【12/23】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

「これが心霊の世界だ」より→「善行を施すのに特別に有利な立場はない。自我を棄て人を思いやり慈しみそして親切にしてあげる心は、金持だから貧乏だからという事とは関係ない。人格的、霊的向上に関する限り人間は自分が蒔いた分だけ刈り取るのである。強欲な人間が聖人になれる訳はない」

「これが心霊の世界だ」より→「従って人間は死ぬ時までに成就した霊的人格を携えて霊界の生活に入る。この事に例外は有得ない。いかなる口実もごまかしもきかない。自然法則は曲げられないのである。いかに霊格が高そうな振りをしてみても通用しない」

「これが心霊の世界だ」より→「霊界の尺度は地上と全く異なるので地上的基準は通用しない。地上では本当の自我を発揮するチャンスが滅多にないので、実際とは違う人間を装う事も可能である。本性を隠す事が出来る訳である。が死は全てのマスクを剥ぎ取り本性が白日のもとにさらされる」

「これが心霊の世界だ」より→「因果応報の原理は死の床でいかに後悔しても、いかなる経を唱えても、いかに聖なる儀式を行ってみても、またそれらをいかに熱烈に誠意を込めてやったとしても変えられるものではない。牧師、僧侶、宗教学者といえども、その法則の働きを変える力を持つ者はいない」

「これが心霊の世界だ」より→「神はごまかせないのである。聖職者の肩書きのあるなしも関係ない。肝心なのは生きて来た人生だけ。聖典と銘打たれている書物からの言葉をいくら繰り返しても宇宙の法則は変えられない。教会、礼拝堂、寺院、教会堂などにいくら真面目に通っても何の効果もない」

「これが心霊の世界だ」より→「自分のする事に自分自身が責任をとらねばならない。死によって罪深き人が聖人に変わる事もないし、うすのろが聖賢に変わる事もないし、愚か者が哲人になるわけでもない」

「これが心霊の世界だ」より→「地上の何億もの人間が空虚な生活を送っている。生きる目的を知らぬが故に、いたずらに影を追い幻を求めている。実質的に彼らの全意識は肉体に焦点が置かれている。そして永遠の実在である霊的自我をほぼ完全になおざりにしている」

「これが心霊の世界だ」より→「物質に注ぐ努力とエネルギーの何分の一でもいいから内在する神性の開発にふり向けてくれれば地上はずっと住み良い場所になるであろう。暗闇の生活を送っている何百万もの人間が霊的な光の中で暮らす事になるであろう」

「これが心霊の世界だ」より→「が現実は、大半の人間が死後の生活に対して何の身支度もしないまま死んで行く。どんな環境が待ち受けているかも知らずに死んで行く。その環境に適応できずに迷い続ける無数の霊魂の存在を想像するとゾッとする。彼らは地上という学校の落第生なのだ」

「シルバーバーチの霊訓」より→「死とは物的身体から脱出して霊的身体をまとう過程の事です。少しも苦痛を伴いません。ただ、病気または何らかの異状による死にはいろいろと反応が伴う事があります。それがもし簡単にいかない場合には霊界の医師が付き添います」

「シルバーバーチの霊訓」より→「死後の意識回復ですが、これは新参者各自の真理の理解度に掛っています。死後にも生活があるという事実を全く知らない場合、あるいは間違った来世観が染み込んでいて理解力の芽生えに時間を要する場合は、睡眠に似た休息の過程を経る事になります」

「シルバーバーチの霊訓」より→「知識を携えた人は問題ありません。物質の世界から霊の世界へすんなり入り、環境への順応もスピーディです。意識が回復した一瞬は歓喜の一瞬となります。なぜなら先に他界している縁のある人達が迎えに来てくれているからです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「あなたには沢山の身体が具わっており、それらを幽体・エーテル体・霊体などと呼んでいますが、あなたはそのうちのどれか、つまりそれまでに到達した霊的進化のレベルに似合ったものを使用します。そして更に進化すると昆虫が脱皮するようにそれを脱ぎ捨てます」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊は物質的なものではありません。三次元的なものではありません。どこそこという存在場所を持つものではありません。身体のように空間を占めているのではないのです。あなた方の物的な感覚によっては見る事も聞く事も触る事もできません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊とは生命力です。霊とは動力です。霊とは宇宙の大霊の一部です。あなた方人間は三位一体の存在という事になります。物的身体があり、霊的身体があり、そして魂(霊)があります。魂とは神性の火花です。内部に宿る大霊の一部です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「あなたはその身体ではありません。霊的身体はその物的身体が崩壊して大地に戻ったあと引き続き自我を表現するために使用する媒体です。本当の自我は外側、表面、殻などには存在しません。内部の仁、中枢、魂、生命、つまりあなたに潜在する“神”です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊は無限の存在であるが故に無限の顕現と段階的変化をたどります。一連の身体があり、それをアストラル・エーテルなどと呼びますが、それも一個の霊が顕現したものなのです。用語に惑わされてはいけません。言葉はただの道具に過ぎません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「あなた方地上の人間は最低から最高に至るありとあらゆる霊的影響力に晒される事になります。が、実際に引き寄せるのは自分と同じ霊格を持った霊だけです。邪悪な人間は邪悪な霊を引き寄せ、心清き人は心清き霊のみを引き寄せます。それが自然の摂理なのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊というものは自分の識別を容易にしてあげるために一時的にどんな形体でもとる事ができます。子供の時に他界して地上の時間にして何十年も経っている場合、その母親が他界してきた時に一時的に他界時の子供の姿になって見せる事ができます」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊界にも庭園もあれば家もあり、湖もあれば海もあります。何故かと言えば元々こちらこそが実在の世界だからです。大自然の美しさを味わう事もできます。言葉では表現できない光輝あふれる生活があります。お伝えしようにも言葉がないのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊界での生活は段階的に向上していくようになっています。各界層は下と上とが地理的でなく進化的な意味で重なり合い次第に融合しております。魂が向上しより高い境涯への適応性が身につくと自動的にその境涯に置かれるのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「地上生活の究極の目的は、人間が霊的成長のある段階において、物的現象の世界の裏側に存在する実在に気づくように、様々な体験を提供する事です。大自然の摂理は正常な人間には例外なくその機会が与えられるように働いていると私は確信しております」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私は、自分で正しいと信じて行動する限りそれは許されるという考えに賛成です。人間には例外なく神の監視装置が組み込まれております。道義心(良心)と呼んでおられるのがそれです。それがあなたの行動が正しいか間違っているかを教えてくれます」

