皆さまが正しく理解し、その洗脳を実際に撃ち破って真実に目が覚める状態になって頂くためには、1億回でも視点外しのメカニズムについて説明し続けなければいけないのかも知れません。そこまでして何が何でも強姦殺人魔を守り通そうとしている奴らがいるのです、何が何でも奴隷の女の子を殺し続けようとしている奴らがいるのです。奴隷の女の子を殺す手伝いをする事で給料をもらっている奴らです。

そいつらは女の子が何万人強姦殺人され続けようが知った事ではなく、ただ既得権を守るためだけに国民を洗脳する情報をメディアに流し続けているのです。えー、チョトここではテーマがデカすぎますので一旦切りましょう。このブログは書きたくないし、そもそも霊団がこれまで止めてきた内容です。いよいよ書けと言っているのかどうなのか。書かない方がいいだろこれは。んーまずはここまで、カラーリングに集中しましょう(祈)†

45分ノートではこれ以上カラーリングはできません、明日は別の作業をしましょう(祈)†

この45分ノートは元々テキスト撃ち専用として(ポメラとどっちにするか迷った末に)導入したPCであり、スペックもそれに合わせたものですので重いグラフィック作業をするには限界があります。今日の作業中も固まりまくって相当キビシかったですが、明日以降はさらに複雑な色塗りをする事になりますので、もうこれ以上ノートでアナログ絵323「フラー19カラーリング」の作業をするのは不可能です。

えー現在50%完成中といったところ、これからシャドウハイライトの作業に入っていきますのでもうノートでは作業続行不可能です。残りの作業はシルキー(desktopPC)にて行い、明日の45分ノートの時間は別の作業をする事にします。シルキーは何の問題もありませんサクサク作業できます、絵を描くためのPCですので。

さぁ明日の45分ノートの時間はテキストを撃つか線画を描くか、どっちにしようかな。イヤーハイスペックノートが欲しくなりますがノートはシルキーより高いのでムリです。考えないようにしましょう。「フラー19カラーリング」作業続行中(祈)†

【7/3】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「スピリチュアルストーリーズ」【第22話 夢の中のお友だち】

—–第22話
『スピリチュアルストーリーズ』【第22話 夢の中のお友だち】これまでのお話の主人公、ジョンとローズマリーは天国の子どもですね。しかし、次に出てくるパメラという女の子は、まだ地上にいる子どもです。そのパメラが、天国のジョンとローズマリーの2人と夢の中で遊ぶ→

『スピリチュアルストーリーズ』→という、不思議なお話です。ある日のこと、パメラにとって、かわいそうなことがおこりました。パメラが家族と住んでいる地方が、暑すぎて体によくないというので、パメラだけが、遠いところにある親戚のおばさんの家にあずけられることに→

『スピリチュアルストーリーズ』→なったのです。おばさんはとても親切で、子どもの世話がたいへん好きな人でしたが、パメラが悪いことをして近所の人から悪口を言われては困ると思ったので、ああしてはいけません、こうしてはいけませんと、やかましく言いつけました。

『スピリチュアルストーリーズ』それでパメラは、したいことができなくなってしまいました。それだけではありません。パメラはまだ小さくて学校へは行けず、それに、遠くから来たばかりなので、近所には遊び友だちが1人もいないのです。

『スピリチュアルストーリーズ』かわいそうに、パメラはいつも1人ぼっちで、さみしそうにしているのでした。そのパメラに、とうとうしあわせな日がやってきました。ある日、天国の保育園の先生が、このかわいそうなパメラを見つけたのです。

『スピリチュアルストーリーズ』先生は、天国の子どもだけを世話しているのではありません。かわいそうな子や困っている子は、それが地上の子どもであっても、同じように世話をしてあげるのです。パメラが1人ぼっちでさみしそうにしていることを知った先生は、→

『スピリチュアルストーリーズ』→ジョンとローズマリーを呼んで、パメラの遊び相手になってあげるようにおねがいしました。もちろん2人は、よろこんでひきうけました。そして、地上に夜が来てパメラが体からぬけ出したころ、2人は先生の案内でパメラの部屋へ行き、→

『スピリチュアルストーリーズ』→彼女の夢の中で3人なかよく遊ぶのでした。こんな夜が幾日かつづくうちに、パメラはすっかり元気になり、もとの明るいよい子になりました。そして、ほっぺがリンゴのように赤く、目もとのぱっちりした、かわいらしい女の子になったということです。

■2021年1月10日UP■
「悲劇のど真ん中にあるんですよ」奴隷の女の子たちの現状です、救出に理由は必要ありません(祈)†
「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の未来は「死刑」以外に有り得ないと公言してはばかりませんが、僕は上記の説明のような理由でももちゃんに対してとても愛情を持っています。そのももちゃんが、国民にウソ洗脳ニュースを流し続けて善人を装っている「宇宙一のバカ」徳仁に笑いながら四肢切断、強姦殺人されておっぱいの肉を食べられたとしたら、そのももちゃんのおっぱいの肉を焼肉にしてネギソースで食べた徳仁が、つまようじで歯をシーシーしながら「ももちゃん?そんな人間は最初からいませんよ♪ハァ―美味しかった♪笑」と言ってきたら、娘さんをお持ちのお母さま、お父さま方はどのようにお感じになられますか。コイツだけは絶対にこの手で殺す…続きを読む→
■2020年10月25日UP■
ウソをつき通し世界中をダマす事に成功していると信じ込んでいる幼いふたり(祈)†
アメリカ行きの飛行機に搭乗します。するとアメリカ人女性CA(キャビンアテンダント)がふたりに話しかけてくるのですが、幼いふたりがまだ何も言っていないのにその女性CAはしょっぱなから「半笑い」なのです。そして飛行機がアメリカの空港に到着し、空港内ロビーはたくさんのアメリカ人がいたのですが、幼い女の子と男の子がロビーに降り立つとアメリカ人たちがそのふたりを見つけて空港中が「大爆笑」に包まれる…という映像だったのです。皆さま、この女性CAの「半笑い」そして空港にいたアメリカ人たちの「大爆笑」の意味がお分かりになりますでしょうか…続きを読む→
■2020年7月12日UP■
「とにかく宇宙を洗脳しろ」明仁、文仁、徳仁、悠仁のキ〇〇イの極致と言える思念です(祈)†
自分の事を皇族だの天皇だのと自称し幼い女の子を盗みまくり(買いまくり)邸内地下に閉じ込めてレイプの限りを尽くし「処刑遊び」と称して女の子を四肢切断、強姦殺人しまくり死肉を食べまくる事が自分の仕事だと本気で思っている人類史上最悪のキ〇〇イ、明仁、文仁、徳仁、悠仁が、僕の公言する「宇宙一のバカ」の言葉に相当頭にきている、その怒りの表現として「宇宙を洗脳しろ」などという寝言の極致の思念を抱いている、という意味なのではないでしょうか…続きを読む→