「みんなに見てもらいますから」これはピーチピチ(佳子)の思念と思われます。僕の事を皆さまに見てもらうという意味でしょう(祈)†

2020年7月10日

まだまだ紹介し切れていないインスピレーションがいくつもあります。ひとつだけ説明してみましょう。「みんなに見てもらいますから」これは僕、たきざわ彰人の事をメディアに登場させるとかそういう意味なのではないでしょうか。ピーチピチ(佳子)がこのようにアクションを起こしてくれる事を願わずにはいられませんが、ピーチピチの卒業式画像にも書きましたように僕の事は良く思ってくれなくても構いません。それなら別に今に始まった事ではなく、2012年6月に霊性発現を果たして以降の僕の人生は軽蔑、嘲笑、誤解、嫉妬、侮蔑、罵倒の嵐でした。

これは霊覚者などと名乗り霊的内容を公言しまくり、さらにそれにとどまらず明仁、文仁、徳仁、悠仁を強姦殺人魔と情報拡散しまくっている僕の宿命とも言えるでしょうから、地上に残されている限り真実の僕の姿は理解されないまま終わる事になりますので、ピーチピチ(佳子)に悪く思われてしまうのは仕方ない事でしょう。しかしピーチピチに(本当にしつこくて申し訳ありませんが)僕の全存在をかけて、イエス様の御名にかけてどうしてもお願いしなければならない事があります。それは「奴隷の女の子たちの救出」です。ピーチピチ(佳子)も奴隷の女の子たちと全く同じシチュエーションで赤ちゃんの時に文仁に盗まれた女の子です。ちょっと紹介できませんが、幼い時のピーチピチの扱いも奴隷の女の子たちとほぼ同じだったそうです。霊団から教えて頂いたのです。つまりピーチピチ(佳子)は日本で1番、奴隷の女の子たちの心の苦しみを分かってあげられる女性という事になります。そしてピーチピチはその目で、物的肉眼で四肢切断、強姦殺人されていく女の子たちを相当数、もしかしたら100人以上見てきているはずなのです。

このようなアナログ絵も描きました。奴隷の女の子たちにも夢があります。強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁はその女の子たちの夢、人生、人格、人権を完全に無視して「処刑遊び」と称して殺しまくっているのです。この人類最大級の蛮行を許し認める理由は人間界、この全宇宙に存在せず、この大罪を許してもらえる謝罪文というものも存在しません。人間のクズ、人類の恥である明仁、文仁、徳仁、悠仁の未来は「死刑」以外に有り得ない訳ですが、その当たり前の事を実行するにあたりピーチピチ(佳子)にどうしても協力してもらわねばなりません。オトナになる事も許されず遊び殺される奴隷の女の子たちを助けてあげるのに理由は必要ありません。強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑にするのに理由は必要ありません。世界中の誰もが納得して下さるはずです。コイツらを擁護する発言をする者は、その自分の発言によって自分で自分の首を絞める事になります。霊団が降らせたインスピレーション「みんなに見てもらいますから」この通りの状況になってピーチピチ(佳子)が【神】から賜った理性に基き奴隷の女の子たちの救出に協力してくれる事を僕、たきざわ彰人は地上に残された最後の1秒まで信じます(祈)†

2020年7月10日未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)