「シルバーバーチの霊訓」より→「真理を手にした者は心配の念を心に宿すような事があってはなりません。地上社会にはずっとトラブルが続いております。霊的な原理が社会秩序の拠って立つ基盤とならない限りトラブルは絶えないでしょう」

「シルバーバーチの霊訓」より→「内部で争いながら外部に平和を求めるのは無理な話です。憎しみと暴力と敵意をむき出しにして強欲と怠慢をむさぼっている者が群がっている世界に、どうして協調性が有り得ましょう」

「シルバーバーチの霊訓」より→「愛とは神の摂理を成就する事です。お互いが霊的兄弟であり姉妹であり、全人類が霊的親族関係をもった大家族である事を認識すれば、お互いに愛し合わなければならないという事になります」

「シルバーバーチの霊訓」より→「しかし今のところ根本的には人間が霊的存在である事、誰一人として他の者から隔離される事はない事、進化はお互いに連鎖関係がある事、共に進み共に後退するものであるという永遠の真理が認識されておりません」

TrailMovie ウソをつき通し世界中をダマす事に成功していると信じ込んでいる幼いふたり(祈)†■2021年12月22日UP■
TrailMovie ウソをつき通し世界中をダマす事に成功していると信じ込んでいる幼いふたり(祈)†
皆さまもちろんご存じの事と思いますが、ピーチピチ(佳子)は文仁、紀子と全く血がつながっていない「赤の他人」です。ピーチピチ(佳子)は、文仁が奴隷の女の子を日常的にパレット(人身売買組織)から購入している、もしくは国民から赤ちゃんを盗むのと全く同じ手法で美人の女性「吉井園(よしいその)さん」から盗んだ女の子です。ピーチピチ(佳子)の顔を見れば一目瞭然、僕が力説する必要もありませんね。文仁が赤ちゃんのピーチピチ(佳子)を盗んだ理由は奴隷の女の子を購入しているのと全く同じ理由「S〇X」です…続きを読む→
「戦争」を正当化する理由などこの全宇宙に存在しない、という事を説明してみます(祈)†■2021年12月22日UP■
「戦争」を正当化する理由などこの全宇宙に存在しない、という事を説明してみます(祈)†
ひょっとしたら本当に「視点外し戦争」が勃発して僕たちが戦地に赴かされそうになるかも知れません。その時は皆さま「霊的知識」を絶対的よりどころとして戦争参加を全力で拒否せねばなりません。僕たちにはそんなものやる必要性がないからです。やる必要性があるのは一部のワガママな人間たちだけであり、やりたいならそいつらが勝手にやって勝手に死ねばいいのです。僕たちがその無知な人間のワガママのために死ぬ必要は1ミリたりともありません…続きを読む→
■2021年4月28日UP■
文仁が「ヒゲ」を剃ったとして、それが一体何だって言うんですか。皆さま絶対ダマされないように(祈)†
ここは惑星レイパーキングダム。ここでは男性のヒゲに特別な意味が付与されている文化が根付いており、ヒゲを剃り落とすとその男性の悪行がたちまち無罪放免になるという。レイパーキングダムに生息する男、文仁はいつものように幼い女の子を誘拐してきて強姦殺人しました。そして通報を受けてポリーチェ(POLICE)が文仁のところへ急行します。すると文仁は、ついさっき強姦殺人した女の子の死体が横たわる前で、ヒゲを剃り落とした顔で平然と立っているのです。その姿を見たポリーチェは「あぁヒゲを剃ったんですね、ではあなたの行いは帳消しとなりました。あなたは無罪です」と言って文仁を逮捕せず立ち去ってしまいます。文仁はニヤリとしながら再び2週間くらいかけてヒゲを生やします。そして十分に生え揃った頃合いを見計らって再び近所に住む幼い女の子を誘拐して強姦殺人します。そして再びヒゲを剃り落とします。またポリーチェPOLICEがやってきますが、文仁がヒゲを剃り落としているのを見て「あぁヒゲを剃ったんですね、ではあなたは無罪です。我々はこれにて失礼します」と言ってポリーチェはまたしても文仁を逮捕せずに立ち去ってしまいます…続きを読む→
■2021年8月26日UP■
「再生」に関する僕の理解に霊団が「正解」と言ってきました。んんん説明してみましょう(祈)†
僕たち肉体をまとって物質界で生活している人間は、たかだか70~80年の尺度でしか自分の人生を考えられませんが、霊界上層界で生活する霊格の高い方々は「人生を永遠という尺度で考えます」僕たち人間に死はありません、人間とは肉体の死後も霊界で永遠に進歩向上の生活を続ける存在ですが、霊界上層界の方々は「知識」としてそれを知っているだけでなく「永遠の人生を自分の霊体で体現している方々」ですから、当然「永遠の尺度」でモノを考える状態がデフォルトの訳です…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)