【7/4】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「スピリチュアルストーリーズ」【第23話 わがままなエリザベス】

アナログ絵313_3

—–第23話
『スピリチュアルストーリーズ』【第23話 わがままなエリザベス】天国の保育園に、エリザベスという10歳の女の子が入ってきました。エリザベスは地上にいたころ、たいへんなお金持ちの家で育ち、ほしいものはなんでも買ってもらうことができましたので、すこしわがままな→

『スピリチュアルストーリーズ』→ところがあります。保育園に来てからも、地上にいたときと同じように、ぜんぶのお友だちが自分をいちばん大事にしてくれて、なんでも思うとおりにしてくれると思っていました。保育園のお友だちも、エリザベスがそういう子である事を知っていました。

『スピリチュアルストーリーズ』もちろん先生も知っていました。でも、わがままは、少しずつなおしていかなければなりません。いっぺんになおそうとすると、ますます悪くなってしまうことがあるからです。そこで先生は、みんなにこう言いました。

『スピリチュアルストーリーズ』「しばらくのあいだは、なんでもエリザベスちゃんの言うとおりにしてあげましょうね」さて、ある日のことです。ジョンとローズマリーは、自分たちのお花畑にエリザベスをつれていってあげました。

『スピリチュアルストーリーズ』そのお花畑は、2人がお花づくりの専門家に教わりながら、いっしょうけんめいに育ててきたものです。ジョンとローズマリーは得意になって、エリザベスにいろいろと自慢をして聞かせました。するとエリザベスはすぐに「このお花畑がほしい」→

『スピリチュアルストーリーズ』→と言いだしました。これにはジョンもローズマリーも、びっくりしました。そして、困ってしまいました。天国の子どもは、けっして他人のものを自分のものにしようとしないからです。2人はすぐに「だめだよ!」と言いかけましたが、→

『スピリチュアルストーリーズ』→そう言ってしまうと、なんだか自分たちのほうが欲ばりのような気がするので、だまって、しばらく考えこんでしまいました。しかし、なかなかよい考えがうかびません。そこで2人は、いつものように、先生にどうしたらいいかを聞きに行きました。

『スピリチュアルストーリーズ』すると先生は、こう言いました。「では、お花畑の半分を、エリザベスちゃんにあげることにしてはどうかしら?」そこで、言われたとおり2人は、お花畑の半分をエリザベスにわけてあげました。しかし、もともとエリザベスは、→

『スピリチュアルストーリーズ』→自分でお花を育てるつもりで欲しがったのではありません。そのことは、エリザベスにわけてあげた畑の花が、みるみるうちにしおれていくことで、よくわかりました。天国の花は、心からたいせつにしてあげようとするやさしい心がなければ、→

『スピリチュアルストーリーズ』→1日も生きていけないのです。でも、エリザベスには、そのやさしい心が少しもなかったのです。ただ花を見て、きれいだなと思うだけなのです。それで、エリザベスの畑の花が、だんだんしおれていったのです。

『スピリチュアルストーリーズ』お花がすっかり枯れてしまったとき、はじめてエリザベスは、なぜ自分の畑の花だけが枯れて、ジョンとローズマリーの畑の花がいつも生き生きとしているのかを考えはじめました。そして、そのことをローズマリーに聞いてみました。

『スピリチュアルストーリーズ』ローズマリーは、天国のお花は、育てる人のやさしい心によって大きく美しくなっていくのだということを、親切に教えてあげました。ローズマリーの話を聞いて、エリザベスは、すっかりものわかりのよい子どもになりました。

『スピリチュアルストーリーズ』そして、わけてもらったお花畑をすぐに2人にかえして、こんどは自分で自分のお花畑をつくろうと考えはじめました。それからというものは、エリザベスはいっしょうけんめいお花を育てました。

『スピリチュアルストーリーズ』そのやさしい心で、エリザベスのお花畑にも、きれいな花がいっぱい咲くようになりました。こうしてエリザベスは、もらうことよりも、あげることのほうがたいせつであるということを知ったのでした。

■2021年2月10日UP■
僕がこの8年間、霊団から強制的に見させられている最悪映像について説明してみます(祈)†
行動には動機がある、と公言し続けていますね。霊団はもちろん僕が刑務所映像を嫌がっている事を把握しています。しかし僕にこれだけ憎まれても見せ続けてくるのには理由、動機があるという事になります。その動機こそ他でもない「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑に追い込み奴隷の女の子たちを救出するため、もっと言えば、物質界に長らくはびこる邪悪、この「大量強姦殺人容認システム」とも言うべき仕組みを完全に破壊する、つまり、この大願悲願を成就させるためには霊の道具(アキトくん)にブログを書かせ続けねばならない(あと情報拡散もやらせねばならない)我々はインスピレーション(つまりブログネタ)は降らせる事ができる、が仕事の舞台は物質界なので、物質界に残した道具(アキトくん)がブログを書く時間を確保せねばならない、アキトくんがこの仕事を嫌がっているのは承知しているが、アキトくんがデザインの仕事に戻ってしまったら(ブログDreamworkでも説明していますようにデザインの仕事は大抵都内で通勤時間が往復3時間以上かかり、さらにデザインの仕事は残業が多いので)ブログを書く時間が消滅してしまう…続きを読む→
■2020年9月2日UP■
潜入爆破計画がバレバレで完全失敗という幽体離脱時映像を拝しました、霊団ナニコレ(祈)†
えー両方とも隠密裏に何かをしようとして最初から全部バレているという内容でしたが、僕はコソコソ隠れてなどいません公言の限りを尽くしています。ですのでこの映像は「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が裏から手を回して僕を爆破しようとしているが、その計画はアナログ絵123にありますように霊団に全てバレバレであるという意味ではないでしょうか…続きを読む→
■2021年3月3日UP■
「元に戻せません」明仁、文仁、徳仁、悠仁の「もう以前の洗脳状態には戻せない」という思念です(祈)†
願わくば善良なる日本国民の皆さまにも洗脳を撃ち破り視点外しを軽快なステップですり抜けて真実に目を開いて頂きたい、そして真実を知ったら次のステップは「実際のアクション」です。そのアクションとはもちろん、僕たち国民の力で「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を間違いなく確実に死刑、滅亡に追い込み、世界の方々に向けて胸を張って「我々は真実に目覚めました」「我々は我々の力で国内の邪悪を撃ち滅ぼしました」と公言する、という事です。これはいわば「やって当たり前」の事と言えるでしょう。自分たちの(国内)問題を自分たちで解決できないで誰に何の文句が言えるのでしょうか(他の国の事とか)人の文句を言う前に自分の問題を解決しろよ、という事になります。皆さま「大量強姦殺人魔を死刑にする」という当たり前の事を実現させましょう。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑にして消滅させ「三千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ」として人類の歴史に登録し「黒歴史まとめ」を行って未来の人類に正確な情報を残し、2度とこのような愚かな歴史を繰り返さないよう警鐘を鳴らし続けねばならないのです…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